カテゴリー別アーカイブ: ブレンデッド・ウイスキー

モルト・ウイスキーとグレーン・ウイスキーのブレンドによるウイスキー。Blended Whisky

氷と炎の歌 ジョニーウォーカー、GOTコラボウイスキー第2弾準備中

got2

source : ttbonline.gov

米アルコール・タバコ税貿易局(TTB)への登録情報から、ジョニーウォーカーが、昨年(日本では今年)発売された「ホワイトウォーカー」に続く「ゲーム・オブ・スローンズ(GOT)」とのコラボレーションウイスキー第2弾・2種を準備中であることが明らかになった。
商品名はそれぞれ「ジョニーウォーカー ソング・オブ・アイス(Johnnie Walker A Song of Ice)」と「ジョニーウォーカー ソング・オブ・ファイア(Johnnie Walker A Song of Fire)」で、ジョージ・R・R・マーティン氏によるGOTの原作小説のタイトル「氷と炎の歌(A Song of Ice and Fire)」にちなんだものとなっている。

ダイアウルフがラベルに描かれる「ソング・オブ・アイス」は、クライヌリッシュを使ってクリスプ&クリーンなテイストを加えたデリケートなブレンドで、ロックでのサーブが推奨されており、先の「ホワイトウォーカー」と似た特徴を持つブレンドのように思われる。アルコール度数は40.2%。
ドラゴンが描かれた「ソング・オブ・ファイア」は、カリラのピーテッドモルトを使って仄かなスモーキーフレーバーを加えた、リッチさと円熟された甘みを持つフルボディなブレンドで、ストレートでのサーブが推奨されている。アルコール度数は40.8%。

いずれも発売時期や価格は現在のところ不明。

広告

ニッカ「ブラックニッカ ディープブレンド ナイトクルーズ」を限定発売

nightcruise

source : amazon.co.jp

ニッカは「ブラックニッカ」の限定商品「ブラックニッカ ディープブレンド ナイトクルーズ」を5月28日より発売する。
通常の「ディープブレンド」をベースに、新樽で年数10年以上熟成させた余市ヘビーピーテッドモルトとバーボン樽熟成の宮城峡カフェグレーンを使用し、「ディープブレンド」の特徴であるピートの余韻を際立たせたブレンドだとする。
アルコール度数45%、容量700mlでオープン価格(参考小売価格税別2,000円)となっている。

『ブラックニッカ ディープブレンド ナイトクルーズ』 5月28日(火)数量限定で新発売! | アサヒビール

(5月7日に投稿後、同月10日に公式アナウンスがあったため、投稿の内容を一部修正しました。)

2019年4-6月 国内リリース一覧

ディアジオ、白酒メーカーと共同で中国市場向けウイスキーをリリース

Zhong-Shi-Jitm

source : diageo.com

英ディアジオと、中国第3位の白酒メーカー・江苏洋河酒厂股份(Jiangsu Yanghe Distillery)が立ち上げたジョイントベンチャー、江苏洋河帝亚吉欧酒业有限公司(Jiangsu Yanghe Diageo Spirit Company)より、ブレンデッド・ウイスキー「中仕忌(Zhong Shi Ji)」が中国でリリースされた。
原酒の詳細は不明ながら独特の製法で製造されたウイスキーだと説明されており、熟成工程の一部に陶器の瓷(かめ)を使用することで、スムースな仕上がりになっているという。
またブレンドはディアジオのマスターブレンダー、クレイグ・ウォレス氏と中国酒业协会(中国酒業協会)の主席白酒品酒师(利酒師)、周新虎氏が共同で行った。
アルコール度数は40%、価格は容量700mlの物が458元(約7,600円)、500mlの物が358元(約6,000円)。

中国では食中酒の習慣が根強く、酒類の消費の8割が食中によるものだとも言われ、この「中仕忌」も食中酒としてアピールされている。
中国は酒類の売上高世界最大を誇るマーケットで、その中国で最大の消費量を誇るのが白酒(世界全体で見てもカテゴリ別で売上高最大)だが、近年ライフスタイルの西洋化や税制の改悪などで中国国内での白酒の消費量は陰りを見せており、特に都市部と若年層で「白酒離れ」が顕著だという。
中国市場での売上を拡大したいが食中向けだとは言い難いスコッチ・ウイスキーを基幹の1つとするディアジオと、白酒の需要減を補いたい江苏洋河、両者の思惑が一致した事業だと言える。

Diageo and Yanghe Baijiu Owner Launch New Whisky | The Spirits Business
Diageo and Jiangsu Yanghe Distillery form Joint Venture; Launch New-to-World whisky in China | Diageo

「ホワイトウォーカー by ジョニーウォーカー」Amazon限定で国内リリース

white

source : johnniewalker.com

米HBOの大人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」とのコラボレーションで、昨年秋に海外でリリースされていたホワイトウォーカー by ジョニーウォーカー」が、Amazon.co.jp限定商品としてようやく国内でもリリースされる。
クライヌリッシュとカーデュをキーモルトにしたオリジナルブレンドで、冷凍庫で冷やした上での飲用が推奨されている。
アルコール度数41.7%、容量700ml、価格税込3,780円で、発売開始は4月24日。
本日より予約の受付が開始されている。

【日本国内Amazon限定】ホワイトウォーカー by ジョニーウォーカー (「 ゲームオブスローンズ 」最終章 公式コラボ商品) [ ウイスキー イギリス 700ml ] | Amazon.co.jp
【日本国内Amazon限定】ホワイトウォーカー by ジョニーウォーカー&ブラックラベル12年 ギフトセット (「 ゲームオブスローンズ 」最終章 公式コラボ商品) [ ウイスキー イギリス 1400ml ] [ギフトBox入り] | Amazon.co.jp

無名の2,000円スコッチが「世界のベストウイスキー」に選ばれる(フェイクニュース)

margot8yo

source : lidl.co.uk

先月末、米エスクァイアや英インディペンデント、英版ハフィントン・ポストなどのニュースサイトが、「クイーン・マーゴット 8年(Queen Margot 8 Years)」というブレンデッド・スコッチが英ウイスキー・マガジン誌の主催するワールド・ウイスキー・アワード(WWA)2019で「ワールド・ベスト・ウイスキー」に選ばれた、とする報道を相次いで行った。
この「クイーン・マーゴット」、ドイツに本社置くディスカウント・スーパー・チェーン、リデル(Lidl)が£13.49、日本円にしてわずか2,000円程度で販売しているもので、これが世界中から集まった40人の専門家に並み居る強豪を抑えて「ワールド・ベスト」に選出されたとなれば快挙に違いなく、各ニュースサイトではもはやウイスキーに高い金を払う必要は無いといった論調でこのニュースを紹介していた。

だが残念な事にこのニュースは正確ではなく、報道後に米フォーブスが指摘したように、「クイーン・マーゴット」は今のところ熟成年数12年以下のブレンデッド・スコッチ・ウイスキーの部門においてベストに選出されたに過ぎない。
WWAは3段階に分けて審査を行っており、まず第1ラウンドで各国ごとのサブカテゴリのベストを、次の第2ラウンドでは各国のメインカテゴリ(シングル・モルト、ブレンデッド・ウイスキーなど)ごとのベストを、そして最終ラウンドでは世界全体でのメインカテゴリごとのベストをそれぞれ選出する。
「クイーン・マーゴット」はこの内の第1ラウンドを突破したところで、各ニュースサイトの報道は勇み足だったわけだ。

ただし「クイーン・マーゴット」はこの第1ラウンドで、スコッチとしてはトップの知名度を誇り、現地での価格は倍近い「ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年」を破っており、コストパフォーマンスに優れたウイスキーであるには違いないようだ。
そしてもちろん今月末に発表されるWWAの最終ラウンドの勝者にこの2,000円のスコッチが選ばれる可能性も残っている。

いずれにせよ、報道後(当然ながら)「クイーン・マーゴット」は売れに売れたそうなので、リデル社にとってWWAへのエントリー料(3万円弱)は非常に効率のいい投資になったと思われる。

なお、フォーブスの指摘を受けて、報道を行った各ニュースサイトの該当記事は現在修正されている。

Fake Whisky News: No, That Lidl Whisky Is Not ‘The Best In The World’ | Forbes.com
Queen Margot 8YO Blend Scotch Whisky | Lidl

第1ラウンドを突破しただけだと知っていても、この値段なら私もリデルへ行っていたと思います。

「バランタイン バレルスムース」リリース

ballantinesbs

source : suntory.co.jp

サントリーより、バランタインの新たな通年商品「バランタイン バレルスムース」が発売される。
独自のチャーシステムで焼き上げられた樽で仕上げられたバランタインだという。
アルコール度数40%、容量700ml、価格税別1,900円で、4月2日より発売。

「バランタイン バレルスムース」新発売 | サントリー

2019年4-6月 国内リリース一覧

ニッカ 「ザ・ニッカ 12年」「カフェグレーン」「カフェモルト」を休売へ

nikka12

ザ・ニッカ 12年  source : amazon.co.jp

ニッカは「ザ・ニッカ 12年」「カフェグレーン」「カフェモルト」の出荷を停止する。
具体的な停止時期は不明だが、既に多くの酒販店で取扱い終了となっているようだ。

「カフェグレーン」「カフェモルト」は一時的な停止だとされているが、「ザ・ニッカ 12年」については後継商品としてNASのブレンデッド・ウイスキー「ザ・ニッカ テーラード」の発売が4月3日に予定されている為、このまま終売となる可能性も高いと思われる。
この休売により、ニッカウヰスキーのラインナップ中、熟成年数が表記された商品は「竹鶴」ブランドの物のみとなる。

ザ・ニッカ | ニッカウヰスキー

昨日発表された余市と宮城峡の「リミテッドエディション2019」の発売と同じく、昨年末から出回っていた情報です。
こちらは今のところプレスリリースは出ていませんが、「ザ・ニッカ」の公式ページが出来上がっていたのと、Forbes.comの記事中で言及されていたので、投稿しました。