新蒸溜所グレンウィヴィス、本日開業

スコットランド・ハイランド地方、ディングウォール郊外に建つグレンウィヴィス蒸溜所(Glenwyvis Distillery)が本日より開業します。ディングウォール周辺にはグレンヴィヴィスの名前の元になったベン・ウィヴィス蒸溜所(Ben Wyvis Distillery)を含め、かつていくつかの蒸溜所が存在しましたが、1926年にGlenskiach Distilleryが閉鎖された後は存在しておらず、およそ90年振りに同地に蒸溜所が戻って来たことになります。

グレンウィヴィスはクラウドファウンディングを用いて設立され、初の”Community-owned”を掲げる蒸溜所で、2度のクラウドファンディングで集まった”Owner”は3,000人を超えます。また、再生可能エネルギーのみで稼働する”Green-powered”も謳っており、様々な面で今の時流を反映する蒸溜所だと言えそうです。

同蒸溜所は先月、Distillery Manegerとしてモートラックで同職にあったDuncan Tait氏を迎えました。来月中には蒸溜を開始するということです。

Glenwyvis Green Whisky Distillery Opens | Scotchwhisky.com

glenwyvis.com (公式サイト)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中