タスマニア・ナント蒸溜所、生産能力増強へ

オーストラリアン・ウイスキー・ホールディングス(Australian Whisky Holdings / AWY)は傘下のタスマニア島・ナント蒸溜所(Nant Distillery)を拡張し、生産能力を増強する。
2基の新たなスチル増設を含む拡張計画が実行されれば、ナント蒸溜所は現在の4倍近い生産能力を獲得することになる。

AWYは昨年8月に300万オーストラリアドル(当時のレートで約2億6千万円)でナントを完全子会社化したばかり。
この他AWYが株式の48.12%を所有する同じタスマニア島のラーク蒸溜所(Lark Distillery)の完全子会社化も現在検討中であると先日報じられた。

Nant Distillery to Double Production with Expansion | The Spirits Business
ナント蒸溜所公式サイト: nant.com.au

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中