月別アーカイブ: 2018年4月

エジンバラ市中に蒸溜所建設

a2709968b81a0daa1e33d2b08193d221

source : scotchwhisky.com

スコットランド・エジンバラの市街地でホリールード蒸溜所(Holyrood Distillery)が来月5月より着工する。

同蒸溜所はSMWSカナダ支部の設立者ロブとケリー・カーペンター夫妻と、マッカラン蒸溜所でマスター・ディスティラーを務めたデイビッド・ロバートソン氏が約580万ポンド(約8億7千万円)の出資を集めて設立する蒸溜所で、1835年に建設された蒸気機関車の車庫を改築使用する。
蒸溜所開業は来年2019年春の予定。

エジンバラの市中でウイスキーの蒸溜所が稼働するのは1925年に閉鎖されたサイエンス蒸溜所()以来およそ1世紀振りとなる。

Build Begins on New Holyrood Distillery | Scotchwhisky.com
蒸溜所公式サイト: holyroodparkdistillery.com

広告

ダグラスレイン、限定版エピキュリアンリリース

epicurean

source : douglaslaing.com

独立系ボトラー、ダグラス・レインよりローランドモルトのみを使用したブレンデッド・モルト・ウイスキー「エピキュリアン」の初の限定版となる「エピキュリアン グラスゴー・エディション(The Epicurean Glasgow Edtion)」がリリースされる。
ダグラス・レイン社70周年記念事業の1つとして、同社の本拠地であるグラスゴーのバーテンダー8人とのコラボレーションの元生産された。
カスクストレングス58.6%でボトリングされ限定本数3,000本、希望小売価格£45.99で来月5月より販売開始となる。

Statue_of_Wellington,_mounted,_Glasgow_-_DSC06285

当局が撤去してもいつの間にか被せられる三角コーン  source : wikipedia.org

ちなみにラベルにデザインされている紳士?が通常版のシルクハットではなく三角コーンを被っているが、これはグラスゴーにある初代ウェリントン公爵(アーサー・ウェルズリー、ワーテルローでナポレオンを破った人物)の銅像に三角コーンを被せる伝統がある事にちなんだもの。

Douglas Laing Reveal the First Epicurean Limited Release | Douglas Laing

ジェムソン、初のカスクストレングスウイスキーをリリース

Jameson-18-Cask-Strength

source : thespiritsbusiness.com

ジェムソンより初のカスクストレングスでのリリースとなる「ジェムソン ボウ・ストリート 18年 カスク・ストレングス(Jameson Bow Streer 18 Year Old Cask Stength)」が発売される。
シェリーカスクとバーボンカスクで17年間熟成させたシングル・ポット・スチルとグレーンのブレンデッド・ウイスキーをヴァッティングさせ、ダブリン・ボウストリートにあるジェムソンの熟成庫でファーストフィルバーボンバレルを使い1年間の追加熟成を経て、カスクストレングスでボトリングされている。
スモールバッチでの出荷となり、ファーストバッチのアルコール度数は55.3%、希望小売価格€240で7月より販売開始される。

Jameson Gets ‘serious’ with Cask Strength Whiskey | The Spirits Business

イーデン・ミル、初のシングルモルトを発売

d89e2ebbc3b33bfa4e541f8f0b14c136

source : scotchwhisky.com

2014年にスコットランドのローランド地域に設立された醸造所併設の蒸溜所、イーデン・ミル(Eden Mill)より、初となるシングル・モルト「ヒップ・フラスク・シリーズ」がリリースされた。

リリースされたのはヒップフラスク(スキットル)風デザインの200mlサイズボトル入りのシングル・モルト7種で、それぞれ多彩な樽とビール用のモルトを使用した「マッシュビル」から生産されている。
全てアルコール度数47%、価格£25で、それぞれのマッシュビルと使用カスクは以下の通り。

Hip Flask Series No.1
ペールモルト / バージンフレンチオクタヴカスク / 220本限定
Hip Flask Series No.2
チョコレートモルト8%・ペールモルト92% / バージンアメリカンカスク / 220本限定
Hip Flask Series No.3
ブラウンモルト・クリスタルモルト計8%・ペールモルト92% / バージンアメリカンオクタヴカスク / 220本限定
Hip Flask Series No.4
ペールモルト / バージンフレンチオクタヴカスク / 220本限定
Hip Flask Series No.5
「フランケンシュタイン・モルトビル(ブラウンモルト・クリスタルモルト計33%・チョコレートモルト33%・ペールモルト34%)」 / バージンアメリカンオクタヴカスク / 220本限定
Hip Flask Series No.6
ペールモルト / オロロソシェリーホグズヘッド / 1,350本限定
Hip Flask Series No.7
ペールモルト / PXシェリーホグズヘッド / 1,350本限定

蒸溜所公式サイトで販売されているが、すでにNo.1〜No.5は完売となっている。

この他バーボンバレル、バージンフレンチオーククォーターカスクとPXシェリーホグズヘッド熟成原酒をヴァッティングさせた「イーデン・ミル ファースト・ボトリング リミテッド・リリース」も今夏リリースされる。
こちらは同蒸溜所のカスクオーナー及び上記の「ヒップ・フラスク・シリーズ」を購入し、同蒸溜所の「カスク・クラブ・メンバーズ」に入会した会員向けの抽選販売となる予定だが、限定300本の内シリアルナンバー1〜10のボトルが昨日より開始されているWhisky Auctioneerのオークション出品されている。
シリアルナンバー1のボトルは現時点で£4,100(約615,000円)。

Eden Mill Launches Its First Single Malts | Scotchwhisky.com

サントリー、「山崎」「白州」「響」のカートンのデザインをリニューアル

Suntory-whisky-redesign

source : thespiritsbusiness.com

サントリーが販売する「ジャパニーズ・ウイスキー」に付属のカートンのデザインがリニューアルされるとThe Spirits Businessが報じている。
新たなカートンでは上の写真のようにブランドロゴが現行の物よりもより大きくデザインされており、ラインナップ全体でデザインに統一性を持たせているようだ。

まず今年中に「山崎 12年」「白州 12年」「響 ジャパニーズハーモニー」のカートンがリニューアルされ、2019年末までに北米向けブレンデッド・ウイスキー「Toki (季)」を含む全てのウイスキーのカートンが変更される。

元記事では変更は”Global”だと表現しているが、現時点でこの件に関するニュースリリースは日米いずれのサントリーからも発表されていない為、日本でも実施されるのかは不明。

Suntory Revamps Yamazaki, Hibiki and Hakushu Packaging | The Spirits Business

1本6500万円のマッカラン、ビジネスマンが2本お買い上げ(ドバイ)

51be692990adf9f173af3c745e38f55e

source : scotchwhisky.com

UAE・ドバイ空港内の酒類専門店ル・クロ(Le Clos)が1本US$600,000(現在のレートで約6,550万円)で販売していたマッカラン(Macallan)を2本、「ウイスキー・コレクターのインターナショナル・ビジネスマン」とだけ明かされている人物が購入した。

このマッカランは1986年に顧客向けにボトリングされた「マッカラン 1926 60年」で、生産数40本の内12本ずつのラベルデザインをポップ・アーティストのピーター・ブレイク氏とヴァレリオ・アダミ氏が手掛けており、今回販売されたのはこの12本の内の1本ずつ2本になる。

リリース時の価格は£20,000、最後にこのマッカランが売買されたのは2007年のクリスティーズで、落札額はUS$75,000(当時のレートで900万円前後)だった。

これまでに1本のウイスキーに付けられた価格の最高額(US$ベース)は2014年のサザビーズ香港で落札された「マッカラン M」のUS$628,000だが、このマッカランは容量6リットルのデキャンタ入りの物なので、通常サイズ(700ml〜750ml)のウイスキーの物としては今回のUS$600,000が史上最高額となる。
今年1月のサザビーズ香港で「山崎 50年」が約US$299,000(約3,250万円)で落札され、これが通常サイズのウイスキーに付けられた最高額となっていたが、僅か数ヶ月で倍の価格に記録更新となった。

なお、今回販売されたマッカラン2本と同じ物が来月5月18日に開催されるボナムス香港のオークションに出品される
ボナムスでは1本あたりの落札予想額の上限を約6,200万円としていたが、今回の報道を受けてこれを大幅に上回る事も予想される。

Macallan 1926 Malts Fetch World Record $1.2m | Scotchwhisky.com
Two Macallan 1926 Whiskies Sell for $1.2 Million | The Spirits Business

エリクサーディスティラーズ、アイラ島に蒸溜所新設へ

80d55544033a26daff47faa41621d965

source : scotchwhisky.com

英ウイスキー・エクスチェンジを設立したスキンダー・シン(Sukhinder Singh)氏によるボトラーカンパニー、エリクサー・ディスティラーズ(Elixir Distillers)がアイラ島に独自の蒸溜所を建設すると発表した。
建設予定地は島南岸の町ポート・エレンと町の東に位置するラフロイグ蒸溜所との間で、来年2019年前半に着工、2020年前半の蒸溜開始を目指すとしている。

アイラ島では独立系ボトラー、ハンター・レイン社が設立したアードナホー蒸溜所(Ardnahoe Distillery)が今夏に開業する他、1983年に閉鎖されたポート・エレン蒸溜所が現在2020年の再稼働を目指して目下再建中で、2020年にはアイラ島で稼働する蒸溜所は11ヶ所を数えることになる。

Elixir Distillers Planning Islay Distillery | Scotchwhisky.com