カテゴリー別アーカイブ: アイラ

「ブルックラディ アイラバーレイ 2011」国内リリース

islaybarley2011

source : bruichladdich.com

ブルックラディより、アイラ島産の大麦のみを原料に使用した「アイラ・バーレイ」シリーズ第6弾となる「ブルックラディ アイラ・バーレイ 2011」が発売される。

この「アイラ・バーレイ 2011」は、アイラ島の西部と中心部の6つの農場で2010年に収穫された大麦を2011年に蒸溜したもので、3種の樽でそれぞれ熟成された原酒をヴァッティング、6ヶ月間寝かせた後ボトリングされている。
樽構成の詳細は、75%がファーストフィルアメリカンウイスキーカスク、10%がファーストフィルリヴサルトワインカスク、残る15%がソーテルヌ及びオーストラリア産スイートワインカスクのセカンドまたはサードフィルのものとなっている。
アルコール度数50%、容量700ml、価格税別6,500円で4月1日発売。

シングルモルト・スコッチウイスキー「ブルックラディ アイラ・バーレイ2011」数量限定発売のご案内 | PR TIMES

2019年4-6月 国内リリース一覧

広告

「ラフロイグ クオーターカスク」国内再販

laphroaig4

source : suntory.co.jp

供給不足から2016年を最後に国内での正規販売が途絶えていた「ラフロイグ クオーターカスク」が、数量限定で再販売される。
この「ラフロイグ クオーターカスク」はバーボンバレルで熟成された原酒を、バーボンバレルを組み直して作られた125リットルサイズの樽を使って追加熟成させたもの。
アルコール度数48%、価格税別4,000円で、6月4日販売開始。

「ラフロイグ クオーターカスク」数量限定新発売 | サントリー

ブナハーブン蒸溜所 改築スタート

bunna

source : bunnahabhain.com

スコットランド・アイラ島のブナハーブン蒸溜所で1,050万英ポンド(約15億5千万円)と3年の年月を投じる改築が開始された。

この改築は増え続ける訪問客に対応する為、ビジター施設の充実を主な目的としており、2017年には計画が発表されていた。
現在海岸に面した熟成庫群の撤去が進められており、跡地には2020年中にカフェやショップを備えたブナハーブン湾とアイラ海峡を臨むビジターセンター誕生する予定。
また宿泊用のコテージ6棟の建設も計画されている。
この他に充填施設の新設、既存の生産施設の改装も行われる。

なお、この改築により排出される建材などの廃材の99%は、蒸溜所などでリサイクルされるという。

Bunnahabhain Begins £10.5M Makeover | Scotchwhisky.com
Bunnahabhain Distillery Transformation Begins | Bunnahabhain

語られなかった物語 「ポートエレン 39年」リリース

Port-Ellen-Untold-Stories

source : thespiritsbusiness.com

1983年に閉鎖され、2021年の再稼働を目指して目下再建中のポート・エレン蒸溜所閉鎖前の原酒を使用した「ポート・エレン アントールド・ストーリーズ シリーズ(Port Ellen Untold Stories Series)」のリリースが開始される。

バーボンカスクとヨーロピアンオークリフィルシェリーカスクの原酒を使用したシリーズ第1弾「ポート・エレン 39年 アントールド・ストーリーズ スピリット・セーフ(Port Ellen 39 Years Old Untold Stories The Spirit Safe)」は今年4月に発売の予定。
アルコール度数は50.9%、限定本数は1,500本、英国での価格は£4,500(約66万円)。

ポート・エレンは年に1度リリースされる「ディアジオ スペシャルリリース」の内の1本として長らくラインナップされてきたが、2018年からは同リリースにラインナップされず、独立したシリーズとして発売されるとアナウンスされていた
なおポート・エレンと同じく現在蒸溜所再建中のブローラも同様のリリースが行われるとアナウンスされているため、こちらも近々何らかの発表があると思われる。

Port Ellen 39-Year-Old to Launch Globally | The Spirits Business
Port Ellen Returns in Untold Stories Series | Scotchwhisky.com

今年のアードベッグ・デイ限定ボトルは「アードベッグ ドラム」

ardbegdrum

ttbonline.gov

今年は6月1日に設定されているアードベッグ・デイの限定ボトルは、ラムカスクフィニッシュの「アードベッグ ドラム(Ardbeg Drum)」となるようだ。
1964年から1967年にアードベッグのマスター・ディスティラーだったハミッシュ・スコット(Hamish Scott)氏が、ラムを生産するガイアナのダイアモンド蒸溜所でも同職を務めていた経歴にちなんだもので、バーボンカスクで熟成させた原酒をラムカスクでフィニッシュさせている。
アルコール度数は46%で、例年通りであればアードベッグ・デイ当日より発売開始となる。

またアードベッグの会員「コミッティー」向けカスクストレングス版は3月5日より発売される。

「オクトモア 09.3 アイラ・バーレイ」国内リリース

octomore093

source : bruichladdich.com

先日国内での販売が開始された「オクトモア 09.1 スコティッシュ・バーレイ」に続き、「オクトモア 09.3 アイラ・バーレイ」が3月4日より国内で発売になる。
アイラ島のオクトモア農場で2011年に収穫されたコンチェルト種大麦のみを原料に2012年に蒸溜されたシングル・モルトで、熟成年数は5年、熟成にはファーストフィルアメリカンウイスキーカスク(全体の25%)、サードフィルヴァージンオークカスク(25%)、セカンドフィルリヴザルトワインカスク(20%)、セカンドフィルシラー種ワインカスク(20%)、セカンドフィルバーボンカスク(10%)の5種の樽が用いられている。
アルコール度数は62.9%、容量700ml、価格は税別22,000円。

シングルモルト・スコッチウイスキー「オクトモア 09.3 アイラ・バーレイ」数量限定発売のご案内 | PR Times

2019年1-3月 国内リリース一覧

「オクトモア 09.1」国内販売開始

octomore091

source : bruichladdich.com

昨年夏に英国で発売されたブルックラディ蒸溜所によるスーパーヘビリーピーテッドウイスキー・オクトモアのバッチ9の1つ「オクトモア 09.1 スコティッシュ・バーレイ」が国内でも発売される。
2011年に収穫されたスコットランド産コンチェルト種大麦を原料に2012年に蒸溜、ジムビーム、ジャックダニエルなどのファーストフィルバーボンバレルで5年間熟成させたものとなっている。
59.1% ABV、700ml、限定本数は世界全体で42,000本、希望小売価格税別16,000円で、2月4日より発売開始。
またこの発売に伴い、旧商品「オクトモア 08.1 スコティッシュ・バーレイ」は在庫限りで発売終了となる。

シングルモルト・スコッチウイスキー 「オクトモア 09.1 スコティッシュ・バーレイ」数量限定発売のご案内 | PR TIMES

2019年1-3月 国内リリース一覧