海底で熟成させたウイスキー発売

tourbillon

source : tourbillonwhisky.jp

株式会社トゥールビヨンより、海底で熟成させたスコッチウイスキー「Tourbillon」が発売される。
ただし海底熟成、とは言っても、海の底に樽を沈めて熟成させたわけではなく、地上で樽熟成させたウイスキーを瓶詰め・蝋で封をして南伊豆の海底で1年程寝かせたもの。
販売元によれば、海の振動などの影響でまろやかな味わいに変化しているという。
またボトルはそのままの状態で海に沈められている為、フジツボなどが付着し、あたかも沈没船から引き上げたかのような外見に変貌している。

今回発売されるのはアイラ島の蒸溜所の原酒による「Tourbillon アイラ 2006 10年」とハイランドのグレーン原酒を使用した「Tourbillon グレーン 1972 43年」の2種。
価格は「アイラ」が税別3万円、「グレーン」が8万円、どちらも蒸溜所名は非公表となっている。
11月1日より先行予約が行われており、明日11月25日より正式販売が開始される。

トゥールビヨン公式サイト: tourbillonwhisky.jp

2018年下半期 国内リリース一覧

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中