作成者別アーカイブ: 北極生まれ英国育ち

北極生まれ英国育ち について

日本在住。

「ブラックニッカ リッチブレンド コンフォートアロマ」発売

comfortaroma

source : asahibeer.co.jp

ニッカウヰスキーはブラックニッカの限定商品「ブラックニッカ リッチブレンド コンフォートアロマ」を10月16日より発売する。
熟成年数10年超のシェリー樽原酒とリメード樽原酒を使用し、「リッチブレンド」の特徴である芳醇なコクとやわらかな樽香を際立たせた、とするもの。
アルコール度数43%、容量700ml、オープン価格(参考小売価格税別2,000円)。

ブラックニッカ リッチブレンド コンフォートアロマ | ニッカウヰスキー
『ブラックニッカ リッチブレンド コンフォートアロマ』 10月16日(水) 数量限定で新発売 | アサヒビール

2019年10-12月 国内リリース一覧

ニッカ、余市と宮城峡の生産能力を増強

ニッカウヰスキーは65億円を投じて、余市・宮城峡の両蒸溜所の生産能力を2021年までに増強し、2割の増産を目指す。
余市蒸溜所では樽詰め能力の増強や熟成庫を1棟増設するなどのほか、勤務体制を1990年代後半以来となる昼夜2交代制にする。
また、宮城峡蒸溜所にも熟成庫を1棟増設する予定。

この増強により、2025年には過去最高の記録である1983年の出荷量を上回ると見込まれ、2030年には現在終売となっている「余市」「宮城峡」の年数記載有り、いわゆるエイジド物のシングルモルトと、出荷制限となっているブレンデッドモルト「竹鶴」のエイジド物の販売や出荷を再開できる見通し。

世界的なウイスキーの需要拡大に対応するため、ウイスキーの生産を手掛けるサントリーやキリンなどの国内各社は相次いで生産能力の増強を図っており、ニッカも2015年からそれまで休眠中だった宮城峡蒸溜所の一部施設を再稼働させるなどして生産増強を行っている。

ニッカ、ウイスキー2割増産 30年にも原酒不足解消 | 日本経済新聞

「アードベッグ スーパーノヴァ」第5弾発売

596e67becad038e253bac2cbcf133234

source : scotchwhisky.com

アードベッグが2009年より不定期に発売するヘビリーピーテッドウイスキー「スーパーノヴァ」シリーズ5本目となる「アードベッグ スーパーノヴァ 2019 コミッティー・リリース (Ardbeg Supernova Comittee SN2019 Release)」が、今月2日にアードベッグ・コミッティーの会員向けに販売された。
バーボンカスク熟成の原酒のみを使用しており、アルコール度数は53.8%、価格は£140。

なお、日本でも同日に発売されたが、国内では業務市場のみへの出荷となるようだ。

Ardbeg Supernova Returns with 2019 Edition | Scotchwhisky.com
Ardbeg Supernova | Ardbeg

2019年10-12月 国内リリース一覧

「マッカラン エディション No.5」発売

MAC_EDITION_No5_Details-5_0

source : themacallan.com

マッカランより、エディションシリーズ第5弾となる「マッカラン エディション No.5」が発売された。
色見本帳で有名な米パントン社にインスピレーションを得て、原酒の色にフォーカスを当てたもので、パッケージには使用された5種の原酒それぞれのパントンナンバー(色番号)が記載されている。
アルコール度数は48.5%、容量700ml、英国での価格は£92で、今月より販売が開始されている。

Macallan Reveals Colour Focused Edition No.5 | Scotchwhisky.com
The Macallan Edition No.5 | The Macallan

MAC-2019-Ed-No.5-Social-Content-03c-Lifestyle-26

source : themacallan.com

パッケージにはマッカランのウイスキーメーカーとパントン社のヴァイスプレジデント、2名の女性からのメッセージが記載されており、またPR用の写真などから、明言はされていないものの「No.5」は「女性」をテーマの1つにしているように見受けられます。

嘉之助蒸溜所 ニューボーン第2弾発売

special_newborn2019_001

source : kanosuke.com

嘉之助蒸溜所より、ニューボーン第2弾となる「KANOSUKE NEW BORN 2019」が発売される。
イギリス産モルトを原料に、バーボンカスクで16ヶ月熟成させたもの。
アルコール度数はカスクストレングスの57%、容量200ml、価格税別3,200円で、今月下旬より全国で販売される。

NEW BORN 2019 | 嘉之助蒸溜所

2019年10-12月 国内リリース一覧

「マッカラン エディション No.4」国内発売

edition4

source : suntory.co.jp

昨年の5月に英国他海外で発売されていた、マッカラン・エディションシリーズ第4弾「マッカラン エディション No.4 (The Macallan Edition No.4)」が国内でもようやく発売される。
昨年オープンしたマッカランの新蒸溜所にインスパアされ、ウイスキーの構造に焦点を当てたもので、木材、大きさなどの異なる7種の樽でそれぞれ熟成させた原酒をヴァッティングしている。
アルコール度数は48.4%、価格は税別18,000円で、発売日は9月24日。

なお、海外ではシリーズ第5弾「エディション No.5」が間もなく発売される。

「ザ・マッカラン エディション No.4」数量限定新発売 | サントリー

2019年7-9月 国内リリース一覧

アラン、パッケージデザインを一新。蒸溜所を「ロックランザ」へ改名。

newarran

source : arranwhisky.com

アイル・オブ・アラン・ディスティラーズがシングルモルト「アラン・モルト」のブランドロゴとパッケージデザインを一新、商品名を「アラン・シングル・モルト」に改め、2つの新商品を定番ラインに加えた。

新商品の1つ「アラン・シングル・モルト バレル・リザーブ (Arran Single Malt Barrel Reserve)」はバーボンバレルのみを用いたNASのウイスキーで、定番ライン中最も低価格に設定されている。
アルコール度数は43%、英国での価格は£32.99。

もう1つの「アラン・シングル・モルト シェリー・カスク ザ・ボデガ (Sherry Cask The Bodega)」は、シェリーホグスヘッドのみを使用した同じくNASのウイスキー。
カスクストレングスとなるアルコール度数55.8%でボトリングされ、価格は£54.99となっている。

新たなデザインは、バカルディ、ジム・ビーム、コンパスボックスなどが販売するウイスキーを初めとして、数多くの酒類のパッケージデザイン手掛けるロンドンのデザイン会社、ストレンジャー&ストレンジャーによるもの。
上記2本に加え、既存の「10年」と「クォーター・カスク ザ・ボシー」のデザインもリニューアルされており、これら4本は今週16日より英国初めヨーロッパで販売が開始されている。
続いて来月10月には新たな「18年」と、新デザインに改められた「21年」も発売される予定。

また、新たなロゴとボトルには「ロックランザ蒸溜所 (Lochranza Distillery)」と記載されており、今の所明確なアナウンスは無いものの、現在の「アイル・オブ・アラン蒸溜所」から呼称が変更されるようだ。
アラン・ディスティラーズはアラン島第2の蒸溜所「ラッグ蒸溜所」を2016年より稼働しており、同蒸溜所のシングル・モルトの市場投入も近いと思われるので、2蒸溜所の混同を避けるための措置だと推測される。
なお「ロックランザ」「ラッグ」は共にそれぞれの蒸溜所が所在する地名から。

A Breath of Fresh Arran | Isle of Arran Distillers

「BLACK LAGOON」ラベルウイスキー、第2弾発売

blacklagoon

source : pal-shop.jp

小学館が運営する通信販売・大人の逸品より、広江礼威氏の漫画「BLACK LAGOON」がデザインされた限定ウイスキー2種が発売される。

アードモア 1997 21年 レヴィラベル」は限定本数292本、アルコール度数50.4%、容量700ml、価格税別22,000円。
レダイグ 2007 12年 ラグーン商会ラベル」は限定本数177本、アルコール度数52.9%、容量700ml、価格は税別15,000円となっている。
いずれも明日9月19日正午より大人の逸品ウェブサイトで発売される。

「BLACK LAGOON」ラベルのウイスキーは2017年にも発売されており、今回は2度目のリリースとなる。

BLACK LAGOONラベル シングルモルトウイスキー | 大人の逸品

2019年7-9月 国内リリース一覧

ロイヤルサルート 新商品3種リリース

maltandlost

モルトブレンドとロストブレンド  source : royalsalute.com

ロイヤルサルートが新たに2種のウイスキーを定番商品に加えている。
また、1種の限定ウイスキーを年内に限定する。

新たな定番商品の1つ「ロイヤルサルート 21年 モルトブレンド (Royal Salute 21 Year Old The Malt Blend)」は、スコットランドの5地域から集められた21種以上のシングル・モルトを使用する、ロイヤルサルート初のブレンデッド・モルト・ウイスキー。
原酒の熟成年数は21〜25年、アルコール度数は40%。
現在英国初め複数の国で販売されており、日本では10月15日から発売されるようだ
国内での販売価格は税別21,000円。

もう1つの「ロイヤルサルート 21年 ロストブレンド (Royal Salute 21 Year Old The Lost Blend)」は、閉鎖蒸溜所であるインペリアル、キャパドニック、ダンバートン(グレーン)の原酒を使用するブレンデッド・ウイスキー。
原酒の熟成年数は21〜27年、アルコール度数は40%で、キャパドニックの原酒はピーテッドとアンピーテッドの両方のタイプの物が使用されている。
こちらは免税店市場向け商品となり、今年5月にシンガポール・チャンギ空港で先行発売された後、7月頃より世界各国の空港内免税店でも販売されている。価格はUS$165。

snow

スノー・ポロ・エディション  source : amazon.co.jp

また、ロイヤルサルートが2017年からリリースする限定シリーズ「ポロ・エディション」第3弾「ロイヤルサルート 21年 スノー・ポロ・エディション (Royal Salute 21 Year Old The Snow Polo Edition)」も年内に発売される。
同ブランド初のブレンデッド・グレーン・ウイスキーとなり、日本では11月8日に発売される模様。他国での発売時期は不明。
アルコール度数46.5%で、国内での価格は税別20,000円となっている。

Royal Salute Adds New 21 Year Olds to Range | Scotchwhisky.com
Royal Salute Adds Two New Blends to Its Permanent Line of Ultra-Luxury Whiskies | Forbes.com
ローヤルサルート21年 ブレンデッドグレーン [ ウイスキー イギリス 700ml ] [ギフトBox入り] | Amazon.co.jp
ロイヤルサルート公式サイト: royalsalute.com

2019年10-12月 国内リリース一覧

「グレンアラヒー 15年」リリース

glenallachie15

source : theglenallachie.com

グレンアラヒーは新たに「グレンアラヒー 15年」を発売した。
昨年リリースされた「12年」など4種の商品に次ぐ5つ目の定番商品となる。
熟成にはオロロソシェリーとPXシェリーのパンチョン及びホグスヘッドを使用、アルコール度数46%、英国での価格は£62.99(約8,300円)となっている。

グレンアラヒーの商品は地域限定の物を除けば全て日本でも正規販売されているため、この「15年」も遠からず国内で発売されるものと思われる。

GlenAllachie 15 Year Old Joins Core Range | Scotchwhisky.com
Release of the Glenallachie 15 Year Old | The GlenAllachie

「ク・ボカン」リニューアル 焼酎カスクの使用も

image-asset

source : cu-bocan.com

トマーティン蒸溜所は、ピーテッドウイスキーレンジ「ク・ボカン (Cù Bòcan)」を実験的ラインとしてリブランドし、新たに3種のウイスキーをリリースした。

ク・ボカン シグネチャー (Cù Bòcan Signature)」はバーボン、オロロソシェリー、ノースアメリカンヴァージンオークの3種のカスクによる熟成8年超の原酒をヴァッティングしたもの。
NAS、アルコール度数46%、価格は£45。

ク・ボカン クリエーション #1 (Cù Bòcan Creation #1)」はスコットランドのオーガニックブルワリー、ブラック・アイルのインペリアルスタウトカスクで5年8ヶ月かけてフィニッシュした原酒28%と、ポルトガルのワイナリー、バカリョア社のモスカテル・デ・セトゥーバル(フォーティファイド)カスクで3年10ヶ月フィニッシュした原酒72%をヴァッティングしたもの。
NAS、46%、£60。

ク・ボカン クリエーション #2 (Cù Bòcan Creation #2)」は日本の焼酎カスクで6年11ヶ月フィニッシュした原酒84%と、ヨーロピアンオーク製ヴァージンカスクによる原酒16%をヴァッティングしたもの。
NAS、46%、£60。

英国ではいずれも先月より販売されている。

なお「クリエーション #2」に使用される焼酎カスクの提供元は明記されていないが、トマーティン蒸溜所は現在日本の宝酒造の傘下にあるため、宝酒造の樽が使用されたのではないかと思われる。
また、旧製品はミディアム・ピーテッドとされていたが、新「ク・ボカン」ではライトリー・ピーテッドと表現されている。

Cù Bòcan Relaunches with Trio of New Malts | Scotchwhisky.com
Cù Bòcan Unlocks the Unusual with an Experimental Rebrand | Cù Bòcan

(2020年7月追記)
一部記事を加筆修正しました。
この3本は国内でも今年6月〜7月にかけて順次発売されています。
「クリエーション」2種はそれぞれ国内では180本限定となっているようですので、確保はお早めに。

グレンアラヒー、フィニッシュウイスキー3種を発売

glenallachie_woodfinishes

source : theglenallachie.com

グレンアラヒーより、初となるフィニッシュ・ウイスキー3種が限定リリースされた。

グレンアラヒー 8年 コーヴァル・ライ・クオーター・カスク・ウッド・フィニッシュ
バーボンバレルで熟成させた後、シカゴのクラフトディスティラリー・コーヴァルのオーガニック・ライ・ウイスキーに使用されたクオーターカスクでフィニッシュしたもの。
アルコール度数48%、価格£54.99

グレンアラヒー 10年 ポート・ウッド・フィニッシュ
バーボンバレルで熟成後、北ポルトガル産のヴィンテージ・ルビーポートパイプでフィニッシュしたもの。
アルコール度数48%、価格£54.99

グレンアラヒー 12年 ペドロヒメネス・シェリー・ウッド・フィニッシュ
バーボンバレルで熟成後、PXシェリーパンチョンでフィニッシュしたもの。
アルコール度数48%、価格£58.99

英国では7月に発売されており、日本でも「10年 ポート・ウッド・フィニッシュ」と「12年 PXシェリー・ウッド・フィニッシュ」の2種が今週より販売されている。
価格はどちらも税込で7,000円台のようだ。

GlenAllachie Unveils First Wood Finish Range | Scotchwhisky.com
The GlenAllachie Wood Finish Range | The GlenAllachie

2019年7-9月 国内リリース一覧

2匹目のドジョウなるか ディアジオ、「ウォーキング・デッド」コラボバーボンを発売

walkingdead

source : thewalkingdeadbourbon.com

ディアジオは、ドラマ化され大人気となったグラフィックノベル「ウォーキング・デッド」とのコラボレーションによるバーボン「ザ・ウォーキング・デッド ケンタッキー・ストレート・バーボン (The Walking Dead Kentucky Straight Bourbon)」を発売する。
これは「ウォーキング・デッド」の出版元である米スカイバウンド・エンターテイメント社との協同によりリリースされる「スピリッツ・オブ・ザ・アポカリプス」シリーズの第1弾となるもの。
使用原酒の熟成年数は最低4年、アルコール度数47%、価格US$35で、ドラマ「ウォーキング・デッド」のシーズン10の放映開始に合わせて今年10月より発売される。

ディアジオは2018年7月〜2019年6月期の売上高を前期比5.8%増、営業利益を9.5%増としており、この増収増益には昨年後半にディアジオが発売した、米HBOの人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」とのコラボ商品「ホワイトウォーカー by ジョニーウォカー」と「ゲーム・オブ・スローンズ シングル・モルト・コレクション」(日本未発売)が大きく貢献した。
果たして「ウォーキング・デッド」は「ゲーム・オブ・スローンズ」に次ぐヒット商品となるだろうか。

The Walking Dead Bourbon Whiskey is Approaching | Forbes.com
ザ・ウォーキング・デッド バーボン公式サイト: thewalkingdeadbourbon.com

「カバラン コンサートマスター シェリーフィニッシュ」リリース

Kavalan-Concertmaster-Sherry-Finish

source : thespiritsbusiness.com

カバランより「カバラン コンサートマスター シェリーフィニッシュ (Kavalan Concertmaster Sherry Finish)」がリリースされた。
リフィルカスクで熟成の後、アメリカンオーク製シェリーシーズニングカスクでフィニッシュしたもので、アルコール度数40%でボトリングされている。
地元台湾では今週より販売されており、今後各国でも発売される予定。

なお「シェリーフィニッシュ」は「コンサートマスター」シリーズとしては2本目のウイスキーとなるが、シリーズ1本目「ポートカスクフィニッシュ」のリリースから既に10年近くが経過している。

Kavalan Adds Sherry Cask-Finished Whisky to Concertmaster Line | The Spirits Business
Kavalan’s First Whisky of 2019 is Here, And It’s A Sherry-Finished Delight | Forbes.com

欧米限定「ラフロイグ 16年」発売

Laphroaig-16-Year-Old

source : thespiritsbusiness.com

ラフロイグは、ヨーロッパのAmazon及びアメリカの一部小売店向けに限定商品「ラフロイグ 16年 (Laphroaig 16 Year Old)」を今月10日にリリースする。
使用カスクはバーボンカスク、アルコール度数は48%、生産本数は11,900本。
英国内の価格は£89で、イギリスやドイツのAmazonではすでに予約受付が開始されている。

ラフロイグが「16年」表記のボトルがリリースするのは、2015年に免税市場向けにリリースされた蒸溜所200周年記念商品以来、2度目。

Laphroaig Unveils Limited Edition 16-Year-Old Whisky | The Spirits Business
Amazon Exclusive Laphroaig 16 Year Old | Laphroaig

清酒酵母使用 「愛知クラフトウイスキー キヨス」発売

kiyosu5

source : onikoroshi.co.jp

清酒「鬼ころし」などで有名な愛知県・清洲桜醸造より、ブレンデッド・ウイスキー「愛知クラフトウイスキー キヨス」がリリースされた。
モルト原酒には発酵過程に日本酒の酒蔵ならではの清酒酵母を使用、グレーン原酒には厳選した大麦のみを用い、地下貯蔵庫で5年間熟成させたもの。
アルコール度数45%、容量500ml、価格は税別3,000円。
9月4日現在、公式オンラインショップでは販売されていないが、愛知県の一部酒販店で販売されている

愛知クラフトウイスキー キヨス | 清洲桜醸造株式会社

公式サイトやパッケージには樫樽熟成と記載されていますが、正確には楢樽だと思われます。
英語のオーク(Oak)は日本語で言う常緑樹の樫(カシ)と落葉樹の楢(ナラ)を指し、この内ウイスキーやワインなどの樽に利用されるアメリカンオーク、ヨーロピアンオーク、ミズナラなどは全て「楢」なのですが、日本では古くから’Oak’の訳語に全て「樫」を当ててきた経緯があり、国内の酒造会社などでは未だ「樫樽」という単語が広く使用されています。
なお、英語で樫のみを指す場合は’Live Oak’もしくは’Evergreen Oak’となります。

2019年7-9月 国内リリース一覧

ヴァイキング・レジェンド完結編 「ハイランド・パーク ヴァルファーザー」発売

Blog-post-1-header-image-Valfather-landscape-bottle-shot--1280x640

source : highlandparkwhisky.com

ハイランド・パークが2017年よりリリースしてきた「ヴァイキング・レジェンド」の3本目にしてシリーズ最終ボトルとなる「ハイランド・パーク ヴァルファーザー(Highland Park Valfather)」が発売された。
北欧神話の最高神・オーディンをモチーフとしており、ハイランド・パークの現在のラインナップの中では、ピーテッドモルトの使用比率が最も高いものになるという。
使用カスクはリフィルカスク、アルコール度数は47%、英国での価格は£60となっている。

第1弾「ヴァルキリー」、第2弾「ヴァルクヌート」ともに国内で正規販売されているため、この「ヴァルファーザー」もいずれ日本でも発売されるものと思われる。

A Whisky Inspired by Odin | Highland Park

「グレンモーレンジィ キンタ・ルバン 14年」国内リリース

quinta_ruban_14

source : prtimes.jp

グレンモーレンジィより、ポートカスクフィニッシュウイスキー「グレンモーレンジィ キンタ・ルバン 14年」が本日発売される。
旧商品「キンタ・ルバン 12年」の後継として今年5月に欧州で発売されていたもので、熟成年数が引き上げられた他、パッケージデザインもリニューアルされている。
アルコール度数は「12年」と同じく46%、価格は税別7,800円。

また、同じエクストラマチュアードシリーズの他2本もリニューアルされる予定で、ソーテルヌカスクフィニッシュの「ネクター・ドール 12年」は熟成年数の表記が廃止され、「ネクター・ドール」として11月6日に、シェリーカスクフィニッシュの「ラサンタ 12年」はパッケージデザインのみ変更されたものが12月中にそれぞれ新たに発売される。
価格は「ラサンタ」が税別6,800円、「ネクター・ドール」が税別8,500円、どちらもアルコール度数の変更は無い。

新商品/追加熟成のパイオニアによる新たな味わい『GLENMORANGIE QUINTA RUBAN 14年(グレンモーレンジィ キンタ・ルバン 14年 ポートカスク フィニッシュ)』 | PR TIMES

2019年7-9月 国内リリース一覧
2019年10-12月 国内リリース一覧

「オクトモア 10年 サードエディション」国内発売

octmore10_3rd

source : bruichladdich.com

ブルックラディ蒸溜所のスーパーヘビリーピーテッドウイスキー「オクトモア 10年 サードエディション」が本日より国内でも発売される。
原料には2007年にスコットランド国内で収穫された大麦を100%使用し、2008年に蒸溜、ポート、コニャック、アメリカンウイスキー、ヴァージンの4種の樽を使って10年熟成させた原酒によるもの。
樽の使用比率はファーストフィルポートパイプ37%、ファーストフィルコニャックカスク31%、セカンドフィルアメリカンウイスキーカスク20%で、残り12%の原酒には最初の3年をファーストフィルアメリカンウイスキーカスク、次の2年をヴァージンカスク、最後の6年をアメリカンウイスキーカスクで熟成させるという複雑な工程が取られている。
フェノール値167PPM、アルコール度数56.8%、生産本数は世界全体で限定12,000本。
国内での価格は税別20,000円となっている。

アイラ・シングルモルト・スコッチウイスキー「オクトモア10年」発売のご案内 | PR TIMES
Octomore Ten Years Dialogos | Bruichladdich

2019年7-9月 国内リリース一覧

ウッドフォードリザーブ、ウィートウイスキーをリリース

Wheat_v4-Chairs-w_-Cocktail

source : woodfordreserve.com

ウッドフォード・リザーブは今夏より、ウィート・ウイスキー「ウッドフォード・リザーブ ケンタッキー・ストレート・ウィート・ウイスキー(Woodford Reserve Kentucky Straight Wheat Whiskey)」を定番ラインナップに加えている。

「ウィート(小麦)・ウイスキー」は原料となるマッシュに使用される穀物の内、小麦の比率が51%以上の(そしてチャーした新樽で熟成させた)ウイスキーとアメリカのウイスキー法で定義されるものだが、現在この種のウイスキーを定番商品として生産する蒸溜所は非常に限られている。
「ウッドフォード・リザーブ ウィート・ウイスキー」のマッシュビルは古いレシピを元にしたもので、ウィート52%・モルト20%・コーン20%・ライ8%。
アルコール度数は90.4プルーフ(45.2%)、価格はUS$35。

ウッドフォード・リザーブはトウモロコシが51%以上と定められたバーボンの他、ライ麦が51%以上のライ・ウイスキー、大麦(モルト)が51%以上のモルト・ウイスキーを既に定番ラインナップに加えており、連邦ウイスキー法で「ストレート・ウイスキー」のメイン穀物に使用できると定められた4つの穀物によるウイスキー4種を揃えることになる。

Woodford Reserve Announces Kentucky Straight Wheat Whiskey | Forbes
Woodford Reserve Wheat Whiskey | Woodford Reserve