カテゴリー別アーカイブ: ジャパニーズ・ウイスキー

日本で生産されるウイスキーです。

マルス ル・パピヨン第7弾「ギフチョウ」リリース

mars

source : shop-hombo.co.jp

マルスウイスキーより、ウイスキーの熟成環境を日本の蝶で表現するシングルカスクシリーズ「ル・パピヨン」第7弾となる「マルスモルト ル・パピヨン ギフチョウ」がリリースされている。
マルス信州蒸溜所で2013年に蒸溜されたライトリーピーテッド原酒をアメリカンホワイトオークカスクで6年間熟成させたもので、アルコール度数は58%、容量700mlで価格税込12,960円となっている。
今月上旬には流通していたようだが、公式サイトでは先週末にアナウンスされ、公式ショップでは現在抽選販売が行われている
締切は6月27日、抽選本数は不明。

また、先日お伝えした「マルスモルテージ 越百 マンサニージャカスクフィニッシュ」のリリースも同時にアナウンスされており、こちらは公式ショップで1人1本の制限付きで販売されている。
価格は税込5,400円。

マルスモルト ル・パピヨン ギフチョウ | 本坊酒造

2019年4-6月 国内リリース一覧

広告

新潟麦酒 シングルモルトの生産を開始 佐渡ヶ島に新蒸溜所の設置も

新潟県の地ビール製造会社・新潟麦酒は、新潟市内で建設を進めていた蒸溜所で今月中にもシングル・モルト・ウイスキーの生産を開始する。
また同県佐渡市にも、同市で産業廃棄物のリサイクルなどを行う環境保全事業と連携して新たな蒸溜所を設置し、今年9月には生産を開始するという。
佐渡市に新設される蒸溜所では佐渡産の大麦を原料とする予定で、熟成は当面新潟市内の蒸溜所で行うものの、将来的には佐渡市内に設置する熟成庫で行う。
新潟麦酒は昨年秋よりウイスキー事業へ参入しており、現在は輸入原酒を使用したブレンデッド/ブレンデッド・モルト・ウイスキー「越ノ忍」の製造・販売を行っている。

新潟県では、新潟市で「新潟亀田蒸溜所」が同県の印章製造販売会社・大谷などの出資により2020年のウイスキー生産開始を目指して建設中の他、日本酒・八海山で知られる同県南魚沼市の八海醸造が北海道ニセコ町に蒸溜所を建設中など、にわかにウイスキー造りの気運が高まっている。

新潟麦酒、佐渡にウイスキー蒸留所 地元産大麦を使用 | 日本経済新聞

マルスウイスキー、マンサニージャカスクフィニッシュの「越百」を限定リリース

マルスウイスキーより、「マルス・モルテージ 越百 マンサニージャ・カスク・フィニッシュ」が限定リリースされている。
公式アナウンスは無いものの数日前より一部酒販店で流通しており、希望価格は税別5,000円程度だと思われる。
アルコール度数は42%、容量700ml。限定本数などは現在のところ不明。

2019年4-6月 国内リリース一覧

詳しい情報が分かり次第この投稿は更新する予定です。

ニッカ「ブラックニッカ ディープブレンド ナイトクルーズ」を限定発売

nightcruise

source : amazon.co.jp

ニッカは「ブラックニッカ」の限定商品「ブラックニッカ ディープブレンド ナイトクルーズ」を5月28日より発売する。
通常の「ディープブレンド」をベースに、新樽で年数10年以上熟成させた余市ヘビーピーテッドモルトとバーボン樽熟成の宮城峡カフェグレーンを使用し、「ディープブレンド」の特徴であるピートの余韻を際立たせたブレンドだとする。
アルコール度数45%、容量700mlでオープン価格(参考小売価格税別2,000円)となっている。

『ブラックニッカ ディープブレンド ナイトクルーズ』 5月28日(火)数量限定で新発売! | アサヒビール

(5月7日に投稿後、同月10日に公式アナウンスがあったため、投稿の内容を一部修正しました。)

2019年4-6月 国内リリース一覧

「シングルモルト駒ヶ岳 屋久島エージング Bottled in 2019」リリース

yakushima2019

source : hombo.co.jp

本坊酒造より「シングルモルト駒ヶ岳 屋久島エージング Bottled in 2019」がリリースされている。
2015年にマルス信州蒸溜所で蒸溜され、屋久島エージングセラーで熟成された原酒によるもので、シェリーカスク熟成のもを主体にヴァッティングされている。

アルコール度数は58%、限定本数1,760本、価格は税別9,000円。
今月より酒販店等で販売されている他、公式オンラインショップでは現在抽選販売がおこなわている。
抽選締切は4月24日午前9時、抽選本数は不明。

シングルモルト駒ヶ岳 屋久島エージング Bottled in 2019 | 本坊酒造

2019年4-6月 国内リリース一覧

マルスモルト「ル・パピヨン」シリーズ 第6弾「イシカゲチョウ」発売

marsbutterfly6

shop-hombo.jp

マルスウイスキーよりシングル・カスクシリーズ「ル・パピヨン」第6弾として、「マルスモルト ル・パピヨン イシカゲチョウ」がリリースされる。
マルス信州蒸溜所で2015年5月に蒸溜、マルス津貫蒸溜所でシェリーバットを使って熟成されていたミディアムピーテッドの原酒を2019年2月にボトリングしたもの。
アルコール度数58%、容量700ml、アウトターン464本で、価格は税別10,000円となっている。

また公式サイトでは、昨年12月と今年1月頃にはそれぞれ流通していた「シングルモルト駒ヶ岳 津貫エイジング Bottled in 2018」と「シングルモルト駒ヶ岳 ダブルセラーズ Bottled in 2019」の発売が改めてアナウンスされている。

マルスモルト ル・パピヨン イシカゲチョウ | 本坊酒造

2019年1-3月 国内リリース一覧

ニッカ 「ザ・ニッカ 12年」「カフェグレーン」「カフェモルト」を休売へ

nikka12

ザ・ニッカ 12年  source : amazon.co.jp

ニッカは「ザ・ニッカ 12年」「カフェグレーン」「カフェモルト」の出荷を停止する。
具体的な停止時期は不明だが、既に多くの酒販店で取扱い終了となっているようだ。

「カフェグレーン」「カフェモルト」は一時的な停止だとされているが、「ザ・ニッカ 12年」については後継商品としてNASのブレンデッド・ウイスキー「ザ・ニッカ テーラード」の発売が4月3日に予定されている為、このまま終売となる可能性も高いと思われる。
この休売により、ニッカウヰスキーのラインナップ中、熟成年数が表記された商品は「竹鶴」ブランドの物のみとなる。

ザ・ニッカ | ニッカウヰスキー

昨日発表された余市と宮城峡の「リミテッドエディション2019」の発売と同じく、昨年末から出回っていた情報です。
こちらは今のところプレスリリースは出ていませんが、「ザ・ニッカ」の公式ページが出来上がっていたのと、Forbes.comの記事中で言及されていたので、投稿しました。