タグ別アーカイブ: 白州

山梨県・サントリー白州蒸溜所、及び同蒸溜所が生産するシングル・モルト・ウイスキーのブランド名。Hakushu

ISC 2018 トロフィー受賞ウイスキー一覧

国際的なスピリッツ類の品評会、インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ(ISC)2018の最高賞である「トロフィー」受賞スピリッツが発表された。
以下は受賞ウイスキー一覧。

スコッチ・ウイスキー部門
シングル・モルト NAS
グレンモーレンジ スピオス(Glenmorangie Spìos)

シングル・モルト 20年以下
アベラワー 12年 ダブル・カスク・マチュアード(Abelour 12 Years Old Double Cask Matured)

シングル・モルト 21年以上
グレンフィディック 40年(Glenfiddich 40 Years Old)
グレンモーレンジ グランド・ビンテージ・モルト 1989(Glenmorangie Grand Vintage Malt 1989)

ブレンデッド・モルト
コンパスボックス スパイス・ツリー(Compass Box The Spice Tree)

ブレンデッド NAS
シーバスリーガル アルティス(Chivas Regal Ultis)

ブレンデッド 20年以下
グランツ 12年(Grant’s 12 Years Old)
「インペリアル 19年 クアンタム(Imperial 19 Quantum)」

ブレンデッド 21年以上
バランタイン 30年(Ballantine’s Aged 30 Years)
ハーフ・センチュリー・ブレンド バッチ2(The Half Century Blend Batch 2)

インターナショナル部門
シングル・モルト
白州 25年

ブレンデッド
響 21年

バーボン
コロネル E. H. テイラー・ジュニア シングル・バレル(Colonel E. H. Tayler Jr. Single Barrel Kentucky Straight Bourbon Whiskey)

「グランツ 12年」は現在公式サイトには掲載されておらず、終売、もしくはポーランドなどの一部の国でのみ販売されている可能性有り(グランツはポーランドで非常に人気がある)。
「インペルアル」はペルノ・リカールが韓国で展開しているブレンデッド・スコッチのブランド名。

「シーバスリーガル アルティス」「響 21年」「 E. H. テイラー・ジュニア シングル・バレル」は2017年に次ぐ受賞。
なお「響 21年」は昨年、全エントリーの頂点である「シュプリーム・チャンピオン」に輝いたが、今年は「フォースクエア 2005(Foursquare 2005)」(ラム)が選出された。

この他ウォッカ・複数原料スーパープレミアム部門には昨年発売された「ニッカ カフェウォッカ」が選ばれている。

ISC 2018 Winners Trophy Winners | International Sprits Challenge

広告

白州12年、6月より販売休止

hakushu12

source : suntory.co.jp

今朝「響17年」の販売が9月で停止されるとした米Forbesの記事を紹介したが、先ほどオンラインで配信された日本新聞新聞の記事によれば、響17年に加えて「白州12年も6月より販売休止なるようだ。
販売休止はやはり原酒不足が原因だとしており、設備投資などを行なって再発売を目指すとしている。

サントリー「響17年」販売休止 ウイスキー原酒不足 「白州12年」も | 日本経済新聞
白州公式サイト: suntory.co.jp/whisky/hakushu/

(7月18日追記)
公式サイトに休売に関するお知らせがひっそりと追加されている。

シングルモルトウイスキー「白州12年」休売について | サントリー

サントリー、「山崎」「白州」「響」のカートンのデザインをリニューアル

Suntory-whisky-redesign

source : thespiritsbusiness.com

サントリーが販売する「ジャパニーズ・ウイスキー」に付属のカートンのデザインがリニューアルされるとThe Spirits Businessが報じている。
新たなカートンでは上の写真のようにブランドロゴが現行の物よりもより大きくデザインされており、ラインナップ全体でデザインに統一性を持たせているようだ。

まず今年中に「山崎 12年」「白州 12年」「響 ジャパニーズハーモニー」のカートンがリニューアルされ、2019年末までに北米向けブレンデッド・ウイスキー「Toki (季)」を含む全てのウイスキーのカートンが変更される。

元記事では変更は”Global”だと表現しているが、現時点でこの件に関するニュースリリースは日米いずれのサントリーからも発表されていない為、日本でも実施されるのかは不明。

Suntory Revamps Yamazaki, Hibiki and Hakushu Packaging | The Spirits Business

ワールド・ウイスキー・アワード2018 日本地区代表決定

英ウイスキー・マガジン(Whisky Magazine)が主催するワールド・ウイスキー・アワード(World Whiskies Awards) 2018各部門の日本代表となるウイスキーが以下のように決定した。

ベスト・ジャパニーズ・ブレンデッド(Best Japanese Blended)
「響 21年」

ベスト・ジャパニーズ・ブレンデッド・リミテッドリリース(Best Japanese Blended Limited Release)
「イチローズ モルト&グレーン リミテッド」

ベスト・ジャパニーズ・ブレンデッド・モルト(Best Japanese Blended Malt)
「竹鶴 17年 ピュアモルト」

ベスト・ジャパニーズ・グレーン(Best Japanese Grain)
「富士御殿場蒸溜所 Blender’s Choice シングルグレーンウイスキー」

ベスト・ジャパニーズ・シングル・カスク・シングル・モルト(Best Japanese Single Cask Single Malt)
「イチローズモルト シングルカスク #2067」

ベスト・ジャパニーズ・シングル・モルト(Best Japanese Single Malt)
「白州 25年」

「響 21年」は2016年、2017年のワールド・ベスト・ブレンデッドに選ばれている。
また昨年のワールド・ベスト・シングル・カスクには、今年の日本代表と同じイチローズモルトの「秩父ウイスキー祭2017 記念ボトル」が選出された。

ワールド・ウイスキー・アワード2018日本地区代表ウイスキー決定! | Whisky Magazine Japan

価格や希少性から気軽に試せない物ばかりが並んでいるが、「富士御殿場蒸溜所 Blender’s Choice シングルグレーン」だけはキリン公式サイトから(今の所)購入可能。
筆者もこのウイスキーはお薦めする。

サントリー「THE ESSENCE of SUNTORY WHISKY」シリーズ発表

l_13072-1

「創」(山崎)「遊」(白州)「夢」(知多)の文字をデザイン。source : suntory.co.jp

サントリーより数量限定の新シリーズ「THE ESSENCE of SUNTORY WHISKY」のリリース開始が発表された。
このシリーズ第1弾として、以下のカスクストレングス3種が2月27日より発売される。
全て飲食店向けの数量限定品で、限定本数は不明。

THE ESSENCE シングルモルトウイスキー 山崎蒸溜所 ピーテッドモルト 12年
49% ABV / 500ml / 10,000円(税別)
THE ESSENCE シングルグレーンウイスキー 白州蒸溜所 ライタイプ 4年
57% ABV / 500ml / 5,000円(税別)
THE ESSENCE シングルグレーンウイスキー 知多蒸溜所 ワイン樽4年後熟 16年
49% ABV / 500ml / 10,000円(税別)

「THE ESSENCE of SUNTORY WHISKY」シリーズ 3種数量限定新発売 | サントリー

2018年上半期 国内リリース一覧

サントリー、貯蔵能力増強へ

日経新聞の報道によると、サントリーは200億円を投じ、2020年までに近江エイジングセラーと白州蒸溜所の貯蔵能力を2割増強させる。
拡大する需要に応える為、サントリーは2013年に山崎蒸溜所、2014年に白州蒸溜所の蒸溜能力を増強、また2015年から2017年かけて近江エイジングセラーの貯蔵能力を既に1割増加させているが、生産増強がすぐには出荷に反映されないのがウイスキーの辛いところ。2020年にようやく2017年比で1割の販売量増加となる予定らしい。

サントリーの他、アサヒビールはニッカウヰスキーのモルト・ウイスキーの生産能力を2015年から2017年にかけて80%増強、キリンは富士御殿場蒸溜所の今年下半期の生産を前年同期比で10%増加させている。

世界が認めた国産ウイスキー サントリーなど増産へ | 日本経済新聞