アイル・オブ・ラッセイ蒸溜所 初のシングルモルトの予約受付中

raasay-whisky

source : rassaydistillery.com

イギリス・グレートブリテン島本島とスカイ島の間に位置するラッセイ島唯一の蒸溜所、アイル・オブ・ラッセイ蒸溜所が、来年末に出荷される蒸溜所初のシングル・モルトの予約受付を開始した。
同蒸溜所はラッセイ島史上初の合法ウイスキー蒸溜所として2017年9月より生産を行っており、2020年末にはスコッチ・ウイスキーの要件の一つである最低3年の熟成期間を満たした原酒を「シングル・モルト・ウイスキー」として出荷する事が可能となる。

予約受付されているファーストリリースは、2017年9月から11月にかけて蒸溜され現在ファーストフィルバーボンバレルで熟成中のヘビリーピーテッドの原酒を、最後の1年間ボルドーワインカスクに移してフィニッシュされた物となる。
アルコール度数46%、容量700ml、ノンチルフィルタード、無着色でボトリングされる予定で、2020年のクリスマス前には購入者の元に届けられる。
価格は£99で公式サイトで予約受付中だが、英国とEU外への発送はメールもしくは電話で直接問い合わせて欲しいとの事。

また同蒸溜所では先日より30リットルサイズの樽でのウイスキーの販売も開始している。
樽はスペイサイドのウイスキーの熟成に使用されていた物で、現時点の注文ではノンピーテッド原酒が樽詰めされる。
熟成3年でアルコール度数46%でボトリングされ、ボトルは蒸溜所での保管が可能。
価格は1樽£999でボトリング料金別、こちらも英国とEU域外からの注文には直接の問い合わせが必要となる。

Raasay Single Malt Scotch Whisky | Isle of Raasay Distillery

広告

チャールズ皇太子設立の財団 献上ウイスキーの売却で3,300万円調達

1129

source : thewhiskyexchange.com

英オンラインオークションサイトWhisky.Auctionが今月前半に開催したチャリティオークションで、ボトルナンバー1の「ロイヤル・ロッホナガー 1988 30年(Royal Lochnagar 1988 Aged 30 Years)」が£10,465(手数料込み)、およそ149万円で落札された。

このロイヤル・ロッホナガーは、チャールズ皇太子40歳の誕生日である1988年11月14日に蒸溜所から皇太子に贈られた樽を、2018年の皇太子70歳の誕生日に206本のシングル・カスク・ウイスキーとしてボトリングした物で、蒸溜所のオーナーであるディアジオのアーカイブに保存される1本を除いた205本の売上は全て、皇太子設立の財団Prince’s Foundationへ寄付される。

先月には205本の内184本が英ウイスキー専門店ウイスキー・エクスチェンジで1本£1,470(VAT抜£1,225)で抽選販売されており、財団はウイスキーの売却により合計£235,865、およそ3,365万円を調達したことになる。

なお、残る20本は将来の財源として財団が保持する。

Royal Lochnagar 1988 30 Year Old – Bottle Number 1 | Whisky.Auction

「スプリングバンク 25年」「ロングロウ レッド」リリース

スプリングバンクより新たに2商品がリリースされた。

スプリングバンク 25年(Springbank Aged 25 Years)」は昨年に続くリリースで、今リリースはシェリーカスク60%、ラムカスク40%で構成される。
アルコール度数は46%、生産本数1,200本、英国での価格は£370。

もう一方の「ロングロウ レッド 11年 ピノ・ノワール・カスク・マチュアード(Longrow Red Aged 11 Years Pinot Noir Cask Matured)」は、バーボンカスクで8年間熟成させた原酒を、ニュージーランド産ピノ・ノワール・リフィルバリックで3年間追加熟成させた物となる。
アルコール度数は53.1%、生産本数は9,000本、英国での価格は£55となっている。

Longrow Red + Springbank 25yo | Springbank

ダグラスレイン 四大元素をテーマにしたシリーズをリリース

Old-Particular-Elements-Whisky

source : thespiritsbusiness.com

独立系ボトラー・英ダグラスレイン社は、四大元素(火・空気・水・土)をテーマにしたシングルカスクシリーズ「オールド・パティキュラー エレメンツ・コレクション(Old Particular The Elements Collection)」のリリース開始をアナウンスした。
火をテーマにしたシリーズ第一弾は、チャーされたシェリーバットの特徴を良く反映しているとする「クライゲラヒ 2006 12年 ファイア(Craigellachie 2006 Aged 12 Years ‘Fire’)」で、今月より欧州市場で販売されている。
アルコール度数は53.9%、限定数285本、英国での価格は£95となっている。

Douglas Laing Takes Inspiration from the Elements | The Spirits Business
Douglas Laing Release Their Old Particular 2019 Elements Single Cask Collection | Douglas Laing

フォアローゼス「スモールバッチセレクト」リリース

Four-Roses-Small-Batch-Select

source : thespirtisbusiness.com

フォアローゼスより「フォアローゼス」「スモール・バッチ(日本未発売)」「シングル・バレル」に続く4つ目の定番商品「スモール・バッチ・セレクト(Four Roses Small Batch Select)」がリリースされる。
フォアローゼス蒸溜所で生産される10種の原酒の内6種を使用したブレンデッド・バーボンで、各原酒は熟成年数6〜7年の物が使用されるという。
ノンチルフィルタード、アルコール度数は52%。
今春よりケンタッキー、ニューヨーク、カルフォルニア、テキサス、ジョージアの5州で発売され、その後販売地域を拡大する予定。

Four Roses Unveils First Permanent Bourbon in More Than 12 Years | The Spirits Business
Small Batch Select | Four Roses Bourbon

「オクトモア 09.3 アイラ・バーレイ」国内リリース

octomore093

source : bruichladdich.com

先日国内での販売が開始された「オクトモア 09.1 スコティッシュ・バーレイ」に続き、「オクトモア 09.3 アイラ・バーレイ」が3月4日より国内で発売になる。
アイラ島のオクトモア農場で2011年に収穫されたコンチェルト種大麦のみを原料に2012年に蒸溜されたシングル・モルトで、熟成年数は5年、熟成にはファーストフィルアメリカンウイスキーカスク(全体の25%)、サードフィルヴァージンオークカスク(25%)、セカンドフィルリヴザルトワインカスク(20%)、セカンドフィルシラー種ワインカスク(20%)、セカンドフィルバーボンカスク(10%)の5種の樽が用いられている。
アルコール度数は62.9%、容量700ml、価格は税別22,000円。

シングルモルト・スコッチウイスキー「オクトモア 09.3 アイラ・バーレイ」数量限定発売のご案内 | PR Times

2019年上半期 国内リリース一覧

トバモリー蒸溜所 生産再開

tobermory

source : tobermorydistillery.com

スチルの交換とビジターセンターの改装の為、2017年より24ヶ月の間生産を停止していたスコットランド・マル島のトバモリー蒸溜所が生産を再開させる。
蒸溜所のオーナーであるディステル(Distiel)社によれば、この改装によりウイスキーと見学客両方の需要増に対応できるとしている。

またトバモリーは、近く新たに「トバモリー 12年」を発売する予定で、3月末にはロンドンで、4月初めにはグラスゴーでそれぞれ新商品のお披露目が行われる。

Tobermory Returns with New 12 Year Old | Scotchwhisky.com
Tobermory Distillery Celebrates Relaunch with New Signature Expression | Tobermory Distillery