月別アーカイブ: 2018年5月

「ラガヴーリン 18年」他アイラフェスティバル2018 限定ボトルまとめ

lagavulin

現在スコットランド・アイラ島ではウイスキーと音楽の祭典・アイラフェスティバル(Fèis Ìle)が開催されており、例年通りアイラ島の各蒸溜所や各独立系ボトラーからフェスティバル開催を記念した限定ボトルが発売されている。
以下は蒸溜所公式の物と大手ボトラーよる物の一覧。
ハンター・レイン社のキンシップシリーズからはなぜかアイラ島外の蒸溜所の物もリリースされている。

アードベック蒸溜所
アードベッグ グルーヴス(Ardbeg Grooves)
ヘビーチャードレッドワインカスク / 46% / 700ml

ボウモア蒸溜所
ボウモア 15年 アイラ・フェスティバル 2018(Bowmore Aged 15 Years Fèis Ìle 2018)
オロロソカスク / 52.5% / £85 / 700ml / 3,000本限定
ボウモア 1989 28年 アイラ・フェスティバル 2018(Bowmore 1989 Aged 28 Years Fèis Ìle 2018)
バーボンカスク / 700ml / £400 / 212本限定

ブルックラディ蒸溜所
ポート・シャーロット ヘレティック 2001(Port Charlotte “The Heretic” 2001)
ポート・シャーロット初蒸留の年の最後の5樽によるヴァッティング(バーボンカスク/ラムカスク/フレンチワインカスク) / 55.9% / 700ml / £125 / 1,300本限定
ポート・シャーロット 2005 ヴァリンチ(Port Charlotte 2005 The Distillery Valinch)
オロロソシェリーバット / 59.3% / 500ml / £75 / 956本限定

ブナハーブン蒸溜所
ブナハーブン 2007 モイネ オロロソ・マチュアード(Bunnahabhain 2007 Mòine Oloroso Matured)
オロロソシェリーカスク / 59.5% / 700ml / £95 / 1,881本限定
ブナハーブン 2002 15年 スパニッシュ・オーク・フィニッシュ(bunnahabhain 2002 15 Year Old Spanish Oak Finish)
リフィルアメリカンオークカスク熟成・グランレゼルバスパニッシュオークバレルフィニッシュ / 58.2% / 700ml / £250 / 1,500本限定

カリラ蒸溜所
カリラ 10年(Caol Ila Aged 10 Years)
リフィルアメリカンホグズヘッド・リジュベネーテッドヨーロピアンオークバットのヴァッティング / 58.2% / 700ml / £100 / 2,496本限定

キルホーマン蒸溜所
キルホーマン アイラ・フェスティバル 2018 11年(Kilchoman Fèis Ìle 2018 Release 11 Years Old)
2007年3月ヴィンテージの4樽によるヴァッティング / 55.5% / 700ml / £111 / 744本限定

ラガヴーリン蒸溜所
ラガヴーリン 18年(Lagavulin Aged 18 Year)
リフィルアメリカンホグズヘッド・リジュベネーテッドアメリカンホグズヘッド・exボデガヨーロピアンオークバットのヴァッティング / 53.9% / 700ml / £130 / 6,000本限定

ラフロイグ蒸溜所
ラフロイグ カーディス 2018(Laphroaig Cairdeas 2018)
ファーストフィルバーボンバレル熟成・フィノシェリーカスクフィニッシュ / 51.8% / 700ml / £81 / 30,000本限定

ダグラス・レイン
ブナハーブン 2005 オールド・パティキュラー アイラ・フェスティバル 2018(Bunnahabhain 2005 DL12519 Old Paticular Fèis Ìle 2018)
48.4% / 700ml / £67.5 / 384本限定
ビッグ・ピート アイラ・フェスティバル 2018(Big Peat Fèis Ìle 2018)
48% / 700ml / £49.99 / 3,000本限定

ハンター・レイン キンシップシリーズ
ボウモア 21年(Bowmore Aged 21 Years Kinship)
リフィルホグズヘッド2樽のヴァッティング / 53.2% / 700ml / £150
ブナハーブン 30年(Bunnahabhain Aged 30 Years Kinship)
シェリーホグズヘッド2樽のヴァッティング / 52.8% / 700ml / £330
ラフロイグ 20年(Laphroaig Aged 20 Years Kinship)
リフィルホグズヘッド2樽のヴァッティング / 55.2% / 700ml / £285
ハイランド・パーク 21年(Highland Park Aged 21 Years Kinship)
ホグズヘッド2樽ヴァッティング後シェリーバットフィニッシュ / 51.4% / 700ml / £195
ジュラ 26年 (Jura Aged 26 Years Kinship)
リフィルホグズヘッド / 52.7% / 700ml / £198
スプリングバンク 25年(Springbank Aged 25 Years Kinship)
シェリーバット / 53.7% / 700ml / £495

SMWS
Bowmore 1997 20 Years Aged 3.307 A journey into joy
リフィルオロロソシェリーバット / 55.9% / 700ml / £225 / 564本限定
Bowmore 13 Years Aged 3.308 A maritime meander
セカンドフィルバーボンホグズヘッド / 59.5% / 700ml
Bunnahabhain 2005 12 Years Aged 10.141 Indulgence by the sea
リフィルバーボンバレル / 59.5% / 700ml / 174本限定
Bunnahabhain 2008 9 Years Aged 10.146 Sweet smoky succulent sensation
リフィルバーボンバレル / 60.1% / 700ml / 210本限定
Laphroaig 1996 20 Years Aged 29.241 A perfect moment
ファーストフィルオロロソシェリーホグズヘッド / 49.3% / 700ml / £270 / 240本限定
Laphroaig 2009 8 Years Aged 29.244 Weaving wondrous dreams
リフィルバーボンバレル / 62.2% / 700ml / 222本限定
Caol Ila 11 Years Aged 53.248 Slapped by Poseidon’s glove
58.0% / 700ml
Caol Ila 2006 11 Years Aged 53.252 Smoky incarnations
リフィルホグズヘッド / 57.8% / 700ml / £130 / 317本限定

アイラ・フェスティバル公式サイト: islayfestival.com

広告

「MOON GLOW Limited Edition 2018」リリース

若鶴酒造・三郎丸蒸溜所よりブレンデッド・ウイスキー「MOON GLOW Limited Edition 2018」がリリースされた。
昨年10月に発売された「MOON GLOW First Release」に続く「MOON GLOW」第2弾で、今回は20年超の三郎丸モルト原酒をキーモルトに10年以上熟成された原酒をブレンド、グレーン原酒には赤ワイン樽でフィニッシュされた物を使用しているという。
三郎丸蒸溜所モルト以外の原酒の素性は不明。
熟成年数10年、アルコール度数43%、容量700ml、希望小売価格税別9,200円で今月28日より販売が開始されている。

2018年上半期 国内リリース一覧

グレンゴイン、カスクストレングス第6弾リリース

glengoyne

source : glengyle.com

グレンゴインより「グレンゴイン カスク・ストレングス バッチ6(Glengoyne Cask Strength Batch 6)」がリリースされた。
ファーストフィルヨーロピアンオークシェリーカスク、ファーストフィルアメリカンオークシェリーバット、リフィルシェリーバットでそれぞれ熟成された原酒を使用しており、カスク・ストレングスシリーズとしては初めてシェリーカスクのみによる構成となっている。
NAS、度数59.8%で、英国での希望小売価格は£54.99。

New Glengoyne Cask Strength is Sherry First | Scotchwhisky.com
Cask Strength | Glengoyne

秋田県産のウイスキー開発へ

秋田市を本拠地に全国で飲食店を展開するドリームリンクは、秋田県産のウイスキーを開発すると発表した。
同社が昨年買収したかづの酒造(鹿角市)の施設を活用、秋田県醸造試験所の協力を仰ぎ、今は秋田市内に居を構える「BAR ル・ヴェール」のオーナーバーテンダー、佐藤謙一氏が監修を担当するという。
シングル・モルトとブレンデッド・ウイスキーの生産を行う予定で、2023年の販売を目指すとしている。

秋田県醸造試験所によると県内では1952年を最後にウイスキーの生産は行われていないそうで、この計画が実現すれば約70年の歳月を経て秋田県産ウイスキーが復活することになる。

ドリームリンク、秋田県産ウイスキー開発 23年にもお目見え | 日本経済新聞

筆者は1952年まで生産されていた秋田県産ウイスキーとやらがとても気になります。

マッカラン新蒸溜所、まもなくオープン

31d84dd485e5232a76b62d204208bcb4

スコットランドの丘陵のような美しい外観を持つ新蒸溜所  source : scotchwhisky.com

1億4000万ポンド、およそ210億円を投じて建設されたマッカランの新たな蒸溜所が来月6月2日いよいよ正式オープンとなる。
新蒸溜所は従来の蒸溜所に比べて15基増となる36基のポットスチルを備え、生産能力は30〜40%程度向上すると見られる。年間アルコール生産能力に換算すると1,500万リットル前後になり、これはスコットランドのモルト蒸溜所としては最大規模になる(現在はグレンフィディック蒸溜所が1,350万リットルで最大)。

旧蒸溜所は昨年2017年10月にすでに生産を停止しており、今後解体される予定。
新蒸溜所は同年の11月には試運転を開始していた。

英国の建築事務所ロジャー・スターク・ハーバー+パートナーズによって設計されたこの新たな蒸溜所は、緑が植えられまるで丘陵のような曲面の屋根や、円形に配置されたポットスチルなど他に類を見ない外観的特徴を備える。
オープンを記念してマッカランが制作したムービーでは、関係者のインタービューとともにユニークな新蒸溜所を見ることができる。

The Macallan – Our Brand New Home | YouTube

Macallan Opens Landmark 140M Distillery | Scotchwhisky.com

「空母いぶき」ラベル ハイランドパークリリース

P79801004_0b

source : pal-shop.jp

小学館が運営する通販誌/サイト「大人の逸品」より、かわぐちかいじ氏の漫画「空母いぶき」のイラストがラベルにデザインされた「ハイランド・パーク 2003」がリリースされる。
ウイスキー・エージェンシーのストックの中からウイスキー評論家の山岡秀雄氏によって選ばれた物で、熟成年数は14年、アルコール度数51.2%、限定356本、価格は税込19,500円で明日の9時30分より販売開始される。

お待たせ!『空母いぶき』ラベルのウイスキー、5月22日発売! | 小学館

2018年上半期 国内リリース一覧

ウッドフォードリザーブ「モルト・ウイスキー」リリース

wrmalt

source : woodfordreserve.com

ウッドフォード・リザーブより「ウッドフォード・リザーブ ケンタッキー・ストレート・モルト・ウイスキー(Woodford Reserve Kentucky Straight Malt Whiskey)」がリリースされる。
マッシュビルはモルテッド・バーレイ51%・コーン47%・ライ2%で、バーボンと同じくチャーされたオークバレルで熟成、90.2プルーフ(45.1%)でボトリングされている。
価格、販売開始時期は現在のところ不明。

ウッドフォード・リザーブは2013年に限定シリーズ「マスターズ・コレクション」の1つとして「ストレート・モルト」を発売しているが、定番商品としてモルト主体のウイスキーを発売するのは今回が初めてとなる。

Malt Whiskey | Woodford Reserve