月別アーカイブ: 2019年1月

「オクトモア 09.1」国内販売開始

octomore091

source : bruichladdich.com

昨年夏に英国で発売されたブルックラディ蒸溜所によるスーパーヘビリーピーテッドウイスキー・オクトモアのバッチ9の1つ「オクトモア 09.1 スコティッシュ・バーレイ」が国内でも発売される。
2011年に収穫されたスコットランド産コンチェルト種大麦を原料に2012年に蒸溜、ジムビーム、ジャックダニエルなどのファーストフィルバーボンバレルで5年間熟成させたものとなっている。
59.1% ABV、700ml、限定本数は世界全体で42,000本、希望小売価格税別16,000円で、2月4日より発売開始。
またこの発売に伴い、旧商品「オクトモア 08.1 スコティッシュ・バーレイ」は在庫限りで発売終了となる。

シングルモルト・スコッチウイスキー 「オクトモア 09.1 スコティッシュ・バーレイ」数量限定発売のご案内 | PR TIMES

2019年上半期 国内リリース一覧

広告

サントリー 5カ国の原酒を使用したブレンデッドウイスキー「碧 Ao」を発売

ao

source : suntory.co.jp

サントリーは世界5大ウイスキー産地の原酒を使用した、SUNTORY WORLD WHISKY「碧 Ao」を発売する。

原酒は全て自社蒸溜所によるものと発表されており、アイルランド、スコットランド、アメリカ、カナダ、日本の全てにウイスキー蒸溜所を所有するサントリーならではのブレンデッド・ウイスキーでとなる。
具体的にどの蒸溜所の原酒が使用されているかは今の所不明だが、現時点でサントリーホールディングスの傘下にある蒸溜所は以下の通り。

アイルランド
クーリー / キルベガン
スコットランド
ラフロイグ / ボウモア / オーヘントッシャン / グレン・ギリー / アードモア
アメリカ
ジム・ビーム / メイカーズ・マーク
カナダ
アルバータ / カナディアン・クラブ
日本
山崎 / 白州 / 知多

2019年は春夏と秋冬の2期に出荷が行われる予定で、第1期の発売は4月16日より開始される。
アルコール度数43%、容量700mlで、価格は税別5,000円となっている。

SUNTORY WORLD WHISKY「碧Ao」(アオ)数量限定新発売 | サントリー

2019年上半期 国内リリース一覧

本坊酒造、マルス信州蒸溜所を増強

本坊酒造が12億円を投じ、マルス信州蒸溜所に蒸溜棟や貯蔵庫、ビジター施設を新設すると日本経済新聞が報じている。

需要の急増による原酒不足から、国内各社はここ数年生産能力の増強を急いでおり、昨年1年間だけでも、サントリーによる白州蒸溜所と近江エージングセラーの貯蔵能力増強、ベンチャーウイスキーの蒸溜所新設、キリンによる富士御殿場蒸溜所の生産能力増強、木内酒造の蒸溜所新設などが明らかになっている。

本坊酒造、長野にウイスキー蒸留棟新設 | 日本経済新聞

新年のご挨拶と昨年のトップ記事10本

新年あけましておめでとうございます。
旧年中は当サイトをご愛読頂きまして誠にありがとうございます。
このところ諸事情により更新が滞りがちではありますが、本年も可能な限り記事の投稿・更新は続けてまいります。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、以下は昨年一年間の閲覧数トップ10の記事になります。

1位 山崎リミテッドエディション、今年は発売されず (4月11日)
2014年から2017年までの4年間、お中元・お歳暮のシーズンに合わせて毎年発売されていたサントリーの「山崎 リミテッドエディション」ですが、恐らく原酒不足により昨年は発売されませんでした。今年も望み薄ではないかと思われます。

2位 「響 ブレンダーズ・チョイス」9月リリース (6月5日)
9月で休売となったサントリー「響 17年」の代替品として、新たに「響 ブレンダーズ・チョイス」が登場しました。飲食店向けの商品だと報道されていましたが、「17年」とは違って十分に供給されているのか、昨年末頃より一般の店頭で見かけることも多くなっています。

3位 マッカラン「クエスト・コレクション」新発売 (2017年10月14日)
昨年1月より免税店市場で販売されているマッカランの新シリーズの記事です。投稿自体は一昨年に行ったものですが、昨年4月頃より並行輸入品が国内でも見られるようになったことと、11月2日に放送された日本テレビ「アナザー・スカイ」の中で、ビビる大木さんがスコットランドのマッカラン蒸溜所でシリーズの1本「マッカラン テラ」を購入したことから閲覧数が急増しました。

4位 「マッカラン 60年」、ウイスキー史上最高額 1億2千万円で落札される (5月20日)
記事は5月のものですが、同じ「マッカラン 60年」の別の1本が10月に1億2,500万円の値をつけ5月の記録を更新した事が世界中で大きく報道され、閲覧数を伸ばしました。なお11月には別の「マッカラン 60年」が1億7,300万円で落札されて記録を大幅に更新しましたが、なぜかこちらは10月の時のようには大きく報道されませんでした。

5位 響17年、販売停止へ (5月15日)
世界的な知名度を誇る「響 17年」休売のニュースは、国内のみならず海外でも大きく報道されました。同日には「白州 12年」6月休売のニュースも報じられ、この2つの銘柄はしばらくの間ネットオークションなどで希望小売価格の何倍もの値段で取引されていました。

6位 余市・宮城峡マンサニーリャウッドフィニッシュ、限定発売 (9月20日)
一昨年の「モスカテルウッドフィニッシュ」に続くニッカウヰスキーの限定商品です。10月には海外向けに「シェリーウッドフィニッシュ」「バーボンウッドフィニッシュ」も発売されています。

7位 「マッカラン 72年」リリースへ (6月1日)
新蒸溜所のオープンに合わせて販売された6万ドルのマッカランです。4位のニュースを見る限り、投資としてはお値打ちなのでしょうか・・・

8位 「マッカラン エディション No.3」国内発売 (9月5日)
本国などでは一昨年に発売されていた「マッカラン エディション No.3」ですが、日本では1年以上遅れてようやく発売となりました。なお海外ではすでに「No.4」が5月に発売されて出荷は終了、今年の前半には「No.5」が発売されるものと思われます。

9位 Winter is Here!「ホワイトウォーカー by ジョニーウォーカー」リリース (10月2日)
今年完結予定の大人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ(GOT)」とのコラボレーションで発売されたジョニーウォーカーです。また同じくGOTとのコラボレーションシングルモルトシリーズも11月にアメリカで発売されているようです。今のところ、いずれも日本では発売されていません。

10位 マッカラン「M ブラック 2017」「エディション No.4」「ジェネシス」リリース (6月20日)
「マッカラン ジェネシス」は7位の「72年」と同じく新蒸溜所のオープン記念ボトルで、英国内では蒸溜所限定で発売されましたが、蒸溜所には発売日前日からバイヤーが殺到し、周辺の道路が封鎖される騒ぎを引き起こしました。発売からわずか2週間後には、希望小売価格の10倍以上の値段で取引されたようです。

今年はどんなニュースが注目を集めるでしょうか。