日別アーカイブ: 2018年4月27日

サントリー、「山崎」「白州」「響」のカートンのデザインをリニューアル

Suntory-whisky-redesign

source : thespiritsbusiness.com

サントリーが販売する「ジャパニーズ・ウイスキー」に付属のカートンのデザインがリニューアルされるとThe Spirits Businessが報じている。
新たなカートンでは上の写真のようにブランドロゴが現行の物よりもより大きくデザインされており、ラインナップ全体でデザインに統一性を持たせているようだ。

まず今年中に「山崎 12年」「白州 12年」「響 ジャパニーズハーモニー」のカートンがリニューアルされ、2019年末までに北米向けブレンデッド・ウイスキー「Toki (季)」を含む全てのウイスキーのカートンが変更される。

元記事では変更は”Global”だと表現しているが、現時点でこの件に関するニュースリリースは日米いずれのサントリーからも発表されていない為、日本でも実施されるのかは不明。

Suntory Revamps Yamazaki, Hibiki and Hakushu Packaging | The Spirits Business

広告

1本6500万円のマッカラン、ビジネスマンが2本お買い上げ(ドバイ)

51be692990adf9f173af3c745e38f55e

source : scotchwhisky.com

UAE・ドバイ空港内の酒類専門店ル・クロ(Le Clos)が1本US$600,000(現在のレートで約6,550万円)で販売していたマッカラン(Macallan)を2本、「ウイスキー・コレクターのインターナショナル・ビジネスマン」とだけ明かされている人物が購入した。

このマッカランは1986年に顧客向けにボトリングされた「マッカラン 1926 60年」で、生産数40本の内12本ずつのラベルデザインをポップ・アーティストのピーター・ブレイク氏とヴァレリオ・アダミ氏が手掛けており、今回販売されたのはこの12本の内の1本ずつ2本になる。

リリース時の価格は£20,000、最後にこのマッカランが売買されたのは2007年のクリスティーズで、落札額はUS$75,000(当時のレートで900万円前後)だった。

これまでに1本のウイスキーに付けられた価格の最高額(US$ベース)は2014年のサザビーズ香港で落札された「マッカラン M」のUS$628,000だが、このマッカランは容量6リットルのデキャンタ入りの物なので、通常サイズ(700ml〜750ml)のウイスキーの物としては今回のUS$600,000が史上最高額となる。
今年1月のサザビーズ香港で「山崎 50年」が約US$299,000(約3,250万円)で落札され、これが通常サイズのウイスキーに付けられた最高額となっていたが、僅か数ヶ月で倍の価格に記録更新となった。

なお、今回販売されたマッカラン2本と同じ物が来月5月18日に開催されるボナムス香港のオークションに出品される
ボナムスでは1本あたりの落札予想額の上限を約6,200万円としていたが、今回の報道を受けてこれを大幅に上回る事も予想される。

Macallan 1926 Malts Fetch World Record $1.2m | Scotchwhisky.com
Two Macallan 1926 Whiskies Sell for $1.2 Million | The Spirits Business