カテゴリー別アーカイブ: アイラ

ディアジオ、8本セット270万円のウイスキーコレクション「プリマ&ウルティマ」を発売

Prima-Ultima-whisky

source : thespiritsbusiness.com

英ディアジオよりシングルモルトウイスキーのハイエンドコレクション「プリマ&ウルティマ (Prima & Ultima)」のリリースが開始される。
ファースト・リリースとなるのは以下の8種で、熟成年数は25年〜48年、いずれもラベルと化粧箱は白を基調としたデザインで統一されている。

モートラック 1994 25年
ファーストフィルPXシーズンドバット、ファーストフィルオロロソシェリーシーズンドバット / アルコール度数55% / 生産本数389本

クライヌリッシュ 1993 26年
リフィルアメリカンオークカスク / 49.8% / 941本

ラガヴーリン 1991 28年
リフィルアメリカンオークホグスヘッド / 50.1% / 1,013本

シングルトン・オブ・ダフタウン 1988 30年
リフィルアメリカンオークカスク(3樽) / 48.8% / 469本

タリスカー 1988 31年
リフィルアメリカンオークカスク(6樽) / 51.4% / 721本

カリラ 1984 35年
リフィルヨーロピアンオークバット(シングルカスク#5773) / 50.8% / 499本

ポート・エレン 1979 40年
リフィルヨーロピアンオークバット(シングルカスク#6422) / 51.2% / 436本

クラガンモア 1971 48年
ファーストフィルシェリーバット(シングルカスク#2301) / 43.7% / 352本

容量はすべて700ml。
上記8種の内それぞれ238本はセット販売される予定で、特製の冊子と8種それぞれの20mlサイズのサンプルが付属し、価格は£20,000(税込、およそ268万円)となっている。
購入希望者はこちらのサイトから事前登録を行う必要がある。受付開始は7月22日。

また各ボトルナンバー1のセットは、来月8月26日より開催されるサザビーズのオークションへ出品される。

8種個別の価格は現時点では不明。

Diageo Unveils Prima & Ultima Whisky Collection | The Spirits Business
Prima & Ultima | Brought to you by Diageo / Bloomberg

 

諸事情により昨年末より殆ど更新できておりません。
サイトにご登録いただいている方には本当に申し訳無く思っております。。。
細々と更新するつもりですので、気が向いたら覗いていただけると嬉しいです。

ディアジオ・スペシャル・リリース2019 販売開始

sr-image.png

source : diageo.com

ディアジオが年に1度リリースする限定ウイスキーシリーズ、ディアジオ・スペシャル・リリースが今年も発売された。
今年は全てシングル・モルト・ウイスキーとなり、「レア・バイ・ネイチャー (Rare by Nature)」のテーマの元、各ウイスキーのラベルに共通のデザインを施す同リリースとしては初の試みも行われている。
リリース内容は以下の8本。

カーデュ 14年 (Cardhu 14 Year Old)
アモンティリャード・シェリー・ホグスヘッドで2年後熟。アルコール度数55%。

クラガンモア 12年 (Cragganmore 12 Year Old)
ピーテッド原酒を使用、リフィルアメリカンオークカスクで熟成。58.4%。

ダルウィニー 30年 (Dalwhinnie 30-Year-Old)
リフィルホグスヘッドとシェリーバットを使用。54.7%。

ラガヴーリン 12年 (Lagavulin 12 Year Old)
リフィルアメリカンオークカスクで熟成。56.5%。

モートラック 26年 (Mortlach 26 Year Old)
ファーストフィルのPXとオロロソシェリーカスクを使用。53.3%。

ピティヴァイク 1989 29年 (Pittyvaich 1989 29 Year Old)
PXシェリーとオロロソシェリーカスクで熟成。51.4%。

タリスカー 15年 (Talisker 15 Year Old)
チャードアメリカンオークホグスヘッドで熟成。57.3%。

シングルトン・オブ・グレン・オード 18年 (The Singleton of Glen Ord 18 Year Old)
チャードアメリカンオークホグスヘッドで熟成。55%。

例年通りであれば、日本での発売は来年となる。

2019 Special Releases Collection Unveiled | Diageo

シリーズコンプを目指される方は、「シングルトン」は個人輸入で確保された方がいいかもしれません。
恐らく日本では同ブランドの販売をMHDではなくキリンビールが手掛けている関係から、リリース2018ではシングルトンのみ国内販売がありませんでした。

ラフロイグが紡ぐ2つの物語 イアン・ハンターとベシー・ウィリアムソン

Laphroaig-Ian-Hunter

source : thespiritsbusiness.com

ラフロイグより、前世紀における同蒸溜所の著名な功労者2人の名前を冠したハイエンドウイスキー2種が発売されている。

1つめは「ラフロイグ 30年 イアン・ハンター・ストーリー ブック1: ユニーク・キャラクター (Laphroaig 30 Year Old The Ian Hunter Story Book 1: Unique Character)」。
イアン・ハンターは20世紀前半に蒸溜所の支配人(後に兼オーナー)を務め、苦難の時代にあって蒸溜所を守り抜いたラフロイグ最大の功労者とも言える人物。
また最後の創業家出身のオーナーとなった人物でもある。
今回発売されたのは全15本(!)となるシリーズの第1本目で、ブック型のケースに収納される。
使用カスクはファーストフィルバーボンバレル、アルコール度数46.7%でボトリングされており、生産本数は4,800本。
英国での価格は£700(約96,000円)で、現地では今月上旬より販売されている。
他国での販売予定は今の所不明。

Laphroaig-Bessie-Williamson

source : thespiritsbusiness.com

2つめの「ラフロイグ 25年 ベシー・ウィリアムソン・ストーリー (Laphroaig 25 Year Old The Bessie Williamson Story)」は、イアン・ハンターの後を継いだエリザベス(ベシー)・ウィリアムソンに捧げられるもの。
彼女は元はイアンの秘書を務めていた人物で、イアンに蒸溜所を託され、20世紀中にスコットランドのウイスキー蒸溜所でオーナーと支配人を兼任した唯一の女性となった。
「イアン・ハンター・ストーリー」と同様のブック型ケースに収められているが、こちらはシリーズではなく、免税店市場向けの単発でのリリースとなる。
使用カスクはリフィルアメリカンオークホグスヘッドとリフィルバレル、アルコール度数43%で、価格は£410(約56,000円)。

Laphroaig Series Honours Founding Family | The Spirits Business
Laphroaig Honours Bessie Williamson with 25YO Whisky | The Spirits Business

2019年 免税店リリース一覧

「アードベッグ スーパーノヴァ」第5弾発売

596e67becad038e253bac2cbcf133234

source : scotchwhisky.com

アードベッグが2009年より不定期に発売するヘビリーピーテッドウイスキー「スーパーノヴァ」シリーズ5本目となる「アードベッグ スーパーノヴァ 2019 コミッティー・リリース (Ardbeg Supernova Comittee SN2019 Release)」が、今月2日にアードベッグ・コミッティーの会員向けに販売された。
バーボンカスク熟成の原酒のみを使用しており、アルコール度数は53.8%、価格は£140。

なお、日本でも同日に発売されたが、国内では業務市場のみへの出荷となるようだ。

Ardbeg Supernova Returns with 2019 Edition | Scotchwhisky.com
Ardbeg Supernova | Ardbeg

2019年10-12月 国内リリース一覧

欧米限定「ラフロイグ 16年」発売

Laphroaig-16-Year-Old

source : thespiritsbusiness.com

ラフロイグは、ヨーロッパのAmazon及びアメリカの一部小売店向けに限定商品「ラフロイグ 16年 (Laphroaig 16 Year Old)」を今月10日にリリースする。
使用カスクはバーボンカスク、アルコール度数は48%、生産本数は11,900本。
英国内の価格は£89で、イギリスやドイツのAmazonではすでに予約受付が開始されている。

ラフロイグが「16年」表記のボトルがリリースするのは、2015年に免税市場向けにリリースされた蒸溜所200周年記念商品以来、2度目。

Laphroaig Unveils Limited Edition 16-Year-Old Whisky | The Spirits Business
Amazon Exclusive Laphroaig 16 Year Old | Laphroaig

「オクトモア 10年 サードエディション」国内発売

octmore10_3rd

source : bruichladdich.com

ブルックラディ蒸溜所のスーパーヘビリーピーテッドウイスキー「オクトモア 10年 サードエディション」が本日より国内でも発売される。
原料には2007年にスコットランド国内で収穫された大麦を100%使用し、2008年に蒸溜、ポート、コニャック、アメリカンウイスキー、ヴァージンの4種の樽を使って10年熟成させた原酒によるもの。
樽の使用比率はファーストフィルポートパイプ37%、ファーストフィルコニャックカスク31%、セカンドフィルアメリカンウイスキーカスク20%で、残り12%の原酒には最初の3年をファーストフィルアメリカンウイスキーカスク、次の2年をヴァージンカスク、最後の6年をアメリカンウイスキーカスクで熟成させるという複雑な工程が取られている。
フェノール値167PPM、アルコール度数56.8%、生産本数は世界全体で限定12,000本。
国内での価格は税別20,000円となっている。

アイラ・シングルモルト・スコッチウイスキー「オクトモア10年」発売のご案内 | PR TIMES
Octomore Ten Years Dialogos | Bruichladdich

2019年7-9月 国内リリース一覧

「ラガヴーリン 10年」免税店市場向けに新発売

f52a128682e8b82cb08d99c9fd568c12

source : scotchwhisky.com

ラガヴーリンが免税店市場向け商品として新たに「ラガヴーリン 10年(Lagavulin Aged 10 Years)」をリリースした。
これはワールド・デューティー・フリー(World Duty Free)など2千店舗を超える免税店を世界で展開する、スイスのDufry社へ独占供給されるもので、今年の5月末に開催されたアイラ・フェスティバルでお披露目されていた。

使用カスクはリフィルカスク、バーボンカスク、ニューリー・チャード・リジュベネーテッド(newly charred rejuvenated)カスクの3種で、アルコール度数は43%、価格£50となっている。

Lagavulin 10 Touches Down in Duty Free | Scotchwhisky.com

2019年 免税店リリース一覧

中国限定「ボウモア 36年 ドラゴンエディション」発売

bowmoredragon

source : beamsuntory.com

ボウモアは「四神(青龍・朱雀・白虎・玄武)」をテーマにした中国市場向けシリーズのリリースを開始、青龍をモチーフとした第1弾「ボウモア 36年 ドラゴン・エディション(Bowmore 30 Years Old Dragon Edition)」が今月発売された。
またこの「ドラゴン・エディション」は、2012年に発売された「ボウモア 30年 シー・ドラゴン」へのオマージュともなっており、原酒も「シー・ドラゴン」に使用された物と同じ、ボウモア最古の熟成庫ヴォルトNo.1で熟成されているシェリーカスク群からの物で構成されている。
アルコール度数は51.8%、価格はUSドル換算で$2,000、生産本数は888本となっている。

Bowmore Dragon Edition Honours Rare Whisky | Scotchwhisky.com
Bowmore® Unveils 36-Year-Old Dragon Edition, The First Release in a New Chinese Exclusive Series | BeamSuntory

「アードベッグ トリー・バン 19年」リリース

traighbhan

source : primes.jp

アードベッグより新たな定番商品「アードベッグ トリー・バン 19年(Ardbeg Traigh Bhan 19 Years Old)」がリリースされる。
「トリー・バン」はアイラ島北西にある鳴き砂で有名な海岸の名前から取られたもので、ゲール語で「歌う砂」を意味する。

スモールバッチによる毎年のリリースとなる予定で、ラベルには蒸溜年とボトリング年、使用カスクなどに加えてボトリング時の天候も記載する楽しい試みも行われている。
ファーストバッチとなる今回は2000年3月1〜15日蒸溜、2019年ボトリング、使用カスクはアメリカンオークとオロロソシェリーカスク、ボトリング時の天候は嵐、となっている。
アルコール度数は46.2%、価格税別21,000円で、9月3日より全国の百貨店や酒類専門店で販売される。

アイラ島の歌う砂が奏でる、希少な19年熟成『ARDBEG TRIAGH BHAN 19 Years Old』2019年9月3日(火)から新発売! | PR TIMES

米TTB(アルコール・タバコ税貿易管理局)への登録情報から今年の2月にはリリースが判明していたボトルですが、公式アナウンスは上記リンクの日本向けの物が最初となったようです。

2019年7-9月 国内リリース一覧

富嶽三十六景ラベルのブナハーブン発売

takashimaya

source : takashimaya.co.jp

高島屋より日本橋高島屋改装オープンを記念して、葛飾北斎の富嶽三十六景の1枚「江戸日本橋」がラベルにデザインされた「ブナハーブン 2003 14年 日本橋高島屋限定ボトル」が発売されている。
シェリーバット熟成でアルコール度数は57%、容量700ml、価格税別12,000円。

昨年モルトヤマから発売された「ブナハーブン 2003 モルトヤマ5周年記念ボトル」とスペック及びボトリング業者(アベイヒル社)が同一の為、シスターカスクもしくは同じ樽からのボトリングだと思われる。

【日本橋高島屋限定】14年 日本橋高島屋限定ボトル | 高島屋オンラインストア

2019年7-9月 国内リリース一覧

ブナハーブン、ディーンストン、トバモリー 限定ウイスキーを発売

distell2019

source : distellmalts.com

南ア・ディステル(Distell)社傘下のスコットランド3蒸溜所、ブナハーブン、トバモリー、ディーンストンより、下記の4ブランド8種の限定ウイスキーがリリースされる。
8種全て英国とヨーロッパ、台湾、免税店市場で販売される他、米国、カナダ、中国でも一部が販売される。

ブナハーブン 1988 ヴィンテージ マルサラ・カスク・フィニッシュ(Bunnahabhain 1988 Vitange Marsara Cask Finish)
アルコール度数47.4% / 英国での価格£450 / 生産本数420本 / 米国、中国へも出荷
ブナハーブン 2007 ポート・パイプ・フィニッシュ(Bunnahabhain 2007 Port Pipe Finish)
55.3% / £90 / 275本 / 中国
ブナハーブン 2007 フレンチ・ブランデー・カスク・フィニッシュ(Bunnahabhain 2007 French Brandy Cask Finish)
52.5% / £90 / 570本 / 米国、カナダ

ディーンストン 1997 パロ・コルタド・カスク・フィニッシュ(Deanston 1997 Paro Cortado Cask Finish)
51.8% / £150 / 280本 / 米国、カナダ、中国
ディーンストン 2002 オーガニック・オロロソ・カスク・フィニッシュ(Deanston 2002 Organic Oloroso Cask Finish)
リチャーカスク熟成の原酒を、オーガニックシェリーワインを生産するボデガス・ロブレス(Bodegas Robles)のオロロソシェリーカスクでフィニッシュしたもの。
50.6% / £100 / 528本 / 米国、カナダ、中国
ディーンストン 2006 フィノ・カスク・フィニッシュ(Deanston 2006 Fino Cask Finish)
55% / £65 / 268本 / 中国

トバモリー 1999 19年 マルサラ・カスク・フィニッシュ(Tobermory 1999 Marsara Cask Finish)
55.7% / £130 / 211本 / 米国、カナダ、中国
レダイグ 1997 21年 マンサニーリャ・カスク・フィニッシュ(Ledaig 1997 Manzallina Cask Finish)
52.9% / £160 / 258本 / 米国、カナダ、中国

Distell Unveils 2019 Limited Edition Malts | Scotchwhisky.com
Limited Edition Release | Distell

「サイボーグ009」ラベルシリーズ最終リリース、「ウィリアムソン 2005 13年」発売

009-4

source : acornsquare.jp

エイコーン・リミテッドより「サイボーグ009」ラベルの「ウィリアムソン 2005 13年 石ノ森章太郎生誕80周年記念ボトル」が本日発売された。
今月10日にリリースされた「ディーンストン 1999 19年」に続く石ノ森章太郎氏の生誕80周年記念ラベルウイスキーシリーズの第4弾で、同シリーズのファイナルリリースとなる。
アルコール度数52.7%、限定本数200本で、価格は税込21,384円となっている。

ウィリアムソン 2005 13年 52.7% 700ml 【エイコーン 石ノ森章太郎生誕80周年記念ボトル 第4弾】 | エイコーン・リミテッド (完売後はリンク切れになる可能性があります)

2019年4-6月 国内リリース一覧

「ポートシャーロット MRC:01 2010」国内リリース

MRC

source : prtimes.jp

昨年海外で限定発売されたポート・シャーロット MRC:01 2010」が国内でも発売される。
原料には100%スコットランド産大麦を使用し、ファーストフィルアメリカンウイスキーカスクとセカンドフィルフレンチワインカスクでそれぞれ熟成された原酒を1:1でヴァッティングさせた後、ボルドー左岸の最高級ワイン(公式には明記されていないもののMRC=Mouton Rothchild)のファーストフィルフレンチオークカスクで1年間後熟させたヘビリーピーテッドウイスキー。
アルコール度数59.2%、容量700ml、価格税別12,000円で6月24日発売。
日本での販売本数は不明だが、生産本数は8,000本となっている。

へビリー・ピーテッド アイラ・シングルモルト・スコッチウイスキー「ポートシャーロット MRC : 01 2010」数量限定発売のご案内 | PR Times

2019年4-6月 国内リリース一覧

「ブルックラディ アイラバーレイ 2011」国内リリース

islaybarley2011

source : bruichladdich.com

ブルックラディより、アイラ島産の大麦のみを原料に使用した「アイラ・バーレイ」シリーズ第6弾となる「ブルックラディ アイラ・バーレイ 2011」が発売される。

この「アイラ・バーレイ 2011」は、アイラ島の西部と中心部の6つの農場で2010年に収穫された大麦を2011年に蒸溜したもので、3種の樽でそれぞれ熟成された原酒をヴァッティング、6ヶ月間寝かせた後ボトリングされている。
樽構成の詳細は、75%がファーストフィルアメリカンウイスキーカスク、10%がファーストフィルリヴサルトワインカスク、残る15%がソーテルヌ及びオーストラリア産スイートワインカスクのセカンドまたはサードフィルのものとなっている。
アルコール度数50%、容量700ml、価格税別6,500円で4月1日発売。

シングルモルト・スコッチウイスキー「ブルックラディ アイラ・バーレイ2011」数量限定発売のご案内 | PR TIMES

2019年4-6月 国内リリース一覧

「ラフロイグ クオーターカスク」国内再販

laphroaig4

source : suntory.co.jp

供給不足から2016年を最後に国内での正規販売が途絶えていた「ラフロイグ クオーターカスク」が、数量限定で再販売される。
この「ラフロイグ クオーターカスク」はバーボンバレルで熟成された原酒を、バーボンバレルを組み直して作られた125リットルサイズの樽を使って追加熟成させたもの。
アルコール度数48%、価格税別4,000円で、6月4日販売開始。

「ラフロイグ クオーターカスク」数量限定新発売 | サントリー

ブナハーブン蒸溜所 改築スタート

bunna

source : bunnahabhain.com

スコットランド・アイラ島のブナハーブン蒸溜所で1,050万英ポンド(約15億5千万円)と3年の年月を投じる改築が開始された。

この改築は増え続ける訪問客に対応する為、ビジター施設の充実を主な目的としており、2017年には計画が発表されていた。
現在海岸に面した熟成庫群の撤去が進められており、跡地には2020年中にカフェやショップを備えたブナハーブン湾とアイラ海峡を臨むビジターセンター誕生する予定。
また宿泊用のコテージ6棟の建設も計画されている。
この他に充填施設の新設、既存の生産施設の改装も行われる。

なお、この改築により排出される建材などの廃材の99%は、蒸溜所などでリサイクルされるという。

Bunnahabhain Begins £10.5M Makeover | Scotchwhisky.com
Bunnahabhain Distillery Transformation Begins | Bunnahabhain

語られなかった物語 「ポートエレン 39年」リリース

Port-Ellen-Untold-Stories

source : thespiritsbusiness.com

1983年に閉鎖され、2021年の再稼働を目指して目下再建中のポート・エレン蒸溜所閉鎖前の原酒を使用した「ポート・エレン アントールド・ストーリーズ シリーズ(Port Ellen Untold Stories Series)」のリリースが開始される。

バーボンカスクとヨーロピアンオークリフィルシェリーカスクの原酒を使用したシリーズ第1弾「ポート・エレン 39年 アントールド・ストーリーズ スピリット・セーフ(Port Ellen 39 Years Old Untold Stories The Spirit Safe)」は今年4月に発売の予定。
アルコール度数は50.9%、限定本数は1,500本、英国での価格は£4,500(約66万円)。

ポート・エレンは年に1度リリースされる「ディアジオ スペシャルリリース」の内の1本として長らくラインナップされてきたが、2018年からは同リリースにラインナップされず、独立したシリーズとして発売されるとアナウンスされていた
なおポート・エレンと同じく現在蒸溜所再建中のブローラも同様のリリースが行われるとアナウンスされているため、こちらも近々何らかの発表があると思われる。

Port Ellen 39-Year-Old to Launch Globally | The Spirits Business
Port Ellen Returns in Untold Stories Series | Scotchwhisky.com

今年のアードベッグ・デイ限定ボトルは「アードベッグ ドラム」

ardbegdrum

ttbonline.gov

今年は6月1日に設定されているアードベッグ・デイの限定ボトルは、ラムカスクフィニッシュの「アードベッグ ドラム(Ardbeg Drum)」となるようだ。
1964年から1967年にアードベッグのマスター・ディスティラーだったハミッシュ・スコット(Hamish Scott)氏が、ラムを生産するガイアナのダイアモンド蒸溜所でも同職を務めていた経歴にちなんだもので、バーボンカスクで熟成させた原酒をラムカスクでフィニッシュさせている。
アルコール度数は46%で、例年通りであればアードベッグ・デイ当日より発売開始となる。

またアードベッグの会員「コミッティー」向けカスクストレングス版は3月5日より発売される。

「オクトモア 09.3 アイラ・バーレイ」国内リリース

octomore093

source : bruichladdich.com

先日国内での販売が開始された「オクトモア 09.1 スコティッシュ・バーレイ」に続き、「オクトモア 09.3 アイラ・バーレイ」が3月4日より国内で発売になる。
アイラ島のオクトモア農場で2011年に収穫されたコンチェルト種大麦のみを原料に2012年に蒸溜されたシングル・モルトで、熟成年数は5年、熟成にはファーストフィルアメリカンウイスキーカスク(全体の25%)、サードフィルヴァージンオークカスク(25%)、セカンドフィルリヴザルトワインカスク(20%)、セカンドフィルシラー種ワインカスク(20%)、セカンドフィルバーボンカスク(10%)の5種の樽が用いられている。
アルコール度数は62.9%、容量700ml、価格は税別22,000円。

シングルモルト・スコッチウイスキー「オクトモア 09.3 アイラ・バーレイ」数量限定発売のご案内 | PR Times

2019年1-3月 国内リリース一覧

「オクトモア 09.1」国内販売開始

octomore091

source : bruichladdich.com

昨年夏に英国で発売されたブルックラディ蒸溜所によるスーパーヘビリーピーテッドウイスキー・オクトモアのバッチ9の1つ「オクトモア 09.1 スコティッシュ・バーレイ」が国内でも発売される。
2011年に収穫されたスコットランド産コンチェルト種大麦を原料に2012年に蒸溜、ジムビーム、ジャックダニエルなどのファーストフィルバーボンバレルで5年間熟成させたものとなっている。
59.1% ABV、700ml、限定本数は世界全体で42,000本、希望小売価格税別16,000円で、2月4日より発売開始。
またこの発売に伴い、旧商品「オクトモア 08.1 スコティッシュ・バーレイ」は在庫限りで発売終了となる。

シングルモルト・スコッチウイスキー 「オクトモア 09.1 スコティッシュ・バーレイ」数量限定発売のご案内 | PR TIMES

2019年1-3月 国内リリース一覧