響17年、販売停止へ

hibiki17

source : suntory.co.jp

米Forbes.comが、サントリーを代表するブレンデッド・ウイスキー「響 17年」の販売と生産が今年9月で停止されると報じている。

「響 17年」休売の情報は今年に入ってからネット上に出回ってはいたものの、サントリーからの発表は無かった為に噂の域を出ないものだった。
だがForbesはこれを日本のサントリーの広報に確認したとしているので、情報は正しかったようだ。
販売停止が一時的な物かどうかは不明だが、仮に一時的であったとしても現時点で販売再開の目処を立てるのは当のサントリーにとっても難しいのではないだろうか。

「響 17年」はサントリー創業90周年記念として、また初の「響」シリーズとして1989年に発売された(販売当初は”17年”の表記無し)。
以来サントリーの看板商品の1つであり、2003年には映画「ロスト・イン・トランスレーション」に登場して欧米における”ジャパニーズ・ウイスキー”の知名度を飛躍的に向上させる役割も担った。

近年のサントリーの原酒不足は隠しようも無いものだったが、上記のような経緯から筆者は他のウイスキーを終売させてでも「響 17年」は死守するのではないかと予想していたのだが・・・。

Suntory Time: Hibiki Whisky Discontinued As Aged Japanese Whisky Runs Dry | Forbes
響 ブランド公式サイト: suntory.co.jp/whisky/hibiki

(7月18日追記)
公式サイトに休売に関するお知らせがひっそりと追加されている。

サントリーウイスキー「響17年」休売について | サントリー

広告

響17年、販売停止へ」への5件のフィードバック

  1. ピンバック: 白州12年、6月より販売休止 | Whisky News

  2. Nino

    響17年が復活できるのは、いつになるのだろう・・・2010年に少しハイボールブームで原酒を増産した?という事は、2027年?いづれにしてもしばらく飲めないな・・・・

    いいね: 1人

    返信
    1. 北極生まれ英国育ち 投稿作成者

      コメントありがとうございます。
      東京オリンピック開催が決まってから2020年に出荷を増やすつもりだとはよく聞きますが、響17年は難しいでしょうね。
      復活しても免税店限定でしょうか。
      2027年に復活できれば御の字だと思います・・・。

      いいね

      返信
  3. ピンバック: 「響 ブレンダーズ・チョイス」9月リリース | Whisky News

  4. ピンバック: サントリー、純米ウォッカ「HAKU」を米国でリリース | Whisky News

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中