カテゴリー別アーカイブ: 新発売(2018)

2018年に新規に発売された商品。

ドバイ空港免税店35周年記念グレンリベット発売

b3da82323ccda6b588608c78a65cf9b3

source : scotchwhisky.com

ドバイ国際空港内の免税店開店35周年を記念して「グレンリベット 35年 ドバイ免税店限定エディション(The Glenlivet 35 Years Old Dubai Duty Free Exclusive Edition)」がリリースされた。

ドバイ空港免税店での限定販売で価格はUS$10,000、限定本数は年数と同じ35本となっている。
なおグレンリベットがオフィシャルに熟成年数表記35年のウイスキーをリリースするのはこれが初めて。

The Glenlivet Launches 35 Year Old for $10k | Scotchwhisky.com

2018年 免税店リリース一覧

広告

レッドスポット復活

redspot

source : spotwhiskey.com

アイルランドのワイン商ミッチェル・アンド・サン(Mitchell & Son)が販売するスポット・ウイスキーの最上位として過去にラインナップされていたものの、1960年代を最後に姿を消していた「レッド・スポット(Red Spot)」が半世紀ぶりに復活した。

新生「レッド・スポット 15年」は旧ジェムソン・ボウ・ストリート蒸溜所で生産されていたオリジナルのレシピを元に、ミドルトン蒸溜所で三回蒸溜を経て造られた原酒を使用したシングル・ポット・スチル・ウイスキーで、熟成にはバーボンカスク、オロロソシェリーカスク、マルサラワインカスクの3種が使用されている。
アルコール度数は46%、既にアイルランドでは€115で販売が開始されており、来年1月よりアメリカ、イギリス、フランス及び各国の免税店市場でも発売される。

20世紀初頭に誕生したスポットウイスキーにはレッド・スポットの他ブルー(熟成年数7年)、グリーン(10年)、イエロー(12年)が存在したが、ブルーとイエローはレッドと同じく20世紀半ばに原酒不足やシェリーカスクの高騰などから終売となり、長らくグリーン・スポットのみが存続していた。
近年のアイリッシュ・ウイスキーの復権を受け、ミッチェル・アンド・サンはレッド・スポットに先駆け2012年にイエロー・スポットを復活させている。
なお、元々は熟成年数10年の表記がなされていたグリーン・スポットは現在ではNASとして販売されており、使用原酒の熟成年数は7年〜10年だとされている為、ブルー・スポットはグリーンへ統合されたとも言える。

Red Spot Irish Whiskey Makes Return | Scotchwhisky.com
Redspot | Spot Whiskeys

 

わたせせいぞう氏デザインラベルのグレンバーギー発売

ippinn

source : pal-shop.jp

小学館が運営する通信販売、大人の逸品より新たな限定ウイスキー「グレンバーギ 1998 19年 わたせせいぞう・ワンダーカクテルラベル」が発売されている。

Precious.jpで「ワンダーカクテル」を連載するわたせせいぞう氏のオリジナルイラストがデザインされたシングル・モルト・ウイスキーで、アルコール度数は58.4%、価格税込16,200円、限定本数246本となっている。

わたせせいぞう・ワンダーカクテルラベル・グレンバーギ1998 | 大人の逸品

2018年下半期 国内リリース一覧

チャールズ皇太子へ贈られたウイスキー、抽選販売へ

6a0578299dfa7be0a7cea987dc5b02ac

source : scotchwhisky.com

ヴィクトリア女王とアルバート公のロイヤル・ロッホナガー蒸溜所訪問140周年を記念し、1988年にチャールズ皇太子へ贈られた一樽からのウイスキーが、「ロイヤル・ロッホナガー 1988 30年(Royal Lochnagar 1988 Aged 30 Years)」として抽選により一般へ販売される。

チャールズ皇太子の70歳の誕生日である今年の11月14日にボトリングされたシングル・カスク・ウイスキーで、カスクナンバーは1129、カスクタイプはリフィルアメリカンオークホグズヘッド、アルコール度数は52.4%。

売上は全て、歴史的景観を保存した都市開発などを目的にチャールズ皇太子により設立された財団(Prince’s Foundation)へ寄付される予定で、アウトターン206本の内184本が12月31日よりウイスキーエクスチェンジ(The Whisky Exchange)のオンラインサイトで抽選販売される。価格は£1,470。
また別の1本がオークションサイトwhisky.auctionで来年2月3日から開催されるオークションへ出品される。
残る21本の内1本はロイヤル・ロッホナガー蒸溜所のオーナーであるディアジオのアーカイブへ収蔵され、20本は将来の財団の財源の為に確保されるという。

Prince Charles Whisky to be Sold via Ballot | Scotchwhisky.com

ボウモア、ヒースロー空港限定シングルカスクリリース

bowmore1997

source : dufry.com

ビームサントリーは免税店大手のデュフリー(Dufry/スイス)との提携により、「ボウモア 1997 20年(Bowmore 1997 20 Years old)」をリリースする。
限定198本のシングル・シェリー・カスク・ウイスキーで、アルコール度数は51.2%、容量700ml、価格は£295(約42,500円)。
ヒースロー空港のターミナル2〜5で営業するワールド・オブ・ウイスキー(World of Whiskies)で来月12月7日より発売される。

Beam Suntory and World Duty Free Partner for Limited Edition Bowmore® 1997 Single Cask Release | Dufry

長濱蒸溜所、ブレンデッドモルト「AMAHAGAN」リリース

amahagan

source : romanbeer.com/nagahama-distillery

2016年より操業する滋賀県・長濱蒸溜所より、ブレンデッド・モルト・ウイスキー「AMAHAGAN(アマハガン) World Malt Edition No.1」がリリースされる。
海外のモルトウイスキーに同蒸溜所のモルト原酒をブレンドしたもので、アルコール度数47%、ノンチルフィタードでボトリングされ、容量700ml、価格は税別4,900円。
来月12月4日より発売される。

AMAHAGAN | 長濱蒸溜所

2018年下半期 国内リリース一覧

スプリングバンク「ローカルバーレイ 9年」リリース

localbarley9

source : thewhiskyexchange.com

スプリングバンクより新生ローカルバーレイ第4弾となる「スプリングバンク ローカルバーレイ 9年(Springbank Local Barley Aged 9 Years)」がリリースされている。
キャンベルタウンの南に位置するハイ・キャタデール農場で生産されたオプティック・バーレイのみを使用しており、熟成にはバーボンカスク80%、シェリーカスクが20%の割合で用いられている。
アルコール度数は57.7%、限定本数9,700本、英国での価格は£86。
昨年の「ローカルバーレイ 10年」に次ぐリリースで、ローカルバーレイシリーズは来年リリースされる予定の第5弾をもって完結となる予定。

この他、3rdバッチになると思われる「キルケラン 8年 カスクストレングス (Kilkerran Aged 8 Yars Cask Strangth)」も同時にリリースされている。
バーボンカスクによる熟成でアルコール度数は56.5%、価格は£48となっている。

Springbank 9yo Local Barley | Springbank