カテゴリー別アーカイブ: アイラ

ラフロイグが紡ぐ2つの物語 イアン・ハンターとベシー・ウィリアムソン

Laphroaig-Ian-Hunter

source : thespiritsbusiness.com

ラフロイグより、前世紀における同蒸溜所の著名な功労者2人の名前を冠したハイエンドウイスキー2種が発売されている。

1つめは「ラフロイグ 30年 イアン・ハンター・ストーリー ブック1: ユニーク・キャラクター (Laphroaig 30 Year Old The Ian Hunter Story Book 1: Unique Character)」。
イアン・ハンターは20世紀前半に蒸溜所の支配人(後に兼オーナー)を務め、苦難の時代にあって蒸溜所を守り抜いたラフロイグ最大の功労者とも言える人物。
また最後の創業家出身のオーナーとなった人物でもある。
今回発売されたのは全15本(!)となるシリーズの第1本目で、ブック型のケースに収納される。
使用カスクはファーストフィルバーボンバレル、アルコール度数46.7%でボトリングされており、生産本数は4,800本。
英国での価格は£700(約96,000円)で、現地では今月上旬より販売されている。
他国での販売予定は今の所不明。

Laphroaig-Bessie-Williamson

source : thespiritsbusiness.com

2つめの「ラフロイグ 25年 ベシー・ウィリアムソン・ストーリー (Laphroaig 25 Year Old The Bessie Williamson Story)」は、イアン・ハンターの後を継いだエリザベス(ベシー)・ウィリアムソンに捧げられるもの。
彼女は元はイアンの秘書を務めていた人物で、イアンに蒸溜所を託され、20世紀中にスコットランドのウイスキー蒸溜所でオーナーと支配人を兼任した唯一の女性となった。
「イアン・ハンター・ストーリー」と同様のブック型ケースに収められているが、こちらはシリーズではなく、免税店市場向けの単発でのリリースとなる。
使用カスクはリフィルアメリカンオークホグスヘッドとリフィルバレル、アルコール度数43%で、価格は£410(約56,000円)。

Laphroaig Series Honours Founding Family | The Spirits Business
Laphroaig Honours Bessie Williamson with 25YO Whisky | The Spirits Business

2019年 免税店リリース一覧

広告

「アードベッグ スーパーノヴァ」第5弾発売

596e67becad038e253bac2cbcf133234

source : scotchwhisky.com

アードベッグが2009年より不定期に発売するヘビリーピーテッドウイスキー「スーパーノヴァ」シリーズ5本目となる「アードベッグ スーパーノヴァ 2019 コミッティー・リリース (Ardbeg Supernova Comittee SN2019 Release)」が、今月2日にアードベッグ・コミッティーの会員向けに販売された。
バーボンカスク熟成の原酒のみを使用しており、アルコール度数は53.8%、価格は£140。

なお、日本でも同日に発売されたが、国内では業務市場のみへの出荷となるようだ。

Ardbeg Supernova Returns with 2019 Edition | Scotchwhisky.com
Ardbeg Supernova | Ardbeg

2019年10-12月 国内リリース一覧

欧米限定「ラフロイグ 16年」発売

Laphroaig-16-Year-Old

source : thespiritsbusiness.com

ラフロイグは、ヨーロッパのAmazon及びアメリカの一部小売店向けに限定商品「ラフロイグ 16年 (Laphroaig 16 Year Old)」を今月10日にリリースする。
使用カスクはバーボンカスク、アルコール度数は48%、生産本数は11,900本。
英国内の価格は£89で、イギリスやドイツのAmazonではすでに予約受付が開始されている。

ラフロイグが「16年」表記のボトルがリリースするのは、2015年に免税市場向けにリリースされた蒸溜所200周年記念商品以来、2度目。

Laphroaig Unveils Limited Edition 16-Year-Old Whisky | The Spirits Business
Amazon Exclusive Laphroaig 16 Year Old | Laphroaig

「オクトモア 10年 サードエディション」国内発売

octmore10_3rd

source : bruichladdich.com

ブルックラディ蒸溜所のスーパーヘビリーピーテッドウイスキー「オクトモア 10年 サードエディション」が本日より国内でも発売される。
原料には2007年にスコットランド国内で収穫された大麦を100%使用し、2008年に蒸溜、ポート、コニャック、アメリカンウイスキー、ヴァージンの4種の樽を使って10年熟成させた原酒によるもの。
樽の使用比率はファーストフィルポートパイプ37%、ファーストフィルコニャックカスク31%、セカンドフィルアメリカンウイスキーカスク20%で、残り12%の原酒には最初の3年をファーストフィルアメリカンウイスキーカスク、次の2年をヴァージンカスク、最後の6年をアメリカンウイスキーカスクで熟成させるという複雑な工程が取られている。
フェノール値167PPM、アルコール度数56.8%、生産本数は世界全体で限定12,000本。
国内での価格は税別20,000円となっている。

アイラ・シングルモルト・スコッチウイスキー「オクトモア10年」発売のご案内 | PR TIMES
Octomore Ten Years Dialogos | Bruichladdich

2019年7-9月 国内リリース一覧

「ラガヴーリン 10年」免税店市場向けに新発売

f52a128682e8b82cb08d99c9fd568c12

source : scotchwhisky.com

ラガヴーリンが免税店市場向け商品として新たに「ラガヴーリン 10年(Lagavulin Aged 10 Years)」をリリースした。
これはワールド・デューティー・フリー(World Duty Free)など2千店舗を超える免税店を世界で展開する、スイスのDufry社へ独占供給されるもので、今年の5月末に開催されたアイラ・フェスティバルでお披露目されていた。

使用カスクはリフィルカスク、バーボンカスク、ニューリー・チャード・リジュベネーテッド(newly charred rejuvenated)カスクの3種で、アルコール度数は43%、価格£50となっている。

Lagavulin 10 Touches Down in Duty Free | Scotchwhisky.com

2019年 免税店リリース一覧

中国限定「ボウモア 36年 ドラゴンエディション」発売

bowmoredragon

source : beamsuntory.com

ボウモアは「四神(青龍・朱雀・白虎・玄武)」をテーマにした中国市場向けシリーズのリリースを開始、青龍をモチーフとした第1弾「ボウモア 36年 ドラゴン・エディション(Bowmore 30 Years Old Dragon Edition)」が今月発売された。
またこの「ドラゴン・エディション」は、2012年に発売された「ボウモア 30年 シー・ドラゴン」へのオマージュともなっており、原酒も「シー・ドラゴン」に使用された物と同じ、ボウモア最古の熟成庫ヴォルトNo.1で熟成されているシェリーカスク群からの物で構成されている。
アルコール度数は51.8%、価格はUSドル換算で$2,000、生産本数は888本となっている。

Bowmore Dragon Edition Honours Rare Whisky | Scotchwhisky.com
Bowmore® Unveils 36-Year-Old Dragon Edition, The First Release in a New Chinese Exclusive Series | BeamSuntory

「アードベッグ トリー・バン 19年」リリース

traighbhan

source : primes.jp

アードベッグより新たな定番商品「アードベッグ トリー・バン 19年(Ardbeg Traigh Bhan 19 Years Old)」がリリースされる。
「トリー・バン」はアイラ島北西にある鳴き砂で有名な海岸の名前から取られたもので、ゲール語で「歌う砂」を意味する。

スモールバッチによる毎年のリリースとなる予定で、ラベルには蒸溜年とボトリング年、使用カスクなどに加えてボトリング時の天候も記載する楽しい試みも行われている。
ファーストバッチとなる今回は2000年3月1〜15日蒸溜、2019年ボトリング、使用カスクはアメリカンオークとオロロソシェリーカスク、ボトリング時の天候は嵐、となっている。
アルコール度数は46.2%、価格税別21,000円で、9月3日より全国の百貨店や酒類専門店で販売される。

アイラ島の歌う砂が奏でる、希少な19年熟成『ARDBEG TRIAGH BHAN 19 Years Old』2019年9月3日(火)から新発売! | PR TIMES

米TTB(アルコール・タバコ税貿易管理局)への登録情報から今年の2月にはリリースが判明していたボトルですが、公式アナウンスは上記リンクの日本向けの物が最初となったようです。

2019年7-9月 国内リリース一覧