カテゴリー別アーカイブ: ローランド

ダグラスレイン、限定版エピキュリアンリリース

epicurean

source : douglaslaing.com

独立系ボトラー、ダグラス・レインよりローランドモルトのみを使用したブレンデッド・モルト・ウイスキー「エピキュリアン」の初の限定版となる「エピキュリアン グラスゴー・エディション(The Epicurean Glasgow Edtion)」がリリースされる。
ダグラス・レイン社70周年記念事業の1つとして、同社の本拠地であるグラスゴーのバーテンダー8人とのコラボレーションの元生産された。
カスクストレングス58.6%でボトリングされ限定本数3,000本、希望小売価格£45.99で来月5月より販売開始となる。

Statue_of_Wellington,_mounted,_Glasgow_-_DSC06285

当局が撤去してもいつの間にか被せられる三角コーン  source : wikipedia.org

ちなみにラベルにデザインされている紳士?が通常版のシルクハットではなく三角コーンを被っているが、これはグラスゴーにある初代ウェリントン公爵(アーサー・ウェルズリー、ワーテルローでナポレオンを破った人物)の銅像に三角コーンを被せる伝統がある事にちなんだもの。

Douglas Laing Reveal the First Epicurean Limited Release | Douglas Laing

イーデン・ミル、初のシングルモルトを発売

d89e2ebbc3b33bfa4e541f8f0b14c136

source : scotchwhisky.com

2014年にスコットランドのローランド地域に設立された醸造所併設の蒸溜所、イーデン・ミル(Eden Mill)より、初となるシングル・モルト「ヒップ・フラスク・シリーズ」がリリースされた。

リリースされたのはヒップフラスク(スキットル)風デザインの200mlサイズボトル入りのシングル・モルト7種で、それぞれ多彩な樽とビール用のモルトを使用した「マッシュビル」から生産されている。
全てアルコール度数47%、価格£25で、それぞれのマッシュビルと使用カスクは以下の通り。

Hip Flask Series No.1
ペールモルト / バージンフレンチオクタヴカスク / 220本限定
Hip Flask Series No.2
チョコレートモルト8%・ペールモルト92% / バージンアメリカンカスク / 220本限定
Hip Flask Series No.3
ブラウンモルト・クリスタルモルト計8%・ペールモルト92% / バージンアメリカンオクタヴカスク / 220本限定
Hip Flask Series No.4
ペールモルト / バージンフレンチオクタヴカスク / 220本限定
Hip Flask Series No.5
「フランケンシュタイン・モルトビル(ブラウンモルト・クリスタルモルト計33%・チョコレートモルト33%・ペールモルト34%)」 / バージンアメリカンオクタヴカスク / 220本限定
Hip Flask Series No.6
ペールモルト / オロロソシェリーホグズヘッド / 1,350本限定
Hip Flask Series No.7
ペールモルト / PXシェリーホグズヘッド / 1,350本限定

蒸溜所公式サイトで販売されているが、すでにNo.1〜No.5は完売となっている。

この他バーボンバレル、バージンフレンチオーククォーターカスクとPXシェリーホグズヘッド熟成原酒をヴァッティングさせた「イーデン・ミル ファースト・ボトリング リミテッド・リリース」も今夏リリースされる。
こちらは同蒸溜所のカスクオーナー及び上記の「ヒップ・フラスク・シリーズ」を購入し、同蒸溜所の「カスク・クラブ・メンバーズ」に入会した会員向けの抽選販売となる予定だが、限定300本の内シリアルナンバー1〜10のボトルが昨日より開始されているWhisky Auctioneerのオークション出品されている。
シリアルナンバー1のボトルは現時点で£4,100(約615,000円)。

Eden Mill Launches Its First Single Malts | Scotchwhisky.com

ボーダーズ蒸溜所、5月オープン

スコットランド・スコティッシュボーダーズ、ホーイックに位置する新蒸溜所、ボーダーズ(Borders Distillery)が来月5月1日に開業する。
かつて工場だった建物を改装して設立された同蒸溜所は今年の3月に初の蒸溜を行い現在試運転中で、開業日より訪問客の受け入れを行う。

ボーダーズと呼ばれるこの地域でウイスキーの蒸溜が行われるのは、1837年にケルソー蒸溜所(Kelso Distillery)が閉鎖されて以来約180年振りとなる。
スコティッシュ・ボーダーズ地区ではボーダーズ蒸溜所に続き、モルトとグレーン両方の蒸溜を行うレイバーズ蒸溜所(Reivers Distilley)が6月に開業する予定。

Whisky Returns to Borders after 180 Years | Scotchwhisky.com

ダグラス・レイン、70周年記念ボトリングを開始。第1弾は「アードベッグ 25年」

ec39c9e7c8f88be7eff47955560a2cd2

source : scotchwhisky.com

今年で設立70年を迎える英独立系ボトラー、ダグラス・レイン(Douglas Laing & Co.)が70周年記念ボトリングを行う。

第1弾はシングル・カスク・ウイスキー「XOPプラチナム アードベッグ 1992 25年(XOP Platinum Ardbeg 1992 25 Years Old)」で、251本限定、RRP £900で4月にリリースされる。
70周年記念の為に新たに立ち上げられたこのXOPプラチナム・ラインからは、さらに3種のボトルが年内にリリースされる予定。

また70周年記念ボトリング第2弾としてオールド・パティキュラー・ライン(Old Particular)より「カリラ 35年(Caol Ila 35 Years Old)」と「カンバス 35年(Cambus 35 Years Old)」の500mlボトル2本セットがリリースされる。こちらは限定284セット、£450となる。

Douglas Laing Bottlings Mark 70th Birthday | Scotchwhisky.com
Douglas Laing Kicks Off Their Platinum Anniversary by Unveiling a Series of Special Edition Single Cask Release | Douglas Laing

ブラドノック、蒸溜所200周年記念ウイスキー発売

Bladnoch-bicentennial-whisky

source : thespiritsbusiness.com

昨年蒸溜所設立200周年を迎えたブラドノックより「ブラドノック 29年 バイセンテナル・リリース(Bladnoch 29 Year Old Bicentenal Release)」がリリースされる。
1988年に蒸溜、シェリーカスクで熟成の後18ヶ月間モスカテルカスクでフィニッシュした2樽のヴァッティングによるウイスキーで、41.3% ABV、RRP£5,000で限定200本が発売される。

ブラドノック蒸溜所は近年不遇の時代が続いたが、2015年にオーストラリアの実業家デイビッド・プライヤー(David Prior)が買収、再設備し、昨年生産と販売の再開に漕ぎ着けていた。

Bladnoch Debuts £5,000 Bicentennial Single Malt | The Spirits Business
ブラドノック公式サイト: bladnoch.com

グラスゴー蒸溜所、初のシングル・モルトをリリース

スコットランド第2の都市・グラスゴーの市中に設立されたグラスゴー蒸溜所(Glasgow Disitillery)より、初のシングル・モルト・ウイスキー「1770」のリリースが発表された。
ファーストフィルバーボンバレルで熟成した後ヴァージンオークカスクでフィニッシュした物で、46% ABV、500ml、価格£100で5,000本が公式ウィブサイトで抽選販売される。
発売予定日は6月3日。

「1770」のブランド名は、史上初めてグラスゴーに設立されたウイスキー蒸溜所であるダンダスヒル蒸溜所(Dundashill Distillery、1902年に閉鎖)の創業年から。

またグラスゴー蒸溜所では2019年にピーテッド、2020年に三回蒸溜によるシングル・モルトの限定販売を予定している。

1770 Whisky | The Glasgow Distillery Co.
Glasgow Distillery Readies First Single Malt | Scotchwhisky.com

イーデン・ミル、施設拡張へ

Screen-Shot-2018-02-08-at-15.59.46

source : edenmill.com

蒸溜所と醸造所を併設するスコットランド・ローランド地域のイーデン・ミル(Eden Mill)は、生産施設の増強の他、カフェやショップ、ビジターセンターなどの施設の新設を含む総額400万ポンドの建設計画を地元議会に提出したと発表した。

近年のウイスキーブームと共に世界各地の蒸溜所を訪れる愛好家の数は増加の一途を辿っており、ウイスキーメーカーにとって蒸溜所の見学は顧客に対する重要なチャンネルとなっている。
イーデン・ミルも既に昨年1年間だけで2万5千人の訪問客を迎え地元ファイフ(Fife)では人気の観光施設となっており、新たなビジター向け施設が完成すれば年間5万人の訪問客を見込めるとしている。
計画が承認されれば施設は今年の秋に稼働する予定だ。

またイーデン・ミルは今年初のウイスキーのリリースも予定している。

Eden Mill Submits Plans for New £4M Distillery and Brewery in Fife | Eden Mill
Eden Mill Plans £4 Million Expansion | Scotchwhisky.com