カテゴリー別アーカイブ: ブレンデッド・モルト・ウイスキー

複数の蒸溜所のモルト・ウイスキーからなるウイスキーです。ピュアモルトとも呼ばれます。

長濱蒸溜所、ブレンデッドモルト「AMAHAGAN」リリース

amahagan

source : romanbeer.com/nagahama-distillery

2016年より操業する滋賀県・長濱蒸溜所より、ブレンデッド・モルト・ウイスキー「AMAHAGAN(アマハガン) World Malt Edition No.1」がリリースされる。
海外のモルトウイスキーに同蒸溜所のモルト原酒をブレンドしたもので、アルコール度数47%、ノンチルフィタードでボトリングされ、容量700ml、価格は税別4,900円。
来月12月4日より発売される。

AMAHAGAN | 長濱蒸溜所

2018年下半期 国内リリース一覧

広告

ディアジオ・スペシャルリリース2018、販売開始

2018-special-releases-line-up-min.png

source : diageo.com

4月にアナウンスされていたディアジオ・スペシャルリリース2018が来週より英国で販売開始となり、現地のネット酒販店では予約受付が開始されている。

リリース10本の内、アナウンス時には詳細が明らかではなかった最後の1本は、ブレンデッド・モルト「クラダッハ(Cladach)」だと判明した。
スコットランド・ゲール語で”Beach”を意味する名前の通り、インチガワー、クライヌリッシュ、タリスカー、オーバン、ラガヴーリン、カリラといった沿岸部に位置する蒸溜所の原酒のみで構成される”Coastal Blend”となっている。
使用された樽はファーストフィルバーボンカスク、リフィルアメリカンオークホグズヘッド、リフィルヨーロピアンオークバット、exボデガヨーロピアンオークバットの4種。
熟成年数は非記載、アルコール度数は57.1%(カスクストレングス)、価格は£155(約22,700円)。

また、アナウンス時には”unique maturation and marrying process”とだけされていた「シングルトン・オブ・グレンオード 14年」の熟成方法は、ファーストフィルヨーロピアンオークシェリーカスクとリフィルバーボンカスクで熟成された原酒を、PXカスクとモスカテルカスクで後熟、最終的にヨーロピアンオークパンチョンでマリッジさせたものだと説明されている。

クラダッハ以外9本の希望小売価格は以下の通り(上掲の画像左側から)。

タリスカー 2009 8年(Takisker 2009 Aged 8 Years)  / £70(約10,200円)
シングルトン・オブ・グレンオード 2002 14年(The Singleton of Glen Ord 2002 Aged 14 Years) / £100(約14,700円)
ピティバイク 1989 28年(Pittyvaich 1989 Aged 28 Years) / £330(約48,500円)
カースブリッジ 1970 48年(Carsebridge 1970 Aged 48 Years) / £750(約110,000円)
カリラ 1982 35年(Caol Ila 1982 Aged 35 Years) / £675(約99,000円)
オーバン 1996 21年(Oban 1996 Aged 21 Years)
/ £450(約66,100円)
インチガワー 1990 27年(Inchgower 1990 Aged 27 Years)
/ £300(約44,000円)
カリラ アンピーテッド 2002 15年(Caol Ila Unpeated 2002 Aged 15 Years) / £100(約14,700円)
ラガヴーリン 2005 12年(Lagavulin 2005 Aged 12 Years) / £110(約16,100円)

Diageo Completes 2018 Special Releases | The Spirits Business
Diageo Unveils 2018 Scotch Whisky Special Releases Collection | Diageo

大人の逸品より北斎「諸国瀧廻り」ラベルウイスキー第2弾発売

諸国滝廻り

小学館が運営する通販サイト「大人の逸品」より、葛飾北斎の連作「諸国瀧廻り」をラベルにデザインしたウイスキー 4種、限定数計400本がリリースされる。
詳細は以下の通り、容量は全て700ml。

スペイサイド・リージョン・モルト 1973 43年 和州吉野義経馬洗滝ラベル
今年1月に発売された「スペイサイド・リージョン・モルト 1973 43年 木曽路ノ奥阿弥陀ヶ滝ラベル」と樽違いのシングル・カスク、シングル・モルト・ウイスキー。
アルコール度数47.1%、価格税込59,400円で限定本数36本。
このウイスキーのみ会員限定の抽選販売で、抽選締切は今月27日17時。

バーンサイド 1991 26年 美濃ノ国養老の滝ラベル
バーンサイド 1989 28年 下野黒髪山きりふりの滝ラベル
「バーンサイド」はバルヴェニーのシングル・モルトにごく僅かのグレンフィディックを加えた所謂「ティースプーンモルト」に用いられる名前。
1991はアルコール度数50.2%、価格税込25,920円、限定125本。
1989はアルコール度数47.6%、価格税込28,080円、限定120本。
共に本日7月18日9時30分より販売開始。

ブレンデッドモルト XO 相州大山ろうべんの滝ラベル
60〜70年代に蒸溜されたスペイサイドの2蒸溜所(名称非公開)と「北の巨人」の原酒に、家族経営で有名な蒸溜所(恐らくここ)の若いシェリー樽原酒加えて、15年ほど熟成させたもの。
アルコール度数44.2%、価格税込19,940円、限定本数119本。
こちらも本日9時30分より販売開始される。

これまで同サイトで販売されたウイスキーと同じく、上記のいずれもウイスキー評論家の山岡秀雄氏のプロデュースによる。

奇跡のコラボ!葛飾北斎の名画『諸国瀧廻り』がスコッチのラベルで甦る | DIME

ちなみに「諸国瀧廻り」は全8作品。
残り3作品のラベルもいずれ発売されるのだろうか。

2018年下半期 国内リリース一覧

ダグラスレイン、限定版エピキュリアンリリース

epicurean

source : douglaslaing.com

独立系ボトラー、ダグラス・レインよりローランドモルトのみを使用したブレンデッド・モルト・ウイスキー「エピキュリアン」の初の限定版となる「エピキュリアン グラスゴー・エディション(The Epicurean Glasgow Edtion)」がリリースされる。
ダグラス・レイン社70周年記念事業の1つとして、同社の本拠地であるグラスゴーのバーテンダー8人とのコラボレーションの元生産された。
カスクストレングス58.6%でボトリングされ限定本数3,000本、希望小売価格£45.99で来月5月より販売開始となる。

Statue_of_Wellington,_mounted,_Glasgow_-_DSC06285

当局が撤去してもいつの間にか被せられる三角コーン  source : wikipedia.org

ちなみにラベルにデザインされている紳士?が通常版のシルクハットではなく三角コーンを被っているが、これはグラスゴーにある初代ウェリントン公爵(アーサー・ウェルズリー、ワーテルローでナポレオンを破った人物)の銅像に三角コーンを被せる伝統がある事にちなんだもの。

Douglas Laing Reveal the First Epicurean Limited Release | Douglas Laing

グレンフィディック・エクペリメンタルシリーズ第4弾はラムカスクフィニッシュ「ファイア・アンド・ケーン」

fire_cane

source : ttb.gov

米アルコール・タバコ税貿易局(Alcohol and Tabacco Tax and Trade Bureau / TTB)に、グレンフィディック・エクスペリメンタルシリーズの第4弾「グレンフィディック ファイア・アンド・ケーン(Glenfiddich Experimental Series #04 Fire and Cane)」のラベル情報登録されている。
ピーテッド使用の物を含む原酒をラムカスクでフィニッシュした物になるようだ。

ウィームス、ブレンデッド・モルト「ネクター グローブ」限定リリース

2ab7358c307751bd657f772dfd82fcbd

source : scotchwhisky.com

英独立系ボトラー・ウィームス(Wemyss)より、ブレンデッド・モルト・ウイスキー「ネクター グローブ(Nectar Grove)」が限定リリースされる。
ハイランド・モルトによるブレンデッド・モルトで、マデイラカスクを使用してフィニッシュさせた物。マデイラワインの産地であるポルトガルのもう1つの名産品アズレージョ(装飾タイル)をイメージしたパッケージデザインとなっている。
46% ABV、700ml、RRP £43.95で限定9,000本が英国他ヨーロッパとアジアへ出荷される。

Nectar Grove Released by Wemyss Malts | Scotchwhisky.com

ベリー・ブラザーズ・アンド・ラッド、独自のブレンデッド・モルトを販売へ

bd9d8ca4d06c8624e5803c7ab42fc0ee

source : scotchwhisky.com

ロンドンに本拠を構える老舗ワイン&スピリッツ商ベリー・ブラザーズ・アンド・ラッド(Berry Bros & Rudd)は、同社のクラシック・レンジ(The Classic Range)として新たにブレンデッド・モルト・ウイスキーをリリースする。
リリースされるのは「スペイサイド(Speyside Blended Malt)」「アイラ(Islay Blended Malt)」「ピーテッド・カスク・マチュアード(Peated Cask Matured Blended Malt)」「シェリー・カスク・マチュアード(Sherry Cask Matured Blended Malt)」の4本で、全てNAS、44.2% ABV、700ml、英国でのRRP £32となっている。
英国ではすでに販売が開始されており、今後日本でも発売されるようだ。

クラシック・レンジからのリリースとしては今年の2月に発売された「ロンドン・ドライ・ジン(London Dry Gin)」に続く第2弾となる。

Berry Bros Launches Four Blended Malts | Scotchwhsiky.com