月別アーカイブ: 2018年11月

公民館が蒸溜所に 木内酒造、新蒸溜所設立へ

日本酒「菊盛」や「常陸野ネストビール」などを製造する茨城県那珂市の木内酒造が、東日本大震災以後、耐震性の問題から使用できなくなっていた同県石岡市八郷地区の旧公民館を市より買収、八郷蒸溜所として再生しウイスキーなどの製造を行う。

木内酒造は2016年より那珂市の額田醸造所内に設置された蒸溜施設でウイスキー造りを進めているが、およそ4億円を投じて設立される新蒸溜所は、額田蒸溜所の12倍の生産能力を備える計画だ。
また現在額田蒸溜所では原料となる大麦その他の穀物の内4割程度を茨城県産の物で賄うが、新蒸溜所では原料は全て茨城県産の物を使用するという。

旧公民館の一部解体工事は既に始まっており、蒸溜所の稼働は2019年の6月を目指す。
また2020年には新たな熟成庫の建設も予定している。

茨城の木内酒造、石岡市に蒸留所新設 | 日本経済新聞
石岡にウイスキー工場 木内酒造、来年6月 震災被害の公民館跡 | 茨城新聞

広告

「マッカラン 60年」1億7300万円で落札される

5-mins-with-tim-triptree-880

source : christies.com

昨日29日にロンドンで行われたクリスティーズ社のオークションで、「マッカラン 1926 60年 マイケル・ディロン(The Macallan 1926 26 Years Old Micheal Dilon)」がバイヤーズプレミアム込みの120万ポンド、日本円にしておよそ1億7,360万円で落札され、ウイスキーの史上最高額を記録した。

このマッカランは先月3日に開催されたボナムス社のオークションで約1億2,575万円で落札され、その時点でのウイスキー最高額を記録した「マッカラン 1926 60年 ヴァレリオ・アダミ」とボトルの中身は同じウイスキーではあるものの、「ヴァレリオ・アダミ」の生産数は12本だったのに対し、今回の「マイケル・ディロン」はたった1本しか存在しない(Scotchwhisky.comによればマッカラン自身、このボトルが現存している事をオークションへの出品が発表されるまで知らなかったという)ことから、記録更新は確実と見られていた
結果、わずか2ヶ月足らずで日本円にして5千万円近くも記録を伸ばしたわけだが、果たしてこの記録が再び更新されることはあるのだろうか。

なお、同日のオークションには今年8月に約3,800万円の値をつけてジャパニーズ・ウイスキーの最高額を記録した「山崎 50年」のファーストロット(2005年発売分)も出品されたが、こちらの入札は振るわず(と言うべきか)、14万4千ポンド、約2,080万円で落札されている。

‘Unique’ Macallan 1926 is First £1M Whisky | Scotchwhisky.com
The Macallan 1926, 60 Year-Old, Michael Dillon | Christie’s

ボウモア、ヒースロー空港限定シングルカスクリリース

bowmore1997

source : dufry.com

ビームサントリーは免税店大手のデュフリー(Dufry/スイス)との提携により、「ボウモア 1997 20年(Bowmore 1997 20 Years old)」をリリースする。
限定198本のシングル・シェリー・カスク・ウイスキーで、アルコール度数は51.2%、容量700ml、価格は£295(約42,500円)。
ヒースロー空港のターミナル2〜5で営業するワールド・オブ・ウイスキー(World of Whiskies)で来月12月7日より発売される。

Beam Suntory and World Duty Free Partner for Limited Edition Bowmore® 1997 Single Cask Release | Dufry

カティーサーク、フランスへ出航

cuttysark

source : cutty-sark.com

グレン・マレイ、スターローの2蒸溜所やブレンデッド・ウイスキー「ラベルファイブ(Label 5)」を傘下に持つ仏酒類大手ラ・マルティニケーズ・バーディネ(La Martiniquaise-Bardinet)が、ブレンデッド・ウイスキー「カティー・サーク(Cutty Sark)」を英エドリントンから買収した。買収条件は非公表。

「カティー・サーク」は1923年に老舗ワイン・スピリッツ商のベリー・ブロス・アンド・ラッドにより設立されたブレンデッド・スコッチ・ウイスキーで、日本を始めとして世界中で高い知名度を誇る。
2010年にブランドはエドリントンへ売却されたが、ポートフォリオ全体のプレミア化を進める同社が売却先を模索していると、今年6月に報じられていた。

なお、同じくエドリントンが売却先を探していると報じられたグレンタレット蒸溜所には、今の所買い手は現れていないようだ。

Cutty Sark Sold to Glen Moray Owner | Scotchwhisky.com

長濱蒸溜所、ブレンデッドモルト「AMAHAGAN」リリース

amahagan

source : romanbeer.com/nagahama-distillery

2016年より操業する滋賀県・長濱蒸溜所より、ブレンデッド・モルト・ウイスキー「AMAHAGAN(アマハガン) World Malt Edition No.1」がリリースされる。
海外のモルトウイスキーに同蒸溜所のモルト原酒をブレンドしたもので、アルコール度数47%、ノンチルフィタードでボトリングされ、容量700ml、価格は税別4,900円。
来月12月4日より発売される。

AMAHAGAN | 長濱蒸溜所

2018年下半期 国内リリース一覧

「富士山麓 樽熟原酒50度」終売

fujisanroku

source : fujisanroku.jp

キリンがハイボールブームなどによる原酒不足から「富士山麓 樽熟原酒50度」の出荷を2019年3月末で停止すると、日本経済新聞が報じている。
同製品は2016年3月に旧製品の「富士山麓 樽熟50度」からリニューアルされて発売されたが、わずか3年での終売となる。
この終売により確保した原酒は、同じ「富士山麓」ブランドの高価格帯商品である「富士山麓 シグニチャーブレンド」や、今後発売される新商品に使用される予定だという。

キリンは高まる需要に対応する為、50年ぶりに富士御殿場蒸溜所の生産能力増強に踏み切ると、先日報道されたばかり。

ウイスキーブームの拡大と原酒不足から、この数年で終売・休売となる銘柄が相次いでいる。
ニッカは2015年に「余市」「宮城峡」の熟成年数が表記された製品の販売を終了しており、サントリーも今年に入ってから「白州 12年」「響 17年」を相次いで休売としている。
またキリンも2015年に「富士山麓 18年」を終売とした。

ウイスキー原酒不足広がる キリン「富士山麓」一部終売へ | 日本経済新聞 

スプリングバンク「ローカルバーレイ 9年」リリース

localbarley9

source : thewhiskyexchange.com

スプリングバンクより新生ローカルバーレイ第4弾となる「スプリングバンク ローカルバーレイ 9年(Springbank Local Barley Aged 9 Years)」がリリースされている。
キャンベルタウンの南に位置するハイ・キャタデール農場で生産されたオプティック・バーレイのみを使用しており、熟成にはバーボンカスク80%、シェリーカスクが20%の割合で用いられている。
アルコール度数は57.7%、限定本数9,700本、英国での価格は£86。
昨年の「ローカルバーレイ 10年」に次ぐリリースで、ローカルバーレイシリーズは来年リリースされる予定の第5弾をもって完結となる予定。

この他、3rdバッチになると思われる「キルケラン 8年 カスクストレングス (Kilkerran Aged 8 Yars Cask Strangth)」も同時にリリースされている。
バーボンカスクによる熟成でアルコール度数は56.5%、価格は£48となっている。

Springbank 9yo Local Barley | Springbank