カテゴリー別アーカイブ: シングル・ポット・スチル・ウイスキー

レッドスポット復活

redspot

source : spotwhiskey.com

アイルランドのワイン商ミッチェル・アンド・サン(Mitchell & Son)が販売するスポット・ウイスキーの最上位として過去にラインナップされていたものの、1960年代を最後に姿を消していた「レッド・スポット(Red Spot)」が半世紀ぶりに復活した。

新生「レッド・スポット 15年」は旧ジェムソン・ボウ・ストリート蒸溜所で生産されていたオリジナルのレシピを元に、ミドルトン蒸溜所で三回蒸溜を経て造られた原酒を使用したシングル・ポット・スチル・ウイスキーで、熟成にはバーボンカスク、オロロソシェリーカスク、マルサラワインカスクの3種が使用されている。
アルコール度数は46%、既にアイルランドでは€115で販売が開始されており、来年1月よりアメリカ、イギリス、フランス及び各国の免税店市場でも発売される。

20世紀初頭に誕生したスポットウイスキーにはレッド・スポットの他ブルー(熟成年数7年)、グリーン(10年)、イエロー(12年)が存在したが、ブルーとイエローはレッドと同じく20世紀半ばに原酒不足やシェリーカスクの高騰などから終売となり、長らくグリーン・スポットのみが存続していた。
近年のアイリッシュ・ウイスキーの復権を受け、ミッチェル・アンド・サンはレッド・スポットに先駆け2012年にイエロー・スポットを復活させている。
なお、元々は熟成年数10年の表記がなされていたグリーン・スポットは現在ではNASとして販売されており、使用原酒の熟成年数は7年〜10年だとされている為、ブルー・スポットはグリーンへ統合されたとも言える。

Red Spot Irish Whiskey Makes Return | Scotchwhisky.com
Redspot | Spot Whiskeys

 

広告

ティーリング蒸溜所、初の一般向けウイスキーを発売

teeling

source : teelingwhiskey.com

アイリッシュ・ウイスキーの独立系ボトラー、ティーリング・ウイスキーが2015年にダブリンに設立したティーリング蒸溜所(Teeling Whiskey Distillery)より、初の一般向けシングル・ポット・スチル・ウイスキーが発売される。

同蒸溜所の初リリースは今年の9月にオークションへ100本が出品され、売上は全て寄付されたものになるが、一般へ販売されるのは今回が初めてとなる。

モルト50%とアンモルテッドの大麦50%を原料に2015年に蒸溜され、ヴァージンオークカスク、バーボンカスク、ワインカスクでそれぞれ熟成された原酒をヴァッティング、アルコール度数46%でボトリングされる。
ファーストバッチ6,000本はアイルランドでの限定販売となり、価格は€55に設定されている。

Teeling Distillery Releases Its First Dublin Whiskey | The Spirits Business
Dublin Whiskey is Reborn with Release of the Teeling Single Pot Still | Teeling Whiskey

メソッド・アンド・マッドネスより2点ニューリリース

Method-and-Madness-web

source : thespiritsbusiness.com

ミドルトン蒸溜所による実験的ライン、メソッド・アンド・マッドネス(Method and Madness)より新たに2種のシングル・ポット・スチル・ウイスキーが発売される。

バージン・ハンガリアン・オーク・フィニッシュ(Single Pot Still Irish Whiskey Finished in Virgin Hungarian Oak)」はファーストフィルとリフィルバーボンカスクで熟成させた原酒を、ハンガリー・カルパティア山脈で伐採し2年間自然乾燥させたフユナラ(Quercus Petraea)で作られた樽で11ヶ月間追加熟成させたもの。
フユナラの細かい木目はウイスキーに複雑で繊細なフレーバー与えるとしている。
アルコール度数46%、容量700ml、価格€89(約11,500円)。

もう1つの「28年 ルビー・ポート・パイプ シングル・カスク(Single Pot Still Irish Whiskey 28 Year Old Ruby Port Pipe Single Cask)」はバーボンバレルで6年間熟成させた原酒を、ルビー・ポート・パイプで22年間追加熟成させたシングル・カスク・ウイスキー。
アルコール度数はカスクストレングスとなる56.1%、容量700ml、価格は€1,900(約247,000円)となっている。

いずれも免税店市場を含むアイルランド、及びイギリスとフランスで販売される。

Two World First ‘Method and Madness’ Expressions Added to the Experimental Irish Spirits Range | Irish Distillers
Irish Distillers Expands Method and Madness Range | The Spirits Business

「レッドブレスト ドリームカスク 32年」公式サイトで限定販売

dc_home_hero-1400-681

source :  redbreastwhiskey.com

アイリッシュ・ディスティラーズよりレッドブレストの公式サイトメンバーシップ「ザ・バードハウス(The Birdhouse)」会員限定で「レッドブレスト ドリーム・カスク 32年(Redbreast Dream Cask Aged 32 Years)」が販売される。
1985年より26年間リフィルバーボンバレルで熟成させた原酒を更に6年間ファーストフィルシェリーバットで追加熟成させたシングル・ポット・スチル・ウイスキーで、アルコール度数は46.5%、500mlボトルでボトリングされる。
価格€500で、ワールド・ウイスキー・デイ 2018となる5月19日より公式サイトにて販売開始。

レッドブレスト公式サイト: redbreastwhiskey.com

レッドブレスト、国内販売開始

img_00_180320_2-602x320

source : pernod-ricard-japan.com

アイルランド・ミドルトン蒸溜所が生産するシングル・ポット・スチル・ウイスキー、レッドブレストが国内で発売される。
ラインナップは「ジム・マーレイ・ウイスキー・バイブル 2018」で世界第2位にランキングされた「レッドブレスト 21年」を始め、同「12年」「15年」の3種。
全て4月2日より販売開始となる。

レッドブレスト 3アイテムが2018年4月2日(月)から日本発売 | ペルノ・リカール・ジャパン

2018年上半期 国内リリース一覧

ミドルトン、「ディア・ゲィーリッチ」第2弾リリース

Midleton-DG_Bluebell_2-1080x675

Source : irishdistillers.ie

ミドルトンより「ディア・ゲィーリッチ (Dair Ghaelach、ゲール語でアイリッシュオークの意)」レンジ第2弾となる「ミドルトン ディア・ゲィーリッチ ブルーベル・フォレスト (Dair Ghaelach Bluebell Forest)」がリリースされる。
バーボンカスクで12年〜23年熟成された原酒を、アイルランド・キルケニー州内のブルーベルの森に自生するアイリッシュオーク(アイルランド産のセシルオーク)から作られた新樽で1年半後熟させたもの。
カスク別にシングルカスクでボトリングされ、それぞれ55.3%〜56.3% ABV。
いずれも700ml、RRP €280で今月中には販売が開始される。

ブルーベルの森(Bluebell Wood, Bluebell Forest)とは、床にブルーベルが密集して自生する森林の事を言い、ヨーロッパ全域で見られる。
5月頃に花が咲くと青い絨毯の様になり、イギリスやアイルランドでは妖精の住む森だという言い伝えがある。

Midleton Dair Ghaelach Bluebell Forest Edition | Irish Distillers

「グリーン・スポット・シャトー・モンテリーナ」新発売

アイルランド・Mitchell & Sonより「グリーン・スポット・シャトー・モンテリーナ(Green Spot Chateau Montelena)」が発売される。
シェリーカスクとバーボンカスクで熟成された原酒を、ナパバレーのシャトー・モンテリーナで使用されていたジンファンデルカスクで1年間追加熟成したもの。
46% ABV、700mlで価格は€69.95。

Green Spot Unveils Zinfandel Wine Cask Whiskey | The Spirits Business

spotwhiskey.com