グラスゴー蒸溜所、初のシングル・モルトをリリース

スコットランド第2の都市・グラスゴーの市中に設立されたグラスゴー蒸溜所(Glasgow Disitillery)より、初のシングル・モルト・ウイスキー「1770」のリリースが発表された。
ファーストフィルバーボンバレルで熟成した後ヴァージンオークカスクでフィニッシュした物で、46% ABV、500ml、価格£100で5,000本が公式ウィブサイトで抽選販売される。
発売予定日は6月3日。

「1770」のブランド名は、史上初めてグラスゴーに設立されたウイスキー蒸溜所であるダンダスヒル蒸溜所(Dundashill Distillery、1902年に閉鎖)の創業年から。

またグラスゴー蒸溜所では2019年にピーテッド、2020年に三回蒸溜によるシングル・モルトの限定販売を予定している。

1770 Whisky | The Glasgow Distillery Co.
Glasgow Distillery Readies First Single Malt | Scotchwhisky.com

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中