タグ別アーカイブ: ミズナラ

グレンダロッホ、ミズナラカスクフィニッシュ・ウイスキー発売

26173396_1522118581241999_1332285170276405238_o

source : @GlendaloughDistillery

グレンダロッホより「グレンダロッホ ミズナラフィニッシュ 13年(Glendalough Mizunara Finish 13 Year Old)」がリリースされた。
バーボンバレルで熟成の後、ミズナラカスクでフィニッシュしたシングル・モルトで、アイリッシュ・ウイスキーとしては初のミズナラ・フィニッシュ・ウイスキーとなる。
46% ABV、700mlでRRPは€95。
アイルランドや英国ではすでに販売が開始されている。

Glendalough Unveils ‘First’ Mizunara Finished Irish Whiskey | The Spirits Business
公式サイト: Glendalough Distillery

広告

若鶴酒造、富山県産ミズナラ樽の開発に着手

三郎丸蒸溜所を有する富山県・若鶴酒造が、同県の島田木材と共同で富山県産のミズナラを使ったウイスキー樽の開発を始めたと報じられている。

三郎丸蒸溜所は昨年クラウドファンディングで資金を調達し施設を改装、本格的なウイスキー生産に乗り出した。
また富山県立大と共同で県産酵母をウイスキー造りに使用するなど、富山県産品を積極的に活用しており、将来的には「オール富山ウイスキー」の製造を目指すとしている。
是非とも達成して貰いたい。

県産材でウイスキー樽を…若鶴酒造と島田木材 | 読売新聞
公式サイト: 三郎丸蒸留所

マスター・オブ・モルトで「山崎ミズナラ 2017 EDITION」抽選中(転売対策済)

Yamazaki_Mizunara_Cask_2017_Edition_HEADER

Source : beamsuntory.com

日本では昨年10月に発売された「山崎ミズナラ18年 2017 EDITION」。
海外での発売は11月がアナウンスされていたものの遅れており、今年に入ってようやく販売が始まったようだ。

さてこの「山崎ミズナラ 2017」、海外向けの出荷本数は3,500本だが、この内2本が英ウイスキー専門店、マスター・オブ・モルト(Master of Malt / MoM)で現地時間1月16日16:00より抽選販売されてる。
同店では抽選以外にもユニークな転売対策を施しており、当選者のボトルの裏には「私、(当選者名)は、このボトルを転売せず、友人達と共に飲む事を宣誓する。これを破れば、宣誓者の味覚と嗅覚は役に立たない物となるべし。」と(英語で)刻印されるとのこと。
刻印があっても転売する者はいるのだろうが、売る側だけで無く買う側への抑止力にもなりそうだ。
賛否両論ありそうな方法ではあるが、日本では税込10万8千円で販売されたボトルが、某オークションサイトなどで一時40万円弱、現在も30万円程度で取引されているので、この程度の対策は止むを得ないのかもしれない。

抽選は現地時間1月17日14:00、日本時間同日23:00まで。
RRP(税抜き£833.33)での販売なので、日本から購入した場合、送料 ・税合計で14万円程度の計算になる。懐に余裕のある方は参加されてはいかがだろうか。

The Yamazaki Mizunara 18 Year Old 2017 Edition Whisky | Master of Malt

「長濱PROTOTYPE ミズナラカスク#001」リリース

1月11日にオープンするリカーマウンテンの旗艦店「銀座777」の記念ボトルとして、長濱蒸溜所より「長濱PROTOTYPE ミズナラカスク#001」がリリースされる。
2016年12月15日に蒸溜されたノンピーテッド原酒をミズナラの新樽で熟成、2017年12月22日にボトリングされた物で、100ml、税別3,000円で50本のみが「銀座777」で限定販売される。

公式FBからの情報。

2018年上半期 国内リリース一覧