カテゴリー別アーカイブ: アイランズ

アラン ついに21年物を定番ラインナップへ

arran21

アイル・オブ・アラン蒸溜所は新たに「アラン 21年(The Arran Malt Aged 21 Years)」をコアアレンジに加え発売した。

シェリーカスクとバーボンカスクでそれぞれ熟成された原酒を使用、アルコール度数は46%で、英国での価格は£115(約16,000円)となっている。
スモールバッチ制となり、今回は9,000本が出荷、次回の出荷は来年の冬が予定されている。

1993年にアラン島に設立され、1995年より蒸溜を行うアイル・アブ・アラン蒸溜所は近年の蒸溜所新設ブームの先駆けとも言える存在で、これまでシングル・カスクなどでは21年物のリリースを行ってはいたものの、定番商品としてはこのリリースが初めてとなる。
また来年には同じ島内に姉妹蒸溜所となるラッグ(Lagg)蒸溜所がオープンする予定。

Arran 21 Year Old Single Malt | Isle of Arran Distillers

広告

ウイスキーエクスチェンジのブラックフライデー限定ボトル、今年は1時間で完売

blackfriday2018

source : thewhiskyexchange.com

英国の大手ウイスキー専門店ウイスキー・エクスチェンジ(The Whisky Exchange / TWE)が、昨年に引き続きブラックフライデー限定ボトルを現地時間11月23日午前6時(日本時間同日15時)より販売、今年は1時間余りで完売となった。
昨年は582本限定のシングル・カスク・ウイスキーが1人3本まで購入できたこともあり、販売開始からものの十数分で売り切れてしまったが、今年1,400本が用意され、購入制限も1人2本に設定されていたので、昨年SNSで散見されたようなTWEへの苦情も無く、無事にイベント終了となったようだ。

Black Friday 2018 Edition“は1999ヴィンテージ18年熟成のオークニー諸島所在の蒸溜所のシングル・モルト・ウイスキーで、アルコール度数はカスクストレングスの54.6%、価格は£69.95だった。

Black Friday Orkney 1999 / 18 Year Old | The Whisky Exchange

ゴルゴ13ラベル再び 大人の逸品より限定ウイスキー4種発売

小学館が運営する通信販売、大人の逸品より新たに4種の限定ウイスキーが発売された。

レダイグ 2005 12年 笑ゥせぇるすまんラベル」は藤子不二雄Ⓐ氏が創造した「笑ゥせぇるすまん」こと喪黒福造の誕生50周年を記念したボトル。
アルコール度数58.6%、容量700ml、価格税込15,120円で、限定本数は636本。

「スペイサイド・リージョン 1979 38年 ゴルゴ13ラベル」はゴルゴ13連載50周年記念ウイスキー第2弾の1つで、蒸溜所名は非公表だが、ピーティーでトロピカルなスペイサイドモルトだとされている
アルコール度数43.4%、容量700ml、価格税込51,300円、限定本数175本。
同じく連載50周年記念第2弾となる「シングル・スペイサイド 1992 25年 ゴルゴ13ラベル」も蒸溜所名非公表ながら、1824年に初めて政府の認可を受けたスペイサイドの蒸溜所の物だと明らかにされている。
こちらはアルコール度数51.3%、容量700ml、価格税込24,840円、限定本数258本。

あかし 2015 3年 サケカスク ゴーストラベル」はステファン・ヴァン・エイケン氏の著作「WHISKY RISING」日本語版の出版を記念したもので、原著の刊行以来リリースされているゴースト・シリーズ第9弾となる。
アルコール度数61.5%、容量500ml、価格は税込9,800円、限定本数500本となっている。

スペシャルウイスキー | 大人の逸品

2018年下半期 国内リリース一覧

「ハイランドパーク フルボリューム」国内リリース

fullvolume

source : highlandparkwhisky.com

昨年海外でリリースされたハイランド・パーク フルボリューム」が本日より国内でも数量限定で販売される。

1999年ビンテージのバーボンカスク熟成原酒のみで構成され、音楽制作におけるファインチューニングになぞらえたブレンディングを行ったとする。
アルコール度数47.2%、700ml、価格は税別11,000円となっている。

シングルモルト・スコッチウイスキー ハイランドパーク「フルボリューム」数量限定商品新発売のご案内 | PR Times

2018年下半期 国内リリース一覧

ハイランド・パーク ヴァイキング・レジェンド・シリーズ第2弾「ヴァルクヌート」リリース

d141a54801e723011dfa9218927e03fe

source : scotchwhisky.com

ハイランド・パークより、昨年リリースされた「ヴァルキリー」に続くヴァイキング・レジェンド・シリーズ第2弾となる「ハイランド・パーク ヴァルクヌート(Highland Park Valknut)」がリリースされた。
原料にオークニー諸島で実験的に栽培されている「タータン」と呼ばれる種の大麦を少量使用し、アメリカンオークシェリーカスクで熟成させたシングル・モルト。
NAS、アルコール度数46.8%、価格は£58(約8,500円)で、公式のアナウンスは無いものの既に英国では流通が始まっている。

「ヴァルクヌート」は商品のパッケージにもデザインされる、3つの三角形を組み合わせた古代北欧のシンボルの名称で、戦場で命を落とした戦士を意味するとされる。

ヴァイキング・レジェンドは全3本になると予告されており、最後の1本となる「ヴァルファーザー(Valfather / 北欧神話の主神オーディンの別名)」は来年リリースされる予定。

Highland Park Valknut Joins Legends Series | Scotchwhisky.com

ハイランド・パーク、免税店市場に新商品4種投入

hptr

source : highlandparkwhisky.com

ハイランド・パークより新たに免税店向け新商品4種が発売される。

ハイランド・パーク スピリット・オブ・ザ・ベアー(Highland Park Sprit of the Bear)」はアメリカンオークシェリーカスクで熟成された原酒を主に使用した物。
NAS、アルコール度数40%、容量は1リットル、価格£44(約6,400円)。
これまでハイランド・パークが免税店市場に投入してきた、1リットルサイズのシングルビンテージ・シングルモルトの後継になる商品だと思われる。

ハイランド・パーク 14年 ロイヤリティ・オブ・ザ・ウルフ(Highland Park 14 Year Old Loyalty of the Wolf)」はアメリカンオークシェリーカスクとバーボンバレルで熟成した原酒による物。
度数42.3%、容量1リットル、価格£65(約8,300円)。

ハイランド・パーク 16年 ウィング・オブ・ザ・イーグル(Highland Park Wing of the Eagle)」はアメリカンオークとヨーロピアンオークのシェリーカスク熟成原酒のみを使用した物。
度数44.5%、容量700ml、価格£79(約11,500円)。

上記3種の免税店オリジナル商品に加え、「ハイランド・パーク 18年 バイキング・プライド トラベル・エディション(Highland Park 18 Year Old Viking Pride Travel Edition)」も発売される。
これは各国国内市場で販売されている「18年」を度数46%でボトリングした物(通常は43%)。
容量は700ml、価格£100(約14,500円)となっている。

オリジナル商品3点は既にヨーロッパ市場へ投入されており、「18年」も今夏中に流通するようだ。
アジア・中東市場では9月、北南米では12月からの販売が予定されている。

Highland Park Range Invokes Spirit Animals | Scotchwhisky.com
The Beasts are Here! | Highland Park

2018年 免税店向けリリース一覧

「ハイランド・パーク ザ・ライト 17年」国内リリース

857db776559f5dbddec4be5f2bb02104

source : scotchwhisky.com

今年5月に英国でリリースされた「ハイランド・パーク ザ・ライト 17年」が、来月8月20日より国内でも販売される。
蒸溜所が所在するオークニー諸島の春夏をイメージしたシングル・モルトで、バーボンカスクのみによる構成。
昨年リリースされた(日本では今年3月)「ザ・ダーク 17年」と対になるもの。
アルコール度数52.9%、容量700ml、希望小売価格税別29,000円で、限定本数は世界全体で28,000本となっている。

シングルモルト・スコッチウイスキー ハイランドパーク 「ザ・ライト 17年」数量限定商品新発売のご案内 | PR TIMES
The Light 17 Year Old | Highland Park

2018年下半期 国内リリース一覧