カテゴリー別アーカイブ: シングル・カスク・ウイスキー

スペイン産ウイスキー「メンティデロ」誕生

mentidero

source : Facebook@SANTAMANIADestileriaUrbana

スペイン・マドリッドのクラフトディスティラリー、サンタマニア蒸溜所(Santamanía Destileria Urbana、正確にはサンタマニア・アーバン蒸溜所)より、「メンティデロ(Mentidero)」のブランド名でウイスキー2種が発売される。

シングル・カスク・ウイスキー「メンティデロ G・エディション」は地元産大麦を原料にしたピーテッドモルトから3回蒸溜を経て生まれた原酒を、スペイン産リオハワインカスクで熟成させたもの。

もう一方の「メンティデロ アーキタイプ」は同じく地元産大麦を原料にしたアンピーテッドモルトから作られたもので、リオハワインカスクとPXシェリーカスクでそれぞれ熟成させた原酒をヴァッティングしたシングル・モルト・ウイスキーとなっている。

いずれも熟成年数は4年、アルコール度数40%。
発売時期と価格は今の所不明。

サンタマリア蒸溜所は2013年の設立以来、ジンやウォッカ、ラムなどを販売してきたが、ウイスキーの発売はこれが初めてとなる。

Santamanía Launches Spanish Single Malt Whiskies | The Sprits Business

日本ではほとんど知られていないと思われますが、スペイン産のウイスキーは「メンティデロ」以前から複数存在しており、その内最大のブランドであり半世紀以上の歴史を持つ「DYC」は、2019年現在サントリーの傘下にあります。

広告

マルスモルト「ル・パピヨン」シリーズ 第6弾「イシカゲチョウ」発売

marsbutterfly6

shop-hombo.jp

マルスウイスキーよりシングル・カスクシリーズ「ル・パピヨン」第6弾として、「マルスモルト ル・パピヨン イシカゲチョウ」がリリースされる。
マルス信州蒸溜所で2015年5月に蒸溜、マルス津貫蒸溜所でシェリーバットを使って熟成されていたミディアムピーテッドの原酒を2019年2月にボトリングしたもの。
アルコール度数58%、容量700ml、アウトターン464本で、価格は税別10,000円となっている。

また公式サイトでは、昨年12月と今年1月頃にはそれぞれ流通していた「シングルモルト駒ヶ岳 津貫エイジング Bottled in 2018」と「シングルモルト駒ヶ岳 ダブルセラーズ Bottled in 2019」の発売が改めてアナウンスされている。

マルスモルト ル・パピヨン イシカゲチョウ | 本坊酒造

2019年1-3月 国内リリース一覧

「トマーティン 1975 43年」リリース

Tomatin_010319_0053

source : tomatin.com

トマーティンより、ハイエンドライン「ウェアハウス 6 コレクション」の第3弾「トマーティン 1975(Tomatin 1975)」がリリースされる。
1975年12月8日に蒸溜されカスクナンバー35834のオロロソシェリーバットへ樽詰めされた後、ウェアハウス6で43年間熟成されたシングル・カスク・ウイスキーで、アルコール度数は46.5%。
グレンケアン社製のクリスタルデキャンタに収められ、同社製のタンブラーも2個付属する。
生産本数は300本、価格は£2,400(約348万円)となっている。

「ウェアハウス 6 コレクション」第1弾「トマーティン 1971」は2016年に、第2弾「1972」は2017年にそれぞれリリースされた。

Tomatin Release the Newest Edition of the Warehouse 6 Collection, The 1975 | Tomatin

タムデュー、エジンバラ空港限定ウイスキー発売

52887080_2840922629252044_8034757953858830336_o

source : Facebook@tamdhuwhisky

タムデューは今月2日、スコットランド・エジンバラ空港限定のシングル・カスク・ウイスキー「タムデュー 2002 シングル・カスク #6191(Tamdhu 2002 Single Cask #6191)」を発売した。
カスクタイプはヨーロピアンオークファーストフィルシェリーカスク、アルコール度数は57.1%、限定本数591本で、価格は£279となっている。

タムデューは昨年、初の免税店限定の商品をリリースしたが、空港を限定したリリースはこれが初めてとなる。

2019年 免税店リリース 一覧

グレンリベット 日本向けシングルカスクを発売

72_kvti4

source : theglenlivet.jp

グレンリベットより、日本限定販売となるシングル・カスク・ウイスキー「ザ・グレンリベット シングルカスク 2019 (#96411)」が4月8日に発売される。
熟成年数21年、カスクタイプはセカンドフィルシェリーバット、アルコール度数55.4%で、限定470本、価格は税別43,000円となっている。

ザ・グレンリベット シングルカスク2019(#96411) | ザ・グレンリベット

2019年4-6月 国内リリース一覧

ベンロマック 70年代シングルカスクを2種リリース

benromach70s

source : benromach.com

ベンロマックは、1970年代ヴィンテージのシングル・カスク・ウイスキー2種をハイエンドライン「ヘリテージ・コレクション」としてリリースした。

ベンロマック 1972」はカスクナンバー4471のリフィルアメリカンホグズヘッドで46年間熟成されたもので、アルコール度数は55.7%、生産本数72本、英国での価格は£1,500(約22万円)。

ベンロマック 1977」はカスクナンバー1269のリフィルアメリカンホグズヘッドで41年間熟成されたもの。アルコール度数は49.6%、生産本数122本、価格£1,250(約18万円)となっている。

Benromach Releases Rare Heritage Duo | Scotchwhisky.com

チャールズ皇太子設立の財団 献上ウイスキーの売却で3,300万円調達

1129

source : thewhiskyexchange.com

英オンラインオークションサイトWhisky.Auctionが今月前半に開催したチャリティオークションで、ボトルナンバー1の「ロイヤル・ロッホナガー 1988 30年(Royal Lochnagar 1988 Aged 30 Years)」が£10,465(手数料込み)、およそ149万円で落札された。

このロイヤル・ロッホナガーは、チャールズ皇太子40歳の誕生日である1988年11月14日に蒸溜所から皇太子に贈られた樽を、2018年の皇太子70歳の誕生日に206本のシングル・カスク・ウイスキーとしてボトリングした物で、蒸溜所のオーナーであるディアジオのアーカイブに保存される1本を除いた205本の売上は全て、皇太子設立の財団Prince’s Foundationへ寄付される。

先月には205本の内184本が英ウイスキー専門店ウイスキー・エクスチェンジで1本£1,470(VAT抜£1,225)で抽選販売されており、財団はウイスキーの売却により合計£235,865、およそ3,365万円を調達したことになる。

なお、残る20本は将来の財源として財団が保持する。

Royal Lochnagar 1988 30 Year Old – Bottle Number 1 | Whisky.Auction