アードモア蒸溜所

Ardmore Distillery

スコットランド・アバディーンシャー、ケネスモントの近郊に位置する蒸溜所。ハイランド地域に分類される。
“Ardmore”は「大きな岬(great headland)」を意味するスコットランド・ゲール語”àird mhór”から。

歴史
1898年  グラスゴーのウイスキー商アダム・ティーチャー(Adam Teacher)が、自社で製造・販売するブレンデッドウイスキー「ティーチャーズ・ハイランド・クリーム(Teacher’s Highland Cream)」のキーモルトになるピーテッドウイスキーを生産する為設立。
1955年  スチルを4基に増設。
1974年  スチルを8基に増設。
1976年  アライド・ブルワリーズ(Allied Breweries、後のアライド・ディスティラーズ)の傘下となる。同年蒸溜所でのモルティングを停止。
2005年  アライド・ドメク(アライド・ディスティラーズの親会社)が仏ペルノ・リカールにより買収されアライド・ディスティラーズは解散、アードモアは米フォーチュン・ブランズ(Fortune Brands、後のビーム)へ売却される。
2014年  ビームがサントリー・ホールディングスにより買収。以後現在に至るまでサントリー傘下にある。

生産
現在のアルコール生産量は年間540万リットル。

広告