ブレンダーは人工知能 AIを使用した世界初のウイスキーが予約受付中

ai-whisky-fourkind

source : mackmyra.com

スウェーデンのマックミラ蒸溜所が、世界初の「AI ウイスキー」を今秋発売する。

このウイスキーの製造工程の内、AIが使用されたのはブレンド部分で、AI活用のアドバイスを行うフィンランドのフォーカインド(Fourkind)社の協力の元、マイクロソフト社のクラウドプラットフォーム・アジュール(Azure)のAIサービスを利用して行われた。
AIは同蒸溜所の既存のレシピを元に、顧客の好みや販売成績などのデータから7,000万を超えるレシピを作成したという。
ただし全面的にAIに委ねられたわけでは無く、レシピの最終的な決定は人の手で行われたようだ。

公式サイトでは昨日より予約販売が開始されており、予約者の元には一般販売に先駆け8月末から9月初めにボトルが届く。
価格は£59.90、アルコール度数46.1%、容量は700mlとなっている。

AI Whisky Pre-Order | Mackmyra Store

広告

ジョニーウォーカー、スコッチの4地域にフォーカスした限定ブラックラベル4種をリリース

Johnnie-Walker-Black-Label-Orgin-Series-Bottle-and-box-Lineup-1

source : thespiritsbusiness.com

ジョニーウォーカーは、スペイサイド、ハイランドなどのスコットランドのウイスキー生産地域区分ごとに焦点を当て、それぞれの地域の原酒のみをブレンドする限定シリーズ「ジョニーウォーカー ブラックラベル オリジン」4種を発売する。

ジョニーウォーカー ブラックラベル ハイランド・オリジン(Johnnie Walker Black Rabel Highlands Origin)」はクライヌリッシュとティーニニックを使用したブレンデッド・モルト・ウイスキー。
アイラ・オリジン(Islay Origin)」はラガヴーリンとカリラによるブレンデッド・モルト。
スペイサイド・オリジン(Speyside Origin)」はカーデュとグレンデュランを使用したブレンデッド・モルト。
「ローランド・オリジン(Lowland Origin)」はグレンキンチーとキャメロンブリッジを使用したブレンデッド・ウイスキーとなっている。

全て熟成年数12年、アルコール度数は42%で、価格は1リットルサイズ£35に設定されている。
今月よりまず免税店市場で発売され、その後10月に「スペイサイド」と「ローランド」の2種が一部地域で、来年には4種全てが世界中で販売される。

Johnnie Walker Black Label Origin Unveiled | Scotchwhisky.com
Johnnie Walker Range Explores Scotch Regions | The Spirits Business

ラインナップに「キャンベルタウン」が無いのは、ジョニーウォーカーを製造するディアジオが現在キャンベルタウン地域には蒸溜所を所有していないからです。
またグレートブリテン島本土とアイラ島以外の蒸溜所をまとめて「アイランド」として分類することも多いですが、そうした場合ディアジオ傘下の「アイランド」蒸溜所はタリスカーだけですので、ブレンドはできないことになります。

「厚岸 NEW BORN FOUNDATIONS 4」8月発売

akkeshi4

source : facebook.com/akkeshi.distillery

厚岸蒸溜所より、「NEW BORN FOUNDATIONS」シリーズ第4弾「厚岸 NEW BORN FOUNDATIONS 4」が8月29日に発売される。
シリーズ最終ボトルとなる「4」は、これまで発売されたシングル・モルトの1〜3とは違い、蒸溜所で蒸溜・熟成されたモルト原酒と、スコットランド産のニューメイクを厚岸で樽詰・熟成したグレーン原酒を使用したブレンデッド・ウイスキーとなっている。
アルコール度数は48%、容量200mlで、価格は税別3,800円。

厚岸蒸溜所 公式Facebook

2019年7-9月 国内リリース一覧

神戸・六甲山上に新蒸溜所建設

雑貨・化粧品などの販売の他、ウイスキーなどの酒類の輸入も手掛ける徳島県のアクサスが、兵庫県神戸市の六甲山上に蒸溜所を設置して酒類の蒸溜事業に乗り出すと発表した。
蒸溜所は同社が今年5月に取得した製薬会社の旧保養所内に設置され、バーなどのビジター施設の併設も予定されている。
同社によれば、2020年11月にはウイスキーやスピリッツ類の製造を開始する計画だという。

現在兵庫県内で稼働するウイスキー蒸溜所としては、「あかし」などを製造する明石市の江井ヶ嶋酒造内の蒸溜所が有名。
この他、同じ明石市の明石酒類醸造が2017年にウイスキー製造免許を取得、現在海外で「Hatozaki(波戸崎)」という名称のウイスキーを販売している。
但し同ウイスキーのラベルには「Kaikyo Distillery(海峡蒸溜所)」なる蒸溜所名が記載されているものの、実際の蒸溜状況は不明。
また、丹波市の黄桜・丹波工場が昨年ウイスキー製造免許を取得しているが、今のところ同社からはウイスキーの販売や製造に関する発表は何も行われていないようだ。

「六甲山ウイスキー」誕生へ 蒸留所見学や販売、試飲も | 神戸新聞NEXT

ブナハーブン、ディーンストン、トバモリー 限定ウイスキーを発売

distell2019

source : distellmalts.com

南ア・ディステル(Distell)社傘下のスコットランド3蒸溜所、ブナハーブン、トバモリー、ディーンストンより、下記の4ブランド8種の限定ウイスキーがリリースされる。
8種全て英国とヨーロッパ、台湾、免税店市場で販売される他、米国、カナダ、中国でも一部が販売される。

ブナハーブン 1988 ヴィンテージ マルサラ・カスク・フィニッシュ(Bunnahabhain 1988 Vitange Marsara Cask Finish)
アルコール度数47.4% / 英国での価格£450 / 生産本数420本 / 米国、中国へも出荷
ブナハーブン 2007 ポート・パイプ・フィニッシュ(Bunnahabhain 2007 Port Pipe Finish)
55.3% / £90 / 275本 / 中国
ブナハーブン 2007 フレンチ・ブランデー・カスク・フィニッシュ(Bunnahabhain 2007 French Brandy Cask Finish)
52.5% / £90 / 570本 / 米国、カナダ

ディーンストン 1997 パロ・コルタド・カスク・フィニッシュ(Deanston 1997 Paro Cortado Cask Finish)
51.8% / £150 / 280本 / 米国、カナダ、中国
ディーンストン 2002 オーガニック・オロロソ・カスク・フィニッシュ(Deanston 2002 Organic Oloroso Cask Finish)
リチャーカスク熟成の原酒を、オーガニックシェリーワインを生産するボデガス・ロブレス(Bodegas Robles)のオロロソシェリーカスクでフィニッシュしたもの。
50.6% / £100 / 528本 / 米国、カナダ、中国
ディーンストン 2006 フィノ・カスク・フィニッシュ(Deanston 2006 Fino Cask Finish)
55% / £65 / 268本 / 中国

トバモリー 1999 19年 マルサラ・カスク・フィニッシュ(Tobermory 1999 Marsara Cask Finish)
55.7% / £130 / 211本 / 米国、カナダ、中国
レダイグ 1997 21年 マンサニーリャ・カスク・フィニッシュ(Ledaig 1997 Manzallina Cask Finish)
52.9% / £160 / 258本 / 米国、カナダ、中国

Distell Unveils 2019 Limited Edition Malts | Scotchwhisky.com
Limited Edition Release | Distell

「マッカラン ブティック」3号店、ドバイにオープン 限定ウイスキーをシリーズ化

macallanboutique

source : themacallan.com

マッカランはドバイ国際空港の酒類専門店「ル・クロ(Le Clos)」と共同で、コンセプトショップ「マッカラン・ブティック(The Macallan Boutique)」をドバイ国際空港内にオープンさせた。
マッカラン・ブティックは2016年に1店舗目が台湾・桃園空港内に、2018年に2店舗目がシンガポールの複合施設「マリーナ・ワン」内にオープンしており、今回のドバイ空港店が3店舗目。
更に今年後半にはロンドン・ヒースロー空港で4店舗目がオープンする予定だという。

また今回のオープンに合わせて、マッカラン・ブティック限定のウイスキー「マッカラン ブティック・コレクション 2019リリース(The Macallan Boutique 2019 Release)」がリリースされている。
ファーストフィルとリフィルのオロロソシェリーヨーロピアンオークカスクで熟成させた原酒を使用したもので、アルコール度数は52%、価格はUS$199。
「マッカラン ブティック・コレクション」は2016年と2017年にも発売されているが、今回より毎年のリリースとなる。
デザインも一新されており、シリーズにはそれぞれ世界の著名な水域がデザインされる。
「2019リリース」ではカナダ・アルバータ州、バンフ国立公園のヴァーミリオン湖がラベルとパッケージに描かれている。

Dubai Welcomes First Macallan Boutique | Scotchwhisky.com
The Macallan Boutique Collection | The Macallan

2019年 免税店リリース一覧

マルス ル・パピヨン第7弾「ギフチョウ」リリース

mars

source : shop-hombo.co.jp

マルスウイスキーより、ウイスキーの熟成環境を日本の蝶で表現するシングルカスクシリーズ「ル・パピヨン」第7弾となる「マルスモルト ル・パピヨン ギフチョウ」がリリースされている。
マルス信州蒸溜所で2013年に蒸溜されたライトリーピーテッド原酒をアメリカンホワイトオークカスクで6年間熟成させたもので、アルコール度数は58%、容量700mlで価格税込12,960円となっている。
今月上旬には流通していたようだが、公式サイトでは先週末にアナウンスされ、公式ショップでは現在抽選販売が行われている
締切は6月27日、抽選本数は不明。

また、先日お伝えした「マルスモルテージ 越百 マンサニージャカスクフィニッシュ」のリリースも同時にアナウンスされており、こちらは公式ショップで1人1本の制限付きで販売されている。
価格は税込5,400円。

マルスモルト ル・パピヨン ギフチョウ | 本坊酒造

2019年4-6月 国内リリース一覧