作成者別アーカイブ: 北極生まれ英国育ち

北極生まれ英国育ち について

日本在住。

イーロン・マスク、テキーラ「テスラキーラ」を商標出願

米国のセレブリティ達の参入が相次ぐテキーラ・ビジネスに、IT業界の大物イーロン・マスク氏が参戦するようだ。

これはCNBCが12日、テスラ社が「テスラキーラ(Teslaquila)」の商標登録の申請を行っているとして明らかにしたもので、この報道を受け同日、テスラ社のCEOであるマスク氏はテスラキーラのラベルの写真と共に”Teslaquila coming soon … “とツイートした。

同氏は今年のエイプリルフールに「テスラ社は破綻しました」というネタツイートを行い、自社の株価急落を招いて物議を醸したが、直後の別のネタツイートで「気絶したイーロンの周りにはテスラキーラのボトルが散乱していました」としてテスラキーラに言及していた。

Elon Musk’s Tesla Files for a Trademark Teslaquila | CNBC
イーロン・マスク氏のツイート

広告

「グレンドロナック 15年」復活

glendronach15

source : glendronachdistillery.com

ウイスキー愛好家の間で高い人気を誇ったものの、原酒不足から2015年に休売となっていた「グレンドロナック リバイバル 15年(GlenDronach Revival Aged 15 Years)」の販売が再開された。

今回の販売再開は先月9月にアナウンスされていたもので、それに先立ち8月に蒸溜所で限定的に先行発売されており、今週よりヨーロッパのウイスキー専門店等で正式に販売が開始されている。

2015年以前の物とは原酒構成が変更され、オロロソシェリーカスクに加えてPXシェリーカスク熟成の物も使用されているようだ。
アルコール度数は変わらず46%、英国での価格は£62となっている。

The GlenDronach Marks Return-of Iconic Malt | GlenDronach

Amazon限定ボウモア発売へ

amazonbowmore

source : amazon.co.uk

Amazon.co.ukでAmazon限定となる「ボウモア 19年 フレンチ・オーク・バリック(Bowmore Aged 19 Years French Oak Barrique Limited Edition)」の予約受付が行われている。
シャトー・ラグランジュのファーストフィルフレンチオークバリックで19年間熟成させたもので、これまでワイン樽でフィニッシュさせたウイスキーは何度もリリースされているが、全熟成期間をワイン樽で行ったものはボウモアのオフィシャルリリースとしてはこれが初となる。
アルコール度数48.9%、容量700ml、価格£129で、残念ながら日本への発送はできない。

日本のAmazonでは同じサントリー傘下のグレン・ギリーの限定ウイスキーの予約受付を昨日より行っている他、メーカーズ・マークの限定商品もこれまでに2度発売している(2度目のリリースは現在予約受付中)。
また昨年発売された「ジョニーウォーカー ブラックラベル ディレクターズカット」は日本、イギリス、ドイツではAmazonでの専売商品としてリリースされており、今後こういったAmazon限定のウイスキーは増える物と予想される。

Bowmore 19 Year Old French Oak Islay Single Malt Scotch Whisky | Amazon.co.uk

Amazonウイスキーフェスティバル開催、限定グレンギリー予約受付中

1141012_wine_whiskeyfestival_ftf_cg_992x515

source : amazon.co.jp

Amazon.co.jpAmazonウイスキーフェスティバルなるイベントが開催されている。
開催期間は本日から10月31日までで、Amazonによれば「人気銘柄が数量限定で登場する特別な2週間」だということ。

またフェスティバルに合わせてAmazon限定ウイスキー「グレン・ギリー 1997 20年 シングルカスク」の予約受付も行われている。
カスクタイプはファーストフィルバーボンバレル、アルコール度数約51%、容量700ml、価格税込29,700円、限定約180本で、商品の出荷は12月11日以降となるようだ。

Amazonウイスキーフェスティバル

「ラフロイグ 28年」リリース

ラフロイグより「ラフロイグ 28年(Laphroaig 28 Years Old)」がリリースされた。

クォーターカスク、バーボンバレル、シェリーバットでそれぞれ熟成された原酒をヴァッティング後、シェリーカスクで1年間再度熟成されたもので、昨年発売された「27年」に続くハイエンドの限定ラフロイグとなる。
本国英国でのリリースはまだのようだが、今年8月末にドイツで先行リリースされており、今月より米国でも販売が開始される。
アルコール度数は44.4%、米国での価格は750mlでUS$799となっている。

Laphroaig 28 Year Old Debuts in-US | The Spirits Business

サントリー、純米ウォッカ「HAKU」を米国でリリース

haku

source : suntory.com

ビームサントリーは北米市場でジャパニーズ・クラフト・ウォッカと銘打たれたウォッカ「HAKU(白)」をリリースした。

原料には100%白米を使用し、サントリーがウイスキーにも用いる竹炭による濾過が行われている。
昨年日本を含むアジア及びヨーロッパ市場でリリースされたジャパニーズ・クラフト・ジン「ROKU」に次ぐ商品で、今回北米市場ではこれら2商品が同時にリリースされた。
「HAKU」はアルコール度数40%で、北米での価格は750mlでUS$27.99となっている。

ジャパニーズ・ウイスキーが世界中で高い人気を誇る中、看板商品の休売を決定する程の原酒不足に陥るサントリーにとって、熟成期間を要しないジンやウォッカなどのスピリッツの開発・販売は苦肉の策であったとも言えるが、先に発売された「ROKU」は今のところ順調に売上を伸ばしているようだ。
同じく原酒不足に陥るニッカも、昨年「ニッカ カフェジン」と「カフェウォッカ」を発売している。

The House of Suntory Introduces ROKU™ GIN and HAKU® VODKA | Beam Suntory
HAKU公式サイト: hakuvodka.suntory.com

マッカラン、免税店向け新シリーズ「コンセプト」リリース開始

Macallan-Concept-No1

source : thespiritsbusiness.com

マッカランは新たな免税店市場向けシリーズ「コンセプト(Concept)」のリリースを開始する。

このシリーズでは既存のウイスキー造りの常識を破壊するとして実験的なウイスキーがリリースされる予定で、シュルレアリスムにインスピレーションを得たシリーズ第1弾「マッカラン コンセプト No.1(Macallan Concept No. 1)」は、バーボンカスクで熟成した原酒をシェリーカスクで後熟させるという多くの蒸溜所で行われる工程を逆にした、シェリーカスク熟成原酒をバーボンカスクでフィニッシュしたウイスキーとなっている。

「コンセプト No.1」はアルコール度数40%、価格US$125、限定本数はおよそ84,000本で、まず今年12月1日よりドバイ国際空港で先行発売され、次いで来年1月より世界中の空港免税店で発売される。

Macallan Aims to ‘Break the Norm’ with Concept Series | The Spirits Business

2018年 免税店リリース一覧