タグ別アーカイブ: Macallan

マッカラン。スコットランド・マッカラン蒸溜所、及び同蒸溜所が生産するシングル・モルト・ウイスキーのブランド名。

マッカラン、免税店向け新シリーズ「コンセプト」リリース開始

Macallan-Concept-No1

source : thespiritsbusiness.com

マッカランは新たな免税店市場向けシリーズ「コンセプト(Concept)」のリリースを開始する。

このシリーズでは既存のウイスキー造りの常識を破壊するとして実験的なウイスキーがリリースされる予定で、シュルレアリスムにインスピレーションを得たシリーズ第1弾「マッカラン コンセプト No.1(Macallan Concept No. 1)」は、バーボンカスクで熟成した原酒をシェリーカスクで後熟させるという多くの蒸溜所で行われる工程を逆にした、シェリーカスク熟成原酒をバーボンカスクでフィニッシュしたウイスキーとなっている。

「コンセプト No.1」はアルコール度数40%、価格US$125、限定本数はおよそ84,000本で、まず今年12月1日よりドバイ国際空港で先行発売され、次いで来年1月より世界中の空港免税店で発売される。

Macallan Aims to ‘Break the Norm’ with Concept Series | The Spirits Business

2018年 免税店リリース一覧

広告

記録更新なるか 世界にただ一本の「マッカラン」が競売へ

90f106d7c412448c02d969b208f8743f

マッカランのアイコン、エルキー・ハウスが描かれたボトル  source : scotchwhisky.com

先日英国で行われたオークションで、生産本数わずか12本の「マッカラン 1926 60年 ヴァレリオ・アダミラベル」がウイスキーとして史上最高額となるおよそ1億2,500万円で落札されたばかりだが、今度はなんと世界にただ1本しか存在しない「マッカラン」がオークションへ出品されることになった。

このマッカラン、中身は先日のマッカランと同じ1926年に樽詰めされたカスクナンバー#263の樽のもので、熟成年数も同じく60年だが、ボトルには壁画・装飾画を手掛けるアイルランドのアーティスト、マイケル・ディロン(Micheal Dillon)氏の手描きによる装飾が施されており、1999年にロンドンの高級食料品店フォートナム・アンド・メイソンで1本のみが販売された。

このボトルのオークションを11月29日にロンドンで行うクリスティーズによれば、落札額は100万ポンド(約1億4,700万円)の大台に乗る見込みで、これが実現すれば、ウイスキーに付けられた最高額の記録はわずか2ヶ月足らずで数千万円も更新される事になる。

‘Unique’ Macallan Could be First £1M Whisky | Scotchwhisky.com
5 Minutes with… A 1926 Bottle of The Macallan Whisky | Christie’s

「マッカラン 60年」ウイスキー最高額を更新

macallan60

source : bonhams.com

今月3日にスコットランド・エジンバラで行われたボナムス社のオークションで、「マッカラン 1926 60年」のヴァレリオ・アダミ氏のデザインよるラベルの物が、電話で参加したアジア人バイヤーにより、バイヤーズプレミアム込みで848,750ポンド、およそ1億2,575万円(当日のレートで計算)で落札された。

今年5月にボナムス・香港のオークションで、同じアダミ氏デザインの「マッカラン 60年」の別の1本が8,636,250香港ドル、当時のレートでおよそ1億2,135万円で落札されており、これまでこれがウイスキー1本につけられた金額としては史上最高額だったが、今回の落札はこの記録を日本円にして400万円以上上回ったことになる。

「マッカラン1926 60年」は1986年に僅か40本がボトリングされ、内12本が今回のヴァレリオ・アダミ氏デザインのラベルのものとなっている。
このボトルは一般向けではなくマッカランの顧客企業向けに販売された物で、販売当時の価格は20,000ポンドだった。

World’s Most Valuable Whisky Leads Bonhams Whisky Sale in Edinburgh | Bonhams

「マッカラン エディション No.3」国内発売

edition3

source : suntory.co.jp

昨年の9月に英国他海外各国で発売された「マッカラン エディション No.3(The Macallan Edition No.3)」が、ようやく日本でも発売される。

マッカランのエディション・シリーズ第3弾となる「No.3」では、ウイスキーのアロマに焦点を当てる為、パフューマーのロジャ・ダヴ(Roja Dove)氏とのコラボレーション元で作り上げられている。
シリーズの前2本と同じく、使用された樽の構成の詳細がパッケージに記載されており、今回はシェリーカスク4種とバーボンカスク2種で構成される。
アルコール度数は48.3%、容量700ml、希望小売価格税別15,000円で、10月23日より数量限定で発売。

エディション・シリーズは現在のところ年に1度のペースでリリースされているが、この「No.3」は英国でのリリースから1年以上経っての国内リリースとなる為、前回の「No.2」の国内発売からほぼ2年が経過してしまっている。
なお、英国他海外では既に「No.4」が今年の5月にリリースされている

「ザ・マッカラン エディション No.3」数量限定新発売 | サントリー
Edition No.3 | The Macallan

2018年下半期 国内リリース一覧

限定品マッカラン、発売から僅か2週間で10倍の価格に

mac-2018-genesis-limited-edition-hero-box-and-bottle-outer

source :  themacallan.com

先月14日にマッカラン蒸溜所の新築を記念して発売され、発売日当日には購入希望者が蒸溜所に殺到し、現地警察による周辺道路の封鎖騒ぎまで引き起こした「マッカラン ジェネシス リミテッド・エディション(The Macallan Genesis Limited Edition)」。
£495(約7万円)で販売されたこの限定シングル・モルトは、発売日当日には倍の価格で転売され、その12日後、8月26日に終了した英whiskyhammer.co.ukのネットオークションではなんと、最高で£5,280(約75万5千円、バイヤーズプレミアム込み)の値を付け落札された。
発売から僅か2週間足らずで10倍以上の値段となった訳で、是非はともかく、発売日当日の混乱も納得がいく値上がりとなっている。

「マッカラン ジェネシス」の出荷本数は2,500本で、蒸溜所で直販された360本以外は極東地域の国際空港免税区域内のマッカラン・ショップで販売される予定。

Whisky Madness: $600 Scotch Sells for Over $6,000 Two Weeks after Release | Forbes
Past Auctions, August 2018 | Whisky Hammer
The Macallan Genesis Limited Edition | The Macallan

マッカラン蒸溜所で限定ウイスキー発売、バイヤー殺到で道路封鎖

c46d62ef0137c6e8edd9157271778247

source : scotchwhisky.com

蒸溜所を新築したばかりのマッカラン蒸溜所で今月14日、新築を記念した限定ウイスキー「マッカラン ジェネシス リミテッド・エディション(The Macallan Genisis Limited Edition)」360本の販売が行われたのだが、蒸溜所には前日より購入希望者の車が殺到、蒸溜所へ続く道路B9101線が現地のマレー警察により封鎖される事態を引き起こした。

販売は現地時間午前9時30分から先着順で行われると事前告知されており、この順番に間に合うよう、蒸溜所の駐車場前には前日の夜から購入希望者の車が列を作り始めた。
だがこれらの車は場所取りを終えた後は道路脇に無人で放置され、翌朝には数百台の駐車の列が出来上がるに至り、現地警察は安全確保の為に道路の閉鎖を余儀なくされた。

なお、列に並んだ車の内、蒸溜所への入場を許されたのは蒸溜所の駐車場台数である80台(ドライバーのみ)だったようだ。
この80台のドライバーの中には、「ジェネシス」の購入権を£400(約56,500円)で売る者もいたという(「ジェネシス」は1本£495)。

ツイッター等では蒸溜所の販売方法と当日の対応を非難する声も見られ、マッカランは購入できなかった人々への謝罪と地元警察への謝意を表明している。

「マッカラン ジェネシス リミテッド・エディション」は2,500本が出荷されるが、地元での販売は今回の360本のみで、残りは全て極東地域(台湾と恐らく中国、シンガポール)の免税店市場での販売となる。

Macallan Whisky Sale Causes Traffic Chaos | Scotchwhisky.com
Police Close Road in Macallan Whisky Sale Scramble | The Spirits Business

マッカラン「M ブラック 2017」「エディション No.4」「ジェネシス」リリース

Macallan-Edition-and-Macallan-M-Black

source : thespiritsbusiness.com

マッカランより3種の限定ウイスキーがリリースされる。

マッカラン M ブラック 2017(The Macallan M Black 2017 Release)」は2013年から年に1度リリースされている「マッカラン M」の最新作。
アートディレクター、ファビアン・バロン(Fabien Baron)氏とラリック社とのコラボレーションにより製作された黒色のクリスタルデキャンタに収められ、アルコール度数45%、容量は700mlで、限定725本が価格£5,400で販売される。

マッカラン エディション No.4(The Macallan Edition No. 4)」は、こちらも現在のところ年に1度のペースでリリースされているエディション・シリーズの第4弾。
樽がウイスキーのフレーバーに与える影響にフォーカスしたNo.1とNo.2、ウイスキーのアロマにフォーカスしたNo.3に続き、No.4は新築された蒸溜所にインスパイアされ、ウイスキーの構造に焦点を当てたものとなっている。
アルコール度数は48.4%、価格はNo.3(£80)よりも若干値上げされて£82となった。
来月より世界中で販売されるとしているが、ヨーロッパでは既に流通が始まっている。
同シリーズのNo.1及びNo.2はサントリーにより日本でも販売されたが、現在までのところNo.3は国内では販売されていない為、このNo.4も日本での販売は望み薄かもしれない。

The-Macallan-Genesis-lim-ed

source : thespiritsbusiness.com

新蒸溜所の完成を記念して発売される「マッカラン ジェネシス リミテッドエディション(The Macallan Genesis Limited Edition)」は蒸溜所内ショップ、及び極東地域の空港内マッカランショップ(台湾・桃園空港とシンガポール・チャンギ空港)での限定販売となる。
度数45.5%、限定本数2,500本、価格は£495で、新蒸溜所のリトグラフが付属する。

Macallan Unveils M Black and Edition No. 4 | The Spirits Business
Macallan to Launch Limited Edition Genesis Whisky | The Spirits Business