「ポート・シャーロット」リニューアル

1bee186a4e7fdfc286dc401cf626833f

source : scotchwhisky.com

ブルックラディ蒸溜所によるヘビリー・ピーテッド・シングル・モルト「ポート・シャーロット」レンジがボトルデザインをリニューアルし、4つの新たなシングル・モルトでラインナップも刷新する。

既存の「ポート・シャーロット スコティッシュ・バーレイ」は新たに発売される「ポート・シャーロット 10年」に置き換えられる。
スコットランド産大麦のみを原料にし、ファーストフィルアメリカンカスク、リフィルアメリカンカスク、リフィルフレンチワインカスクで熟成された原酒によるもので、アルコール度数は50%、価格は約£50。

またアイラ島産大麦のみを原料に使用したシリーズ「アイラ・バーレイ」の新商品として「ポート・シャーロット アイラ・バーレイ 2011」がリリースされる。
アイラ島内の3つの農場の大麦から生産され、ファーストフィルアメリカンカスクを中心に、一部シラー種とメルロー種のワインカスクで熟成させた原酒を使用したもので、こちらも度数は50%、価格は£60となっている。

この他2つの限定商品「ポート・シャーロット MRC:01」「MC:01」もリリースされる。
「MRC:01」は2010年に蒸溜されボルドーワインカスクで熟成されたもので、アルコール度数は59.2%、価格は£90。
免税店向け商品となる「MC:01」はマルサラワインカスクで熟成された2009年ビンテージのもので、度数は56.3%、現在のところ価格は未定のようだ。

Port Charlotte’s Whisky Range Relaunches | Scotchwhisky.com

広告

「ポート・シャーロット」リニューアル」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 「ポートシャーロット」リニューアル、国内でも実施 | Whisky News

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中