月別アーカイブ: 2019年2月

語られなかった物語 「ポートエレン 39年」リリース

Port-Ellen-Untold-Stories

source : thespiritsbusiness.com

1983年に閉鎖され、2021年の再稼働を目指して目下再建中のポート・エレン蒸溜所閉鎖前の原酒を使用した「ポート・エレン アントールド・ストーリーズ シリーズ(Port Ellen Untold Stories Series)」のリリースが開始される。

バーボンカスクとヨーロピアンオークリフィルシェリーカスクの原酒を使用したシリーズ第1弾「ポート・エレン 39年 アントールド・ストーリーズ スピリット・セーフ(Port Ellen 39 Years Old Untold Stories The Spirit Safe)」は今年4月に発売の予定。
アルコール度数は50.9%、限定本数は1,500本、英国での価格は£4,500(約66万円)。

ポート・エレンは年に1度リリースされる「ディアジオ スペシャルリリース」の内の1本として長らくラインナップされてきたが、2018年からは同リリースにラインナップされず、独立したシリーズとして発売されるとアナウンスされていた
なおポート・エレンと同じく現在蒸溜所再建中のブローラも同様のリリースが行われるとアナウンスされているため、こちらも近々何らかの発表があると思われる。

Port Ellen 39-Year-Old to Launch Globally | The Spirits Business
Port Ellen Returns in Untold Stories Series | Scotchwhisky.com

ニッカ 「ザ・ニッカ 12年」「カフェグレーン」「カフェモルト」を休売へ

nikka12

ザ・ニッカ 12年  source : amazon.co.jp

ニッカは「ザ・ニッカ 12年」「カフェグレーン」「カフェモルト」の出荷を停止する。
具体的な停止時期は不明だが、既に多くの酒販店で取扱い終了となっているようだ。

「カフェグレーン」「カフェモルト」は一時的な停止だとされているが、「ザ・ニッカ 12年」については後継商品としてNASのブレンデッド・ウイスキー「ザ・ニッカ テーラード」の発売が4月3日に予定されている為、このまま終売となる可能性も高いと思われる。
この休売により、ニッカウヰスキーのラインナップ中、熟成年数が表記された商品は「竹鶴」ブランドの物のみとなる。

ザ・ニッカ | ニッカウヰスキー

昨日発表された余市と宮城峡の「リミテッドエディション2019」の発売と同じく、昨年末から出回っていた情報です。
こちらは今のところプレスリリースは出ていませんが、「ザ・ニッカ」の公式ページが出来上がっていたのと、Forbes.comの記事中で言及されていたので、投稿しました。

「タリスカー 40年」「ディアジオ スペシャルリリース2018」国内販売開始

talisker1978

source : prtimes.jp

海外で昨年リリースされた「タリスカー 1978 40年」と「ディアジオ スペシャルリリース2018」が、一昨日より国内でも発売されている。

タリスカー 1978 40年」は1978ヴィンテージのリフィルバーボンバレル熟成の原酒をアモンティリャードシェリーバットで3ヶ月間フィニッシュさせたもので、英国では昨年6月に発売された
アルコール度数50%、容量700ml、価格は税別310,000円。

diageo-special-edition-teaser-final-small-min

source : diageo.com

ディアジオ スペシャルリリース2018」は昨年9月に海外でリリースされたものだが、国内では年を跨いだリリースとなった為か「ディアジオ スペシャルリリース2018-19」と呼称されている。
海外でリリースされた10本の内、国内で発売されるのは以下の9本で、残る1本の「シングルトン・オブ・グレン・オード 14年」がリストアップされていないのは恐らく「シングルトン」ブランドの国内販売がMHDではなくキリンにより行われている事によるものと思われる。

タリスカー 8年
アルコール度数59.4%、容量700ml(以下全て同じ)、価格税別8,700円。
ラガヴーリン 12年
57.8%、税別16,000円。
カリラ 15年 アンピーテッド
59.1%、税別16,600円。
カリラ 35年
58.1%、税別83,300円。
オーバン 21年
57.9%、税別55,500円。
インチガワー 27年
55.3%、税別37,000円。
ピティヴァイク 28年
52.1%、税別40,700円。
カースブリッジ 48年
43.2%、税別92,500円。
クラダック
タリスカー・ラガヴーリン・カリラ・クライヌリッシュ・オーバン・インチガワーによるブレンデッドモルト、57.1%、税別19,200円。

オフィシャルボトル最長熟のタリスカー 全世界限定2,000本「タリスカー 40年」発売 | PR Times
~年に1度のレアモルト セレクション限定発売~「ディアジオ スペシャルリリース 2018-2019」発売 | PR Times

2019年1-3月 国内リリース一覧

「余市 リミテッドエディション 2019」「宮城峡 リミテッドエディション 2019」発売 お値段各税別30万円

nikka2019

source : asahibeer.co.jp

ニッカは宮城峡蒸溜所設立50周年を記念して、「シングルモルト宮城峡 リミテッドエディション 2019」「シングルモルト 余市 リミテッドエディション 2019」を発売すると発表した。

各蒸溜所の原酒から、1960年代・70年代・80年代・90年代・2000年代の物をそれぞれ厳選しヴァッティングさせたシングル・モルト・ウイスキーで、特に「宮城峡 リミテッドエディション 2019」には、同蒸溜所で初めて蒸溜された原酒も使用されている。
各アルコール度数48%、容量700ml、限定700本、価格は税別300,000円で、ホテルやバーなどの業務用市場中心に供給される。発売日は3月12日。

また、宮城峡蒸溜所に2021年までにウイスキー樽貯蔵庫を新設し、生産能力の向上を図ることも同時に発表されている。

ニッカウヰスキー宮城峡蒸溜所設立50周年施策 「ウイスキー未来基地」をテーマに、 数量限定商品の発売、蒸溜所での特別企画展開催など順次展開! | アサヒビール

かなり前から情報が出回っていた商品ですが、ようやくプレスリリースが発表されました。
NA扱いのウイスキーとしては目を疑う価格で、先日Forbes.comにもその値段は無いわ的な記事が掲載されていました。
どうせなら「宮城峡 1969 50年」300万円くらいをブチ上げて欲しかったです。
実際のところ、60年代の原酒はどの程度使われているのでしょうか。

2019年1-3月 国内リリース一覧

1本限定「ダルモア ラニマ 49年」が競売へ

9c8c0e6a85e7f274790a60c48042dbf1

source : scotchwhisky.com

ダルモアのマスター・ブレンダー、リチャード・パターソン氏が、「世界のベストレストラン50(The World’s 50 Best Restaurant)」で2016年と2018年に第1位を獲得したイタリア・モデナのオステリア・フランチェスカーナのシェフ、マッシモ・ボットゥーラ(Massimo Bottura)氏とのコラボレーションで造り上げた「ダルモア ラニマ 49年(Dalmore L’Anima Aged 49 Years)」が今春、競売へ掛けられる。

イタリア語で「魂」と名付けられたこのウイスキーには、バーボンバレル、ゴンザレス・ビアスのPXシェリーカスク、グラハムのポートパイプでそれぞれ熟成された原酒が使用されている。
生産本数は1本のみ、アルコール度数41.5%でボトリングされ、今年の4月25日〜5月9日にサザビーズが開催するオークションへ出品される。
また、出品にはオステリア・フランチェスカーナでのディナー2名分も含まれている。

「ラニマ」による収益は全て、ボットゥーラ氏が主催する食品廃棄物と社会的孤立に取り組む非営利団体、ソウル・フォー・フード(Soul for Food)へ寄付される予定。

Paterson and Bottura Present Dalmore L’Anima | Scotchwhisky.com
Paterson and Bottura Bottle 49YO Dalmore L’Anima | The Spirits Business

マッカランと「世界のベストレストラン50」で第1位に選ばれたことのある(2018年は第2位)スペインのアル・サリェー・ダ・カン・ロカのコラボウイスキー「マッカラン エディション No.2」は個人的に好みのボトルだったので、「ラニマ」も試してみたいところですが・・・
普及価格帯の物も是非お願いします。

今年のアードベッグ・デイ限定ボトルは「アードベッグ ドラム」

ardbegdrum

ttbonline.gov

今年は6月1日に設定されているアードベッグ・デイの限定ボトルは、ラムカスクフィニッシュの「アードベッグ ドラム(Ardbeg Drum)」となるようだ。
1964年から1967年にアードベッグのマスター・ディスティラーだったハミッシュ・スコット(Hamish Scott)氏が、ラムを生産するガイアナのダイアモンド蒸溜所でも同職を務めていた経歴にちなんだもので、バーボンカスクで熟成させた原酒をラムカスクでフィニッシュさせている。
アルコール度数は46%で、例年通りであればアードベッグ・デイ当日より発売開始となる。

またアードベッグの会員「コミッティー」向けカスクストレングス版は3月5日より発売される。

「グレンドロナック マスターヴィンテージ 1993」リリース

glendronach1993

source : masterofmalt.com

グレンドロナックより1993年ヴィンテージのオロロソシェリーカスクとPXシェリーカスクのみを使用したシングル・モルト「グレンドロナック マスター・ヴィンテージ 1993(GlenDronach Master Vintage 1993)」が発売される。

1993年はグレンドロナック人気のヴィンテージで、これまで多くの1993ヴィンテージのシングル・カスク・ウイスキーがリリースされているが、複数樽をヴァッティングしたシングル・ヴィンテージとしてのリリースはこれが初めてではないかと思われる。

熟成年数は25年、アルコール度数は48.2%、英国での価格は£250。

GlenDronach Debuts Master Vintage 1993 | Scotchwhisky.com