タグ別アーカイブ: 余市

北海道・ニッカ余市蒸溜所、及び同蒸溜所が生産するシングル・モルトのブランド名。Yoichi

「ニッカ デイズ」フランスで発売

nikkadays

source : nikkawhisky.eu

ニッカの新たなブレンデッド・ウイスキー「Nikka Days」がリリースされた。

ニッカのヨーロッパでの販売代理店でもあるパリのウイスキー専門店ラ・メゾン・デュ・ウイスキー(La Maison du Whisky / LMdW)が今年9月に開催したウイスキー・ライブ・パリ2018でお披露目されていたもので、今月よりフランスで販売が開始された。
ニッカは2012年よりヨーロッパ向け商品として「ニッカ ブレンデッド・ウイスキー(Nikka Blended Whisky)」を販売していたが、今回の「デイズ」の発売に合わせて「ブレンデッド・ウイスキー」の商品情報がニッカのヨーロッパ向けウェブサイトから姿を消しているため、この「Days」が後継商品、あるいはデザインのみがリニューアルされた商品になるものと思われる。

「デイズ」の構成の詳細は現時点では明らかにされていないが、宮城峡のグレーン原酒と余市のピーテッド・モルト原酒が使用されているようだ。
アルコール度数は40%、容量700mlでフランスでの価格は€39.90。
ストレートの他、カクテルでの使用が推奨されており、サントリーが欧米向けに販売するブレンデッド・ウイスキー「季」とよく似た位置付けの商品となっている。

Nikka Days | Nikka Whisky European Website

広告

ニッカ、海外限定の「余市」「宮城峡」をリリース

nikka2018

source : whisky.fr

ニッカより恐らく海外限定となるシングル・モルト・ウイスキー4種、「余市 シェリーウッドフィニッシュ」「宮城峡 シェリーウッドフィニッシュ」「余市 バーボンウッドフィニッシュ」「宮城峡 バーボンウッドフィニッシュ」が発売された。

恐らく、というのは現在ニッカからは公式には何もアナウンスは行われていないものの、ニッカは昨年10月に余市と宮城峡の「モスカテルウッドフィニッシュ」を国内市場向けに、11月に「ラムウッドフィニッシュ」を欧米市場向けにという形でリリースしており、今年は先月末に「マンサニーリャウッドフィニッシュ」を国内向けとしてリリースしていることから。
今の所(正規に)流通しているのは、ニッカのヨーロッパでの販売代理店を務めるウイスキー専門店ラ・メゾン・デュ・ウイスキー(La Maison du Whisky / LMdW)のあるフランス国内のみのようで、LMdWでは今月20日に4種を発売、同店での販売分は既に完売となったようだ。
他のヨーロッパ諸国や北米での販売計画は不明。

「余市 シェリーウッドフィニッシュ」「宮城峡 シェリーウッドフィニッシュ」はどちらもクリームシェリー(オロロソシェリーにPXシェリーを加えて作られるシェリーワイン)バットで1年間後熟を行ったもの。限定本数は余市が3,132本、宮城峡が1,890本。
「余市 バーボンウッドフィニッシュ」「宮城峡 バーボンウッドフィニッシュ」はファーストフィルバーボンバレルで1年間後熟を行ったもの。限定本数は余市が2,934本、宮城峡が1,926本。
4種いずれもアルコール度数は46%、容量は700ml、価格は€185となっている。

余市・宮城峡マンサニーリャウッドフィニッシュ、限定発売

nikka2018

source : asahibeer.co.jp

ニッカより「シングルモルト余市 マンサニーリャウッドフィニッシュ」と「シングルモルト宮城峡 マンサニーリャウッドフィニッシュ」の2種が発売される。

マンサニーリャ・シェリーの熟成に50年間使用されていた樽で18ヶ月間の後熟を行ったシングル・モルトで、昨年リリースされた「モスカテルウッドフィニッシュ(日本市場向け)」と「ラムウッドフィニッシュ(欧米市場向け)」に続く限定リリースとなっている。
いずれもアルコール度数48%、容量700ml、価格税別15,000円、限定本数4,000本で、9月26日発売。

マンサニーリャを熟成させた樽を特別に使用 『シングルモルト余市 マンサニーリャウッドフィニッシュ』 『シングルモルト宮城峡 マンサニーリャウッドフィニッシュ』 9月26日(水)数量限定で新発売! | アサヒビール

2018年下半期 国内リリース一覧