日別アーカイブ: 2018年8月23日

カバラン、初の普及価格帯商品を投入

kavalan

source : lead-off-japan.vino.sub.jp

台湾・カバランから初の普及価格帯となるシングル・モルト・ウイスキー「カバラン ディスティラリーセレクト」がリリース、9月3日より日本で発売される。
複数種の樽をヴァッティングしたもので、アルコール度数40%、容量700ml、希望小売価格は税別4,500円。
また、リカーマウンテン各店舗では全国発売に先駆けて先行発売が行われている。

2018年度WWA Hall of Fame(ウイスキーの殿堂)入り! 台湾発プレミアムウイスキー「カバラン」新商品 「ディスティラリーセレクト」発売のお知らせ | リードオフジャパン

2018年下半期 国内リリース一覧

ダラス・デュー蒸溜所、復活なるか

5c70317b913fe43491c1ba76f7e92ab866f17f32

現在は博物館として運営されるダラス・デュー  source : historicenvironment.scot

1980年代のスコッチ・ウイスキー不況の中閉鎖された旧ダラス・デュー蒸溜所を現在所有する英国政府機関Historic Environment Scotland(HES)は、蒸溜所での生産再開へ向けて投資とアイデアを一般から募ると表明した。

ダラス・デューの施設は1983年に閉鎖された後、HESの前身機関であるHistoric Scotlandへ売却され、1986年より現在に至るまで蒸溜所博物館として保全、運営されている。
HESはダラス・デューでの生産再開の可能性を探っていると数年前から報じられてきたが、単独での再開は断念したものと思われる。
なお、出資や提案は個人・団体を問わないとしているが、蒸溜所自体を売却する計画は無く、あくまでHES所有の元、歴史的施設の1つとして蒸溜所を保全した上での生産再開を目指すようだ。

ダラス・デューと同じ1983年に閉鎖されたブローラ、ポート・エレン、1993年に閉鎖されたローズバンクの各蒸溜所が昨年相次いで生産再開へ向け動き出し目下再建中だが、ダラス・デューもこれらの蒸溜所に続くことができるだろうか。

Silent Speyside Distillery Could Reopen | Scotchwhisky.com
Dallas Dhu Historic Distillery | HES