作成者別アーカイブ: 北極生まれ英国育ち

北極生まれ英国育ち について

日本在住。

スコッチウイスキーのレギュレーション変更 樽の種類を明記へ

日本の「ウイスキー」に比べて、はるかに厳格に定義されている「スコッチ・ウイスキー」だが、業界団体であるスコッチ・ウイスキー協会(SWA)により、この定義に新たな細則が加えられるとScotchwhisky.comが報じている。
新たに明文化されるのは「フィニッシュ」を含む熟成に使用される樽の種類で、以下の内容が追加される。

オーク製の新樽と、ワイン(スティルもしくはフォーティファイド)、ビール、エール、蒸溜酒の熟成にのみ使用されていたオーク製の樽の内のいずれか、もしくはいくつかを使って熟成させること。但し以下の樽は除く。

・石果(ストーンフルーツ、桃やサクランボなどの大きな種のある果物)を原料としたワイン、ビール、エール、蒸溜酒の熟成に使用された物。
・発酵後に果物、糖類、香料を加えたビールもしくはエールの熟成に使用されていた物。
・蒸溜後に果物、糖類、香料を加えた蒸溜酒の熟成に使用されていた物。

また、ワイン、ビール、エール、蒸溜酒の熟成は、それぞれの伝統的な製法の一部として行われたものでなければならない。
いずれの樽を用いたものであっても、完成した製品は、スコッチ・ウイスキーの伝統的な色・味・香りの個性を備えたものでなければならない。

これにより、カルヴァドスカスク、テキーラカスク、焼酎カスクなど広範囲な蒸溜酒の樽の使用が公に認められることになる。
昨年、ディアジオによるテキーラカスクを使用したスコッチ発売の計画をSWAが承認しなかったと報じられていたが、この点ではSWAは折れたということなのだろう。

SWAはこの変更が「スコッチ・ウイスキーの樽の選択に明確性といくらかの柔軟性をもたらす」としている。

New Scotch Rules Aim to Add ‘Flexibility’ | Scotchwhisky.com

上記のようにSWAは今回のレギュレーション変更が「いくらかの柔軟性(Flexibility)をもたらす」ものだとしていますが、これまで樽に関しては「700リットル以下のオーク製の樽を使用する」との規定があったのみで、むしろ選択の幅は狭まったとも捉えられます。
SWAはこれまで上述のディアジオのテキーラカスクのような「変わり種」を、「伝統的ではないから」という曖昧な理由で撥ね付けてきたようですが、これからは規定外の樽については明確な根拠をもって拒否できることになります。
例えば昨年グレン・マレイはサイダー(シードル)カスクで熟成を行った実験的な商品を英国で発売しましたが、今後はサイダーカスクの使用は「スコッチ・ウイスキー」の規定外となり、同様の商品を新たには発売できないものとみられます。
樽の多彩さがもたらす多様性はスコッチの魅力の一つですので、個人的には樽という樽は全部試すぐらいの勢いでやって欲しいのですが・・・サイダーカスク(カルヴァドスはいいのに?)やシャンパーニュカスク、チェリーワインカスクが弾かれる理由がよくわかりません。

また不可解なのが「伝統的な製法の一部としての熟成に使用されていた樽を使え」という項目です。
現在シェリーカスクの大半を占めるシーズニングシェリー樽は「伝統的(50年近く行われているとは思いますが)」なんでしょうか?
シーズニングシェリーダメ、となればスコッチ業界は大混乱に陥りますので(マッカランなんかは売る物無くなるでしょう)、もちろんそんなつもりは無いのでしょうが、ここにだけ随分と「柔軟性」が発揮されているように思われます。

国内で一滴も蒸溜・熟成していなくとも、瓶詰めだけで自国産ウイスキー名乗れる国の人間からすれば、スコットランド内での蒸溜・熟成が義務付けられているというだけで「スコッチ・ウイスキー」は十二分に「スコッチ」なので、SWAの方々には蒸溜所の試みを妨げない方向でお願いしたいところです。

広告

「グレンドロナック ポートウッド」限定リリース

glendronach_port

source : glendronachdistillery.com

グレンドロナックより「グレンドロナック ポート・ウッド(GlenDronach Port Wood)」が限定リリースされた。
オロロソシェリーとPXシェリーカスクで熟成させた原酒をポートパイプで3年間追加熟成させたもので、トータルの熟成年数は10年。
2017年には「ピーテッド・ポート・ウッド」がリリースされているが、今回は通常のグレンドロナックと同じくアンピーテッドのウイスキーとなる。
アルコール度数は46%、ノンチルフィルタード、無着色でボトリングされ、英国での価格は£60前後となっている。

GlenDronach Releases Unpeated Port Wood | Scotchwhisky.com
Port Pipes of Douro Valley Inspire the Glendronach Port Wood | The GlenDronach

新潟麦酒 シングルモルトの生産を開始 佐渡ヶ島に新蒸溜所の設置も

新潟県の地ビール製造会社・新潟麦酒は、新潟市内で建設を進めていた蒸溜所で今月中にもシングル・モルト・ウイスキーの生産を開始する。
また同県佐渡市にも、同市で産業廃棄物のリサイクルなどを行う環境保全事業と連携して新たな蒸溜所を設置し、今年9月には生産を開始するという。
佐渡市に新設される蒸溜所では佐渡産の大麦を原料とする予定で、熟成は当面新潟市内の蒸溜所で行うものの、将来的には佐渡市内に設置する熟成庫で行う。
新潟麦酒は昨年秋よりウイスキー事業へ参入しており、現在は輸入原酒を使用したブレンデッド/ブレンデッド・モルト・ウイスキー「越ノ忍」の製造・販売を行っている。

新潟県では、新潟市で「新潟亀田蒸溜所」が同県の印章製造販売会社・大谷などの出資により2020年のウイスキー生産開始を目指して建設中の他、日本酒・八海山で知られる同県南魚沼市の八海醸造が北海道ニセコ町に蒸溜所を建設中など、にわかにウイスキー造りの気運が高まっている。

新潟麦酒、佐渡にウイスキー蒸留所 地元産大麦を使用 | 日本経済新聞

ベイゼルヘイデン、ライ×ラムのスピリッツを発売

basilhaydens

source : thespiritsbusiness.com

ベイゼル・ヘイデンはライ・ウイスキーにラムをブレンドした「ベイセル・ヘイデン カリビアン・リザーブ・ライ(Basil Hayden’s Caribbean Reserve Rye)」をリリースした。
8年熟成のケンタッキー・ストレート・ライと4年熟成のカナディアン・ライにブラックストラップ・ラムを加え、ライのスパイシーさとモラセスの甘さを併せ持たせたとする。
アルコール度数はプルーフ80(40%)、容量750ml、価格約US$45で米国では既に流通しているようだ。

Basil Hayden’s Bottles Rye Whiskey and Rum Blend | The Spirits Business
Basil Hayden’s Caribbean Reserve Rye LTO | Beam Suntory

公式資料には「ライとラム、両方の特徴を持ったライウイスキーを目指してラムカスクでのフィニッシュを試みたがうまくいかなかったので、直接ラムを混ぜたら目指す物が完成した」と結構無茶苦茶なことが書かれています。それもうライウイスキーじゃなくてプレミックスドカクテルの部類だろうと思うのですが・・・。
ベイゼル・ヘイデンは既に2017年にライにポートワインをブレンドした「ダーク・ライ」を、また同じビーム・サントリー傘下のアルバータはウイスキーとシェリーワインをブレンドした「ダーク・バッチ」をリリースしているため、今後もこの種の「スピリッツ」は登場するものと思われます。
この他、今年の4月には英独立系ボトラー/ブレンダーのコンパス・ボックスが、スコッチとカルヴァドスをブレンドした「アフィニティ」をリリースしています。

マルスウイスキー、マンサニージャカスクフィニッシュの「越百」を限定リリース

マルスウイスキーより、「マルス・モルテージ 越百 マンサニージャ・カスク・フィニッシュ」が限定リリースされている。
公式アナウンスは無いものの数日前より一部酒販店で流通しており、希望価格は税別5,000円程度だと思われる。
アルコール度数は42%、容量700ml。限定本数などは現在のところ不明。

2019年4-6月 国内リリース一覧

詳しい情報が分かり次第この投稿は更新する予定です。

バッファロートレース、フレンチオーク樽で12年熟成のバーボンリリース

frenchoak

source : oldchateroak.com

バッファロー・トレース蒸溜所の実験的レーベル「オールド・チャーター・オーク」より、レーベル第2弾「オールド・チャーター・オーク フレンチ・オーク(Old Charter Oak French Oak)」がリリースされる。
イーグル・レアやE・H・テイラーにも使用されるバッファロー・トレースのマッシュビル#1から2007年に蒸溜された原酒をフレンチオークカスクで12年間熟成させたもので、92プルーフ(46%)でボトリングされている。
価格US$70で、今月末より発売される予定。

Buffalo Trace Announces French Oak as Second Old Charter Oak Release | The Bourbon Review
oldcharteroak.com | オールド・チャーター・オーク公式サイト

バランタイン シングルモルトシリーズ「グレントファーズ 15年」国内リリース

glentauchers15

source : ballantines.ne.jp

バランタインのキーモルトシリーズ「バランタイン シングルモルト」の最後の1本「グレントファーズ 15年」がようやく国内でもリリースされる。
2017年に海外でリリースされたシリーズ3本の内、「グレンバーギー 15年」と「ミルトンダフ 15年」は昨年1月に国内でも限定発売されたものの、この「グレントファーズ」だけはこれまで国内では正規販売されていなかった。

「バランタイン シングルモルト グレントファーズ 15年」はファーストフィルバーボンバレルで熟成させた原酒を使用、アルコール度数40%、容量700ml、価格税別7,000円となっている。
本日6月4日発売で、上述の「グレンバーギー 15年」と「ミルトンダフ 15年」も同日より再発売される。

 バランタイン シングルモルト | バランタイン

2019年4-6月 国内リリース一覧