タグ別アーカイブ: Glenallachie

グレンアラヒー蒸溜所、及び同蒸溜所が生産するシングル・モルト・ウイスキーのブランド名。

「グレンアラヒー 15年」リリース

glenallachie15

source : theglenallachie.com

グレンアラヒーは新たに「グレンアラヒー 15年」を発売した。
昨年リリースされた「12年」など4種の商品に次ぐ5つ目の定番商品となる。
熟成にはオロロソシェリーとPXシェリーのパンチョン及びホグスヘッドを使用、アルコール度数46%、英国での価格は£62.99(約8,300円)となっている。

グレンアラヒーの商品は地域限定の物を除けば全て日本でも正規販売されているため、この「15年」も遠からず国内で発売されるものと思われる。

GlenAllachie 15 Year Old Joins Core Range | Scotchwhisky.com
Release of the Glenallachie 15 Year Old | The GlenAllachie

広告

グレンアラヒー、フィニッシュウイスキー3種を発売

glenallachie_woodfinishes

source : theglenallachie.com

グレンアラヒーより、初となるフィニッシュ・ウイスキー3種が限定リリースされた。

グレンアラヒー 8年 コーヴァル・ライ・クオーター・カスク・ウッド・フィニッシュ
バーボンバレルで熟成させた後、シカゴのクラフトディスティラリー・コーヴァルのオーガニック・ライ・ウイスキーに使用されたクオーターカスクでフィニッシュしたもの。
アルコール度数48%、価格£54.99

グレンアラヒー 10年 ポート・ウッド・フィニッシュ
バーボンバレルで熟成後、北ポルトガル産のヴィンテージ・ルビーポートパイプでフィニッシュしたもの。
アルコール度数48%、価格£54.99

グレンアラヒー 12年 ペドロヒメネス・シェリー・ウッド・フィニッシュ
バーボンバレルで熟成後、PXシェリーパンチョンでフィニッシュしたもの。
アルコール度数48%、価格£58.99

英国では7月に発売されており、日本でも「10年 ポート・ウッド・フィニッシュ」と「12年 PXシェリー・ウッド・フィニッシュ」の2種が今週より販売されている。
価格はどちらも税込で7,000円台のようだ。

GlenAllachie Unveils First Wood Finish Range | Scotchwhisky.com
The GlenAllachie Wood Finish Range | The GlenAllachie

2019年7-9月 国内リリース一覧

新生グレンアラヒー定番商品の続報

glenallachie25yo

source : ttb.gov

来月6月のリリースが予定されている新生グレンアラヒーの定番商品の一部詳細が、米アルコール・タバコ税貿易局(Alcohol and Tabacco Tax and Trade Bureau / TTB)へ登録されたラベル情報から明らかになっている。
登録が確認できるのは以下の5点。

グレンアラヒー 10年 カスクストレングス バッチ1
57.1% ABV
グレンアラヒー 12年
46% ABV
グレンアラヒー 15年
46% ABV
グレンアラヒー 18年
46% ABV
グレンアラヒー 25年
48% ABV

全て無着色、ノンチルフィルタード。
容量は全て750mlだが、TTBへ登録されているのは米国向けの物となるので、他の地域向けリリースの容量は700mlになると思われる。

なお日本での販売を行うのはビリー・ウォーカー氏と縁のあるウィスク・イーで、明日から開催される東京インターナショナルバーショウ2018でお披露目されるようだ。

現在のグレンアラヒーを率いるビリー・ウォーカー氏はかつてベンリアック・ディスティラリー・カンパニー(傘下にベンリアック・グレンドロナック・グレングラッサ)の代表を務めており、同社のウイスキーの国内販売を手掛けていたのがウィスク・イーだった。
だがウォーカー氏は昨年ベンリアック社を米ブラウン・フォーマンへ売却、ブラウン・フォーマンはアサヒビールとの間で日本国内での販売契約を締結してる為、ウィクス・イーはベンリアック社製ウイスキーの販売を昨年末で終了している。

グレンアラヒー、シングルカスク6種リリース

d07f5320-e2b9-4ef6-b053-2390ab27ef9d

グレンアラヒー(GlenAllachie)が蒸溜所50周年記念ボトルとして、同蒸溜所が貯蔵する4万樽の中から厳選された6樽によるシングル・カスク・ウイスキーをリリースする。詳細は以下の通り。

1978 39年 Cask #10296
シェリーバット / 55.9% ABV / £699
1989 28年 Cask #989
シェリーバット / 57.7% ABV
1989 28年 Cask #2587
ホグズヘッド / 45.4% ABV
1990 27年 Cask #2515
シェリーバット / 44.9% ABV
1990 27年 Cask #2517
シェリーバット / 54.6% ABV
1991 26年 Cask #100285
ホグズヘッド / 55% ABV / £200

容量は全て700mlではなく500ml。
それぞれの限定本数は今の所不明だが、6種で計3,526本が出荷され、内720本が英国向け、425本が台湾向けとなっており、残り2,391本が他の国へ輸出される。

これがビリー・ウォーカー氏率いる新生グレンアラヒー初めてのリリースとなる。
この他6月に通常ラインナップ4種がリリースされる予定。

GlenAllachie Releases First Ever Bottling Since Takeover by Billy Walker-led Consortium | GlenAllachie

先日”「グレンアラヒー 1968 50年」準備中?”とする記事を投稿しましたが、これは筆者の勘違いによる誤りでした。お詫びし、この記事をもって訂正とさせていただきます。

グレンアラヒー、シングル・モルトの本格リリース開始

Glenallachie

source : thespiritsbusiness.com

スコットランド・スペイサイド、グレンアラヒー蒸溜所(GlenAllachie Distillery)が、本年6月より4種のシングル・モルト・ウイスキー、「10年」「12年」「18年」「25年」をリリースする。

グレンアラヒーは1967年にブレンド用の原酒生産を目的に設立された蒸溜所で、これまでオフィシャルでシングル・モルトを発売した事はほとんど無く、現時点ではNASの「グレンアラヒー ディスティラリー・エディション(Glenallachie Distillery Edition)」が英国で流通するのみとなっている。

昨年、かつてベンリアック・ディスティラリー・カンパニーを率いたビリー・ウォーカー氏を中心とするコンソーシアムが、前オーナーであるペルノ・リカールより同蒸溜所を買収した。
ウォーカー氏はベンリアック社時代、ベンリアックグレンドロナック、グレングラッサの各蒸溜所を買収し、近年に入っても閉鎖期間を経験するなどどちらかと言えば地味な存在であったこれらの3蒸溜所を、多数のシングル・モルトやシングル・カスクのリリースにより短期間で人気蒸溜所に押し上げた実績(特にグレンドロナック)を持つ人物。
その氏がグレンアラヒーのオーナーの1人となった為、今回のようなシングル・モルトの本格リリースは大方の予想するところであったと思われる。

Glenallachie to Launch Single Malts Range in June | The Spirits Business
公式サイト: GlenAllachie Distillery