日別アーカイブ: 2018年4月18日

バドワイザーのオーナー企業、マスターオブモルトを買収

バドワイザーやコロナを傘下に収めるビール業界の巨人、アンハイザー・ブッシュ・インバブ(Anheuser-Busch InBev、本拠地ベルギー)が傘下のベンチャーキャピタル、ZXベンチャーズを通じて、ウイスキー専門店マスター・オブ・モルト(Master of Malt)などを運営する英アトム・グループ(Atom Group)を買収した。
買収金額は非公表。
アトム・グループの創業者達は買収後もグループに留まる。

マスター・オブ・モルトではこの投資を受け、サービスの向上やアトム・グループによるザット・ブティッキー・ウイスキー・カンパニー(That Boutique-y Whisky Company)などのオリジナルボトリングの拡充を図るとしている。

Budweiser Producer Buys Master of Malt | Scotchwhisky.com
Exciting Times | Master of Malt Whisky Blog
アトム・グループ公式サイト: atomdrinksgroup.com

広告

熟成年数最長のトマーティン発売

Tomatin-50

source : thespiritsbusiness.com

富裕層向けにプライベートボトリングや美術品の企画・販売を行なっているポーランドのウェルス・ソリューション(Wealth Solutions)より、”The Oldest Tomatin Whisky in History”を謳う「トマーティン 50年 ブラック(Tomatin 50 Years Old Black)」がリリースされる。
1967年ビンテージのファーストフィルシェリーカスクによるシングル・カスク・ウイスキーで、カスクナンバー30258、アルコール度数はカスクストレングスで46%、限定本数は88本となっている。
購入方法や詳細についてはこちらから。

ウェルス・ソリューションは過去に「クライヌリッシュ 41年」や「軽井沢 1964」などをリリースしている。

Wealth Solutions Releases ‘Oldest’ Tomatin whisky | The Spirits Business