タグ別アーカイブ: Port Ellen

「軽井沢 50年」「マッカラン 50年」他、チャリティーオークション開催中

karuizawa

source : whisky.auction

英国のオンラインウイスキーオークションWhisky.Auctionで、プラスチック海洋汚染対策の為のチャリティーオークションが開催されている。
出品されているのはこのオークションの為にボトリングされた物を含む貴重な19本のウイスキーと2本のラムで、大半がワンオフのボトルとなっている。
出品リストは以下の通り。

軽井沢 50年
ウイスキー・エクスチェンジ提供、限定2本の内の1本、65.2%、500ml。
マッカラン 1949 50年 ミレニアム・デキャンター
エドリントン提供、1999年にボトリングされた物、43%、700ml。
タムデュー 1963 55年 #4678
イアン・マクロード提供、限定1本、55.4%、700ml。
ダルモア 1973 45年 #4
ホワイト&マッカイ提供、限定1本、40.2%、700ml。
アードベッグ 37年
LVMH提供、限定1本、49.7%、700ml。
ポートエレン 38年
ディアジオ提供、限定1本、55.9%、700ml。
ボウモア 43年
ビーム・サントリー提供、限定1本、43.2%、700ml。
バルヴェニー 1973 ビンテージ・カスク
ウィリアム・グラント・アンド・サンズ提供、限定1本、49.7%、700ml。
ミクターズ 22年
ミクターズ蒸溜所提供、限定1本、57.5%、700ml。
ブローラ 35年
ディアジオ提供、限定1本、52.9%、700ml。
グレンファークラス 1967 42年
グレンファークラス蒸溜所提供、限定1本、41%、700ml。
カロニ 1994 24年 フル・プルーフ」(ラム)
ヴェリエ社提供、限定3本の内の1本、59%、1.5L
O.F.C. 1990
サゼラック提供、限定63本の内の1本、45%、750ml。
フォースクエア 2003 15年」(ラム)
フォースクエア蒸溜所提供、限定1本、60%、700ml。
グレンリベット 1948 50年 #542 G&M
ゴードン&マクファイル社提供、ボトルナンバー#0685、40%、700ml。
スプリングバンク 14年
スプリングバンク蒸溜所提供、限定1本、56%、700ml。
余市 1988 シングルカスク #100212
ニッカ提供、62%、700ml。
グレンスコシア 1973
ロッホ・ローモンド・ディスティラーズ提供、限定1本、46.1%、700ml。
クライゲラヒ 31年
バカルディ提供、52.2%、700ml。
トマーティン センテナリー 30年
トマーティン・ディスティラーズ提供、1997年に限定1000本でリリースされた物の内の1本、43%、900ml。
オールド・プルトニー 30年
インターナショナル・ビバレッジ提供、40.3%、750ml。

投稿時点での最高入札額順。

オークションは現地時間27日の午後7時半(日本時間28日午前4時半)まで。

Whisky for Oceans : Charity Auction to Battle Plastic Pollution | Whisky.Auction

広告

ジョニーウォーカー「ゴースト・アンド・レア」シリーズ、第2弾はポートエレン

jw_ghost-and-rare-blue-label

source : diageo.com

ディアジオ傘下の閉鎖蒸溜所の残存原酒を使用したジョニーウォーカー・ブルーラベルの限定シリーズ「ゴースト・アンド・レア」。
昨年末にリリースされたシリーズ第1弾「ブローラ」に続く第2弾「ジョニーウォーカー ブルーラベル ゴースト・アンド・レア ポートエレン(Johnnie Walker Blue Label Ghost and Rare Port Ellen)」の発売がアナウンスされた。

1983年に閉鎖後、2020年の再開を目指して目下再建中のポート・エレン蒸溜所のモルト原酒をキーモルトに、同じく1983年に閉鎖されたカースブリッジ蒸溜所と1988年に閉鎖されたカレドニアン蒸溜所のグレーン原酒を使用。
これら3つの閉鎖蒸溜所の残存原酒に加え、モートラック、ダルユーインクラガンモア、ブレア・アソール、オーバン各蒸溜所のモルト原酒をブレンドした物となっている。

アルコール度数は43.8%、価格£275(約4万円)で10月発売予定。

Johnnie Walker Blue Celebrates Port Ellen | Scotchwhisky.com
Johnnie Walker announces the arrival of Blue Label Ghost and Rare Port Ellen | Diageo

ポートエレンカスクフィニッシュ「江井ヶ嶋 2011 気候」リリース

Dekanta-Eigashima-2011

source : thespiritsbusiness.com

主に海外へ向けてジャパニーズ・ウイスキーの販売を行なっているオンラインショップdekantā(デカンター)が、同ショップの創業3周年を記念したプライベートボトリング「Ki(気)」シリーズのリリースを開始する。

シリーズ第1弾「江井ヶ嶋 2011 Kikou(気候)」はポート・エレン・カスクでフィニッシュした江井ヶ嶋酒造(ホワイトオーク蒸溜所)蒸溜のシングル・カスク・ウイスキーで、ラベルには江井ヶ嶋酒造の所在地である明石市の市花、菊がデザインされている。
現在のところポート・エレン・カスクの素性や元々の熟成に使われていた樽の詳細は不明で、ボトルには「気候」と名付けられているのにも関わらずラベルには片仮名で「フローラ」と記載されているなど、謎の多いウイスキーとなっている。

カスクストレングスとなる58.4%でボトリングされ、容量は700ml、限定300本が本日より公式サイトで発売される。
現時点で公式サイトには価格の記載が無いが、The Spirits Businessによれば$650(約71,500円)となるようだ。

The Kikou | dekantā
Dekantā Bottles Port Ellen-Finished Japanese Whisky | The Spirits Business

2018年上半期 国内リリース一覧

ポート・エレンとブローラ、2020年に復活へ

port_ellen_191114_0043-sl-902594-1-min

現在はモルティング工場となっているポートエレン。 Source : diageo.com

1983年に閉鎖されたものの、今なお愛好家から高い評価を受けるポート・エレンブローラ
この2つの蒸溜所を所有するディアジオが、3,500万ポンドを投資して2020年までに再稼働させると発表した。

Iconic “Lost” Distilleries Revived in Major Scotch Investment | Diageo

ローズバンクも是非・・・