日別アーカイブ: 2020年9月15日

ニッカ、ブレンデッドモルト「セッション」を発売

source : amazon.co.jp

ニッカウヰスキーは、余市・宮城峡両蒸溜所のモルト原酒に加えて、スコットランドに保有するベン・ネヴィス蒸溜所他、スコッチのモルト原酒も使用したブレンデッドモルトウイスキー「セッション」を9月29日より新たに数量限定で発売する。

今後1年間で60万本ほど出荷される予定で、アルコール度数は43%、容量700ml、価格はオープン価格(参考小売価格税別3,800円)。

『ニッカ セッション』9月29日(火)数量限定発売! | アサヒビール
ニッカ セッション | ニッカウヰスキー

2020年7-9月 国内リリース一覧

ニッカのブレンデッド/ブレンデットモルトにベン・ネヴィスが使用されているというのはこれまで公然の秘密であったわけですが、自らベン・ネヴィスの使用を謳った商品はこの「セッション」が初めてになると思われます。
今年3月の「竹鶴 17年」「21年」「25年」の休売をもってラインナップから熟成年数記載の商品が姿消すなど、ニッカでは原酒不足が続いているようですので、この「セッション」の中身はほぼほぼスコッチなのかもしれません。

なおニッカとベンネヴィスの関係についてはWhiskybaseのここに興味深い話が投稿されていたりします。

(9月17日追記)
公式のプレスリリースが発表されましたので、投稿内容を一部修正しました。
どうやらベン・ネヴィス以外のスコッチも使用されているようです。
数量限定となっていますが、今後1年間で60万本も出荷される計画のようですので、ファーストロットを押さえたい方以外は慌ててプレ値で買う必要はなさそうです。