月別アーカイブ: 2019年3月

ワールド・ウイスキー・アワード 2019 結果発表

英ウイスキー・マガジン(Whisky Magazine)が主催するワールド・ウイスキー・アワード(World Whiskies Awards / WWA) 2019各部門受賞ウイスキーが発表された。
結果は以下の通り。

ワールド・ベスト・ブレンデッド | World’s Best Blended
「響 21年」

ワールド・ベスト・ブレンデッド・モルト | World’s Best Blended Malt
「竹鶴 25年」

ワールド・ベスト・ブレンデッド・リミテッドリリース | World’s Best Blended Limited Release
「イチローズモルト&グレーン リミテッドエディション 2019」

ワールド・ベスト・シングル・モルト | World’s Best Single Malt
「ティーリング・ウイスキー 24年 ヴィンテージ・リザーブ(Teeling Whiskey Aged 24 Years Vintage Reserve)」(アイルランド)

ワールド・ベスト・シングル・カスク・シングル・モルト | World’s Best Single Cask Single Malt
「サリヴァンズ・コーヴ TD0217(Sullivans Cove French Oak Single Cask TD0217)」(オーストラリア)

ワールド・ベスト・グレーン | World’s Best Grain
「富士御殿場蒸溜所 25年 Small Batch」

ワールド・ベスト・バーボン | World’s Best Bourbon
「フォアローゼス スモールバッチ リミテッド・エディション 2018(For Roses Small Batch Limited Edition 2018 130th Anniversary)」(アメリカ)

ワールド・ベスト・ライ | World’s Best Rye
「ストーク・クラブ・ウイスキー(Stork Club Whisky)」(ドイツ)

ワールド・ベスト・コーン | World’s Best Corn
「アイロンルート・リパブリック アイロンルート・ヒュブリス(Ironroot Republic Ironroot Hubris)」(アメリカ)

ワールド・ベスト・ウィート | World’s Best Wheat
「ベインブリッジ バトル・ポイント トゥー・アイランズ 北海道ミズナラカスク(Bainbridge Battle Point Two Hokkaido Mizunara Cask Wheat Whiskey)」(アメリカ)

ワールド・ベスト・テネシー・ウイスキー | World’s Tennessee Wheat
「アンクル・ニアレスト 1858 プレミアム・ウイスキー(Uncle Nearest 1858 Premium Whiskey)」(アメリカ)

ワールド・ベスト・ポット・スティル | World’s Best Pot Still
「パワーズ シングル・カスク 14年 テンプル・バー(Power’s Single Cask Release Aged 14 Years for The Temple Bar)」(アイルランド)

ワールド・ベスト・カナディアン・ブレンデッド | World’s Best Canadian Blended
「J・P・ワイザーズ 35年(J.P. Wiser’s 35 Years Old)」(カナダ)

ワールド・ベスト・フレーバード・ウイスキー | World’s Best Flavoured Whisky
ヘリテージ ブラウン・シュガー・バーボン(Heritage Distilling Company Brown Sugar Bourbon)」(アメリカ)

ワールド・ベスト・ニューメイク | World’s Best New Make
「スタウニング・ウイスキー キュリオス ピート・スモークド・モルテッド・ライ ニューメイク(Stauning Whisky Curious Peat Smoked Malted Rye New Make)」(デンマーク)

ワールド・ベスト・ウイスキー・デザイン | World’s Best Whisky Design
「トマーティン 30年(Tomatin 30 )」(スコットランド)

日本製ウイスキーは見事に4部門で受賞を果たしている(昨年は3部門)。
日本代表としてエントリーしたが、惜しくも受賞を逃したのは「白州 25年」(シングルモルト部門、昨年受賞)、「シングルカスク駒ヶ岳 1990 27年 #1040」(シングルカスク・シングルモルト部門)、「嘉之助 ニューポット」(ニューメイク部門)の3本。

World Whiskies Awards 2019 Winners

 

広告

「ハイランドパーク ツイステッドタトゥー」リリース

twistedtattoo

source : highlandparkwhisky.com

ハイランド・パークより、リオハワインカスクを使用したシングル・モルト・ウイスキー「ハイランド・パーク ツイステッド・タトゥー 16年(Highland Park Twisted Tattoo 16 Year Old)」がリリースされた。
スペイン産リオハワインカスク153樽とファーストフィルバーボンカスク70樽でそれぞれ熟成させた原酒をヴァッティングしたもので、ボトルにはデンマークのタトゥーアーティスト、コリン・デール(Colin Dale)氏とのコラボレーションによるデザインが施されている。
アルコール度数は46.7%、英国での価格は£80。

Highland Park Twisted Tattoo Released | Scotchwhisky.com
Twisted Tattoo 16 Year Old | Highland Park

「ブルックラディ アイラバーレイ 2011」国内リリース

islaybarley2011

source : bruichladdich.com

ブルックラディより、アイラ島産の大麦のみを原料に使用した「アイラ・バーレイ」シリーズ第6弾となる「ブルックラディ アイラ・バーレイ 2011」が発売される。

この「アイラ・バーレイ 2011」は、アイラ島の西部と中心部の6つの農場で2010年に収穫された大麦を2011年に蒸溜したもので、3種の樽でそれぞれ熟成された原酒をヴァッティング、6ヶ月間寝かせた後ボトリングされている。
樽構成の詳細は、75%がファーストフィルアメリカンウイスキーカスク、10%がファーストフィルリヴサルトワインカスク、残る15%がソーテルヌ及びオーストラリア産スイートワインカスクのセカンドまたはサードフィルのものとなっている。
アルコール度数50%、容量700ml、価格税別6,500円で4月1日発売。

シングルモルト・スコッチウイスキー「ブルックラディ アイラ・バーレイ2011」数量限定発売のご案内 | PR TIMES

2019年4-6月 国内リリース一覧

アサヒビール 「グレンドロナック 15年」他、輸入ウイスキー4点新発売

brownforman

source : asahibeer.co.jp

アサヒビールは新たに以下の4銘柄を輸入ウイスキーのラインナップに加える。

グレンドロナック 15年 リバイバル
2015年に休売となった後、英国では昨年秋より販売が再開されていたもの。オロロソシェリーカスクのみを使用した休売前のものとは樽構成が変更されており、オロロソシェリーに加えてPXシェリーカスクも使用されている。
アルコール度数46%、容量700ml、価格はオープン価格で参考小売価格税別10,800円。

ベンリアック 12年 シェリーウッド
こちらも数年間休売となっていたもので、グレンドロナックと同じく海外では昨年秋に販売が再開されていた。オロロソシェリーとPXシェリーカスク使用。
46%、700ml、オープン価格、参考小売価格税別6,300円。

ブッシュミルズ シングルモルト 12年
オロロソシェリーカスクとバーボンカスクでそれぞれ熟成させた原酒をヴァッティング、マルサラワインカスクでフィニッシュしたもの。
40%、700ml、オープン価格、参考小売価格税別4,500円。

ウッドフォード・リザーブ ライ
ウッドフォードリザーブが2015年より販売するライ・ウイスキー。マッシュビルのライ麦の使用比率が53%と一般的なライ・ウイスキーに比べて低くなっている。
アルコール度数45%、容量750ml、オープン価格、参考小売価格税別4,300円。

全て3月26日発売。

スコッチ、アイリッシュ、ライウイスキーの4アイテム 『グレンドロナック 15年』『ベンリアック 12年 シェリーウッド』 『ブッシュミルズ シングルモルト 12年』『ウッドフォードリザーブ ライ』 3月26日(火)に発売し、輸入ウイスキーポートフォリオを拡充 | アサヒビール

「ブッシュミルズ 12年」は蒸溜所限定で発売されているものと良く似たラベル・スペックですが、中身が同一の物なのか、また日本限定発売となるのか日本先行発売なのかは不明です。

2019年1-3月 国内リリース一覧

2019年版「スプリングバンク 21年」発売

スプリングバンクより2019年版「スプリングバンク 21年(Springbank Aged 21 Years)」がリリースされた。
「21年」はリリース毎に原酒の構成が異なっており、今年はポートカスク熟成のものが45%、ラムカスク55%となっている。
アルコール度数46%、生産本数は3,600本。
地元英国では先週末より販売されており、現地での価格は£195前後となっている。

Springbank 21yo – Available Now | Springbank

スペイン産ウイスキー「メンティデロ」誕生

mentidero

source : Facebook@SANTAMANIADestileriaUrbana

スペイン・マドリッドのクラフトディスティラリー、サンタマニア蒸溜所(Santamanía Destileria Urbana、正確にはサンタマニア・アーバン蒸溜所)より、「メンティデロ(Mentidero)」のブランド名でウイスキー2種が発売される。

シングル・カスク・ウイスキー「メンティデロ G・エディション」は地元産大麦を原料にしたピーテッドモルトから3回蒸溜を経て生まれた原酒を、スペイン産リオハワインカスクで熟成させたもの。

もう一方の「メンティデロ アーキタイプ」は同じく地元産大麦を原料にしたアンピーテッドモルトから作られたもので、リオハワインカスクとPXシェリーカスクでそれぞれ熟成させた原酒をヴァッティングしたシングル・モルト・ウイスキーとなっている。

いずれも熟成年数は4年、アルコール度数40%。
発売時期と価格は今の所不明。

サンタマリア蒸溜所は2013年の設立以来、ジンやウォッカ、ラムなどを販売してきたが、ウイスキーの発売はこれが初めてとなる。

Santamanía Launches Spanish Single Malt Whiskies | The Sprits Business

日本ではほとんど知られていないと思われますが、スペイン産のウイスキーは「メンティデロ」以前から複数存在しており、その内最大のブランドであり半世紀以上の歴史を持つ「DYC」は、2019年現在サントリーの傘下にあります。

マルスモルト「ル・パピヨン」シリーズ 第6弾「イシカゲチョウ」発売

marsbutterfly6

shop-hombo.jp

マルスウイスキーよりシングル・カスクシリーズ「ル・パピヨン」第6弾として、「マルスモルト ル・パピヨン イシカゲチョウ」がリリースされる。
マルス信州蒸溜所で2015年5月に蒸溜、マルス津貫蒸溜所でシェリーバットを使って熟成されていたミディアムピーテッドの原酒を2019年2月にボトリングしたもの。
アルコール度数58%、容量700ml、アウトターン464本で、価格は税別10,000円となっている。

また公式サイトでは、昨年12月と今年1月頃にはそれぞれ流通していた「シングルモルト駒ヶ岳 津貫エイジング Bottled in 2018」と「シングルモルト駒ヶ岳 ダブルセラーズ Bottled in 2019」の発売が改めてアナウンスされている。

マルスモルト ル・パピヨン イシカゲチョウ | 本坊酒造

2019年1-3月 国内リリース一覧